その証はそなたの生まれた月日に隠されておる

今日5月3日はいさどんの59歳の誕生日。
朝起きた時には、
「今日は誕生日だから、一日何もしないでいようかな?」
と言っていたいさどんですが、
午前中は出版に関するインタビューとケア面接、
午後はワークショップ、そして夕食後にはケア卒業面談という
超多忙な一日を過ごしました。
話すことが好きでいつも愉快に語るいさどんマジックにかかり(?!)、
いさどんと話す人は皆最後には笑顔になります。

今日の昼食後、メンバーとゲストの総勢95名が集う中、
皆が一緒に大笑いしたいさどんのあいさつを紹介したいと思います。

皆さんありがとうございます。
僕のために日本中の人が今日を休みにして
誕生日を祝ってくれている、と以前から思っていました(笑)。
実際『誕生日おめでとう!』と言ってくれる人は
今目の前にいる皆さんですね。
毎年大勢の人がここに集ってくれます。
今日は大型連休ということで一年で一番人が集う時期ですね。
そんな時期に自分の誕生日を迎えられて、
皆さんにそれを祝っていただくことはとても嬉しいことです。

今日、5月3日というのは憲法記念日です。
昭和22年に憲法が立ち上がりました。
そして昭和26年の5月3日、
僕の誕生日の日に憲法が施行されました。

ある時、僕に天から言葉が降りてくるようになりました。
そして、それまでの自分の生き方から変わって、
「世の中が良くなり人々が幸せになるために生きよう」
と考えるようになりました。

僕が生まれた家の裏山のふもとに神社がありますが、
ある時その神社に行ったんです。
そこで神様とお話する機会がありました。
その時神様は、人間の言葉で話されたんです。
あるシャーマンの女性と知り合いまして、
その人と一緒にその神社へ行きました。

そうしたら、その神社の神様が彼女に乗り移って
私に色々と話をされるんです。
「そなたのことは幼少の頃より見ておったぞ。
やっとそのようなものになったか」と言われました。
「そのようなもの」というのはきっと、
女性を通じてですが、
神様とお話するようになったということだと思うのです。
その時僕は大変感動しました。

小さい頃から川へ行って魚を採り、
一番上流の滝のところへ行って泳ぐ。
その神社は「滝神社」と言いまして、滝が御神体なんです。
そこで泳いで、そして神社まで上がっていき、
冷えた体を神社の神殿の屋根の上に上がって、
甲羅干しをしてあっためて帰ってくる。
帰る時には、神社のさい銭をいただいて
おこづかいにしました(笑)。

これは普通だと警察に捕まることですが、
僕の故郷にある神社は大変お金持ちの神社で
さい銭箱がないんです。
お参りした人がさい銭を投げると、
そのお金は血縁でない子供たちなら
もらってきてもいいことになっていたのです。
だから時々、お宮の鐘が鳴ると
「よーいどん!」といってさい銭をもらってくる。
僕の家が一番神社に近かったから、
僕が一番おこづかいが多かった(笑)。

そんなわけで、僕は小さい頃から
おこづかいをもらいに行ったし、
神殿の上に上がってひなたぼっこをしていた。
「そんな僕のことを神様は見ていたんだ」と思ったら、
なんだか大変感動しました。

次に神社へ行った時、
今度は自分の心の中で神様に語りかけました。
「私は今普通に生きているですが、
今の世の中、人々は大変辛い思いをしています。
そういった不幸な人たちを救いたいと思っています。
私の心の中には、皆が笑って生きている世界
というイメージがいつもあります。
私はそれを行き詰まった人たちに伝えるということをしています。

一体、私はどういう目的があってここに生まれて来たのでしょうか。
こういったことが私の進むべき道なのだとしたら、
私はそういうふうに生きるように生まれてきたのでしょうか。
それとも、たまたま私がいたのを
『面白いのがいる』と神様の方から見染めて、
私にこのような道を与えられているのでしょうか」と聞きました。

そうしたら神様はこう答えられました。
「そなたは生まれる以前より、
この道を歩む約束のもとに生まれてきた」と言われました。
「えっ、そうだったんですか」と思ったと同時に、
「そういえばそうだ。
自分の心の中から語り出た初めて話すことは新しい話ではなく、
前から自分が知っていたことを思い出しているだけだ。
書物で新しいことを学んでも、
それが人のためになるような大切なことになると、
それは人からもらったのではなく、
自分の中にもともとあったことを思い出しただけのことだ」
ということに気がつきました。

それから、「もともと自分が知っていることを
皆に伝えるために生まれてきたのだから、
いつも自分に限界をつくらない。
新しいことを考えて語るのではなく、
自分の中にある真実が自然と湧き出てくるのだから、
自分を自分から解き放ってやりさえすれば、
大切なことは出てくるのだ」と思うようになりました。

その時に、神様はさらに続けてこう言われました。
「その証はそなたの生まれた月日に隠されておる」と。
昭和26年の5月3日。
日本国憲法が施行された日。
「この国に生まれてこの国のために自分は生きている」
と僕は考えました。

「日本」という名は、「ひのもと」と言います。
「ひのもと」は「太陽の当たるもと」ということです。
日本だけではなく、
世界中が「ひのもと」に命の星としてあるのです。

今、こうやって皆さんと出会い、
おいしい食事をいただいて、
ここにある平和で和やかな世界を世界中に広め、
これを自分の人生の中で
最も大切なこととして生きていこうと考えています。

今年で59歳になりました。
僕は20歳にして社会に出ました。
40歳にして職業をやめ、今の生活に入りました。
20年単位なんです。
0歳で生まれて、20歳で生まれ変わり、
40歳で生まれ変わって、
来年60歳で4回目の生まれ変わりとなります。

これからは、皆さんと一緒に
さらに世の中のために生きていきたいと思っています。
今日は僕の個人的な想いを語らせていただく場をいただきましたが、
ぜひこれを個人的な想いではなく、
皆さんの想いとして共に良い世の中、
良い地球づくりとしていきたいと思います。

改めて今日出会った皆さんや
これから出会う皆さんにお願いし、
僕のあいさつにしたいと思います。
本当に良い誕生日を迎えることができ、ありがとうございました。

僕は毎日が誕生日だと思っています。
そして、皆さんにもおめでとうと言います。
それは、一人幸せな人がいるということは、
それだけ世の中が幸せになるのですから、
皆さんにもおめでとうと言います。
本当にありがとうございました。


「その証はそなたの生まれた月日に隠されておる」への3件のフィードバック

  1. いさどん誕生日おめでとうーー(*^▽^)/★*☆オメデト♪
    もう59歳なんですね・・・・・
    いさどんと出会った時、私の人生で初めて
    私と真剣に向き合って話をしてくれる大人に出会ったと思いました
    二十歳を過ぎて親になってるのに、子供目線でいさどんを見ていたことを思い出しています.。o○

    私を見て不幸だという人はきっといないだろうけど、私の心は不幸で
    手首を切ったちよこさんが言うように
    飢餓や戦争で苦しんでいる人に比べたら自分は幸せ・・・
    でも私の心は辛くて仕方がない
    私もそんな風に生きていたから、自分のことのように読んでいました

    でも、私は死を選べませんでした
    死んでも終わらないことを深い所で知っていたのと
    これまでいさどんから沢山おしえて貰っていたので
    病気も含め、全ての現象は自分が創ったものだと気付いたから・・・

    私に足りないものなんてなくて、必要なことはいつも与えられてました
    自分がどんなに罪悪感を持とうが
    自分を責めて嫌って憎んで、生きる価値がないと思っていても
    神は私を裁いたりしない
    裁いて苦しめているのは自分の心でした

    不幸だと思う心が不幸で、その心が不幸な現実を創って
    私はやっぱり不幸だと思い込んでいただけで
    本当に不幸なことなんて、実はどこにもなかったと思っています

    幸せになりたい、きっといつか幸せになれると思ってたけど
    もう既に私は幸せで、
    苦しいと思っていた時でさえも、私は神という愛の中に居たんだと気付きました

    今色んなこと思いだして、涙が出てくるけど
    親兄弟と縁の薄い私に、いさどんと出会わせてくれた神さまに感謝して
    私の名前を聞くと眉間にしわが寄ると言いつつも、家族の様に
    向き合ってくれたいさどんに、心から“ありがとう”を言いたいです

    なんかこれでお別れみたいになっちゃいました~
    あっ!ちなみに私の誕生日は12月25日です(@⌒ο⌒@)
    私の生まれた月日にも何か隠されておるのかのぉ~~(笑)
    では長くなりましたので、これにて失礼おば致します
    最後にもう一回(人’∀’)<“Happy birthday♪”

  2. いさどんお誕生日おめでとうございます!
    会いにいく予定だったのに、いけなくなってごめんなさい。
    いさどんに、みんなに、あってから、3年たちました。
    あっというまだったけれど、そこから私の人生はとても大きくかわったので
    なんだか5倍分ぐらい生きたかんじがします。
    最初にあったころはまだ躁鬱気味で、そんな私にたくさん話をしてくれたこと
    今でも鮮明に覚えています。

    いさどんは私の心の師匠の一人です。
    いつもいさどんなら、木の花のみんなならどうするかなぁということを考えて生活している私にとって
    いさどんが、みんなが、いつもそこにいてくれること、それは私の勇気であり光です。
    いつもありがとう。
    また必ず時間を作って会いにいきます。

  3. いーさどん♪
    お誕生日おめでとうございます。
    今、私は大きな壁に ぶち当たりいさどんに迎えに来てもらいたいなぁ~なんて、依存心バリバリで胃をキリキリさせながら最近自宅にひいたばかりの光を記念して、この花ファミリーのサイトを覗いたしだいです。

    いさどんは、本当に懐の深い素敵なパパです。今日は母の日ですが、いさドンに出逢えるきっかけをつくってくれた
    沢山の方に感謝の祈りをこの場をお借りして捧げたいと思います。

    いさどんに出逢うには数々の奇跡がありました。本当にココロより感謝申し上げます。
    また、いさどんをはじめ木の花ファミリーの家族に会える日を楽しみにしています。

    いさどん、私のこと覚えてるかなぁ~♪
    では、またメッセージ送ります。

    お身体大切に、素敵に時を重ねていってくださいね♪        茨城県在住  みずき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です