半年記念

2月からうつ的な心を立て直すため、ケア滞在をしているまいちゃん。
雨降りの午後、テントハウスでキクラゲの切り込み作業を一緒にしていると、
彼女が「今日は半年記念なの」と話し始めました。

ようこ:
何の半年記念なの?

まいちゃん:
最後にリストカットをしてから半年が経つんだ。

ようこ:
そうか。まいはここに来る前にそういうことがあったって言っていたよね。
初めてしたのはいつ頃だったの?

まいちゃん:
一昨年の12月。
その頃、同じようにうつ病の友達がいて、その子がそういうことをしていたの。
最初は、「親からもらった体だし、やめた方がいいんじゃない?」と思っていたけれど、
自分もすごくしんどい時にしていたんだ。

ようこ:
するとどういう気持ちになるの?

まいちゃん:
する前は「血が見たいな」と思って、血を見ると満足するというか。
でも、した後にはお風呂に入ったら痛いし、後悔するんだけれど、
またしんどくなるとしてしまっていた。

ようこ:
ここに来てから、そういう気持ちになることはあった?

まいちゃん:
そういえば、ここに来てからはないね。

ようこ:
それは何でかな?

まいちゃん:
一番は、皆が自分の話を聞いてくれて、受け止めてくれるからだと思う。
血がつながっていないのに、本当の親のように叱ってくれる人がいて、
自分と向き合ってくれる人がいることは大きいね。

ようこ:
そうだよね。血がつながっている家族だと、
「こうなってほしい」という欲や利害も出てくるものだけれど、
ここの人たちはそういうものと関係なく、まいの心が良くなることだけを想っているからね。

当時のまいに心を開いて話せる人がいたら、リストカットをしなかったかな?

まいちゃん:
そう思う。心の浮き沈みは自分ひとりの力ではどうしようも出来ないから、
自分が助けを求めている時にそういう人がいてくれるのは大きいと思う。

ようこ:
もし、当時の自分に何かを言ってあげられるとしたら、何て言う?

まいちゃん:
アホなことしたね(笑)って。
そういうことをしても、根本的な解決にはならないのにね。
今となったら、「あんな時代もあったな」って良い思い出になっているよ。
しんどかったんだな、でもアホだったんだなって。

ようこ:
そういうふうに言えるまいの話を聞いていたら、涙が出そうになってきた。
そうやって、しんどかったことでも何でも、自分の人生の糧に出来たらすごいよね。

もし、今目の前にリストカットをしたいという人がいたら、何て言ってあげる?

まいちゃん:
そうだな。。。自分の話をするかな。「私もこういうことがあってね」って。

ようこ:
自分の過去をそうやって人のために活かせるといいよね。
私にはそういうことが無かったから、
「そういうことはいけないことだよ」と言っても重みがないし、
「自由にしたらいいよ」と無責任に言うことも出来ない。

でも、まいはそういった過去を乗り越えてきたから、
言葉に説得力があるし、人生に厚みもある。

まいちゃん:
自分の人生は自分で輝かせないとね。
自分の人生を他人のせいにしても、良くなるわけではないし。
昔は親を責めていた時期もあったけれど、
今は「そういうのが出来ない人たちだったんだな」と客観的に思えるようになった。

ようこ:
ここに来てから着実に心の学びも進んでいるね。

まいちゃん:
この間いさどんに、
「客観的に自分のことを見られるようになるといいよね」と言われた時には
「客観的ってどういうこと?!全然わからない!」って思っていたんだけれど、
そのことがちょっとずつわかってくるようになると、
「自分ってこういう性格だったんだ。こういうところもあるんだ」って
皆が言ってくれていたことも理解出来るようになってきた。

親のことも「自分のことを全然わかってくれていない」と思っていたけれど、
今は「それで仕方がなかったんだな」と思うし、
やっぱり自分の中に親に対する感謝の気持ちもあるから。

いさどんから、「まいの心がたくましくなるために、親との関係も与えられている」
と言われて、本当にそうだなと思っている。
前だったら、親とこういうことがあったら5日間くらい寝込んでいたのに、
今日は朝から作業に行けているじゃん!って(笑)。
ここに来てから、確実に心がたくましくなってきたな。

ようこ:
まいはまわりの環境に影響されやすいから、
心がたくましくなるのは大切なことだよね。
まいの個性が活かされ、まいが生き生きと輝いた人生を歩めるよう、
これからも皆で応援していくからね。


「半年記念」への1件のフィードバック

  1. 先日はありがとうございました!

    まいちゃんと話ができたのですが、
    「親をとても恨んでいたのが、今はそういう親に感謝できる。」
    と言っていたのが印象的で、本当にすごいな!と感動したのを覚えています。

    うつ病という大変な時期を経験をして、
    しかも、木の花という場所の“最先端治療”(ですよね?笑)で元気になったっていうのを
    なんと、23歳!で経験したっていうのは、すごい。何か意味を感じます。

    僕も、自分に与えられた環境は
    自分をたくましくしてくれるものだということを
    肝に銘じて、日々過ごしていきたいと思います。

    このはなの皆様、本当にありがとうございます!!!!×100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です