集団的自衛権の行使容認を見てみよう

先月、日本政府は、他国への攻撃に自衛隊が反撃する集団的自衛権の行使を認めるために、憲法解釈を変える閣議決定をしました。戦後69年を迎えた今、“平和国家”をうたいながら歩んできた日本のあり方が、大きく転換しようとしています。
この件について、いさどんとメンバー数名、ゲストも参加しての座談会を行いました。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

ともこ:
今日のテーマは、集団的自衛権についてです。
「宇宙視点で見てみよう」のシリーズは去年の5月に始まりましたが、その第1回の時のテーマが「憲法改正を見てみよう」でしたね。

いさどん:
あの時の話が、ここにつながったね。自民党に票を入れるのはいいけど、こういうことが起きますよ、と予言したんだよね。
本来、この集団的自衛権の行使についても、憲法を改正してからやるべきなんだよ。ところが、憲法改正には国民感情からして大きな反対があって、国民投票をしたら明らかに否決される。だから、それをやらずに集団的自衛権を行使できるようにするには、今の憲法の解釈を変えればいいということで、今回のことがあるんだよ。しかし、それは国民感情を無視していることでもあるよね。

ともこ:
「憲法改正を見てみよう」では、政治に無関心な国民がこれによってもっと考えるようになるきっかけになればいい、という話だったね。

いさどん:
Japan holds Perliament Upper House Electionそう、国民が考えるきっかけになるんじゃないかと期待していたんだよ。それでその後の参院選もすごく面白いものになるだろうと思っていたら、国民はアベノミクスのアベじゃなくてアメにつられて、自民党へ圧倒的な議席を与えた。国会で議論をしようにもしなくて済んでしまうほどの環境を、国民があの時に与えてしまったんだよ。
だから今は、予測通りのことが起きてるってことさ。僕がNHKの解説委員か、いやそれこそ玉音放送みたいに国民みんなに「それ見たことか」と言いたいところだけど、残念ながら「木の花ファミリー通信」止まりです(笑)。

ともこ:
大丈夫、ここから広がっていくから(笑)。
確かに今回はそれ見たことかということが起きてるんだけど、未だに国民の関心てあまり高くない気がするんだけど。

いさどん:
違うよ。集団的自衛権を行使するというのがどういうことなのかが、よくわかってないんだよ。そうでしょ?

さかもっちゃん:
全然考えてなかったです。

いさどん:
多くの人がわかってないから、議論も何もないんだよ。

ともこ:
ちなみに「憲法改正を見てみよう」の時の結論は、このまま進んでいって国民が目覚めないようなら、この国はもう北朝鮮にあげちゃった方がいいね、ということでした。

いさどん:
宇宙的視点に立てば、別にオウム真理教が世界を支配して、浅原彰晃が世界の実権を握って、みんなが彼の考えに沿ってそれが最高だと思うようになれば、そこには平和が訪れるわけですよ。
だって、今の現実を見てごらん。人類は地球や他の生命に負荷をかけ続けて、その結果が自分たちに返って来ている。これからもっと大変なことが起きるよ。これは全部自分たちのやったことのツケでしょ。ある意味、物質至上主義の人たちがこの世界を独裁しているわけだよ。
今はいろんな価値観があって対立しているけれど、もしも共産主義が独裁すれば共産主義の平和な世界ができるんだし、資本主義が独裁すれば資本主義の平和ができる。誰か1人優れた王が立って全てを支配すれば、そのもとに平和はできる。そう考えたら、別にキム・ジョンウンが独裁してもいいわけだよ。みんなで「将軍様ー」って言ってればいいんだから。初めからそうだったら全然問題ないのに、対比するから問題が発生してくる。
まあそんな宇宙視点に立った半分悟りみたいな話をしてても始まらないけどね(笑)。

ともこ:
そうです(笑)。

いさどん:
現実にはなかなかそうはいかないから、今の日本の立場を分析して、現状をどうしていったらいいか、ということだよね。
僕は、集団的自衛権については反対でも賛成でもないんだよ。だいたいね、日本人て虫がよすぎるのよ。何かというと、戦争とか武力行使には反対するくせに、そういった力の仕組みに守られて今の自分たちの生活があるということは、全く考えないのよ。

ともこ:
うん。世論調査でも、集団的自衛権の行使について「認める」か「認めない」かの二択だと、「認めない」、つまり反対派の方が多数なのに、そこに「必要最小限は認める」という選択肢が入って三択になると、一気にそこを選ぶ人が増えて容認派の方が多数になるんだよ。

いさどん:
戦争反対ということが日本人には刷り込まれているから、二択にすると「あんなことは二度とあっちゃいけない」と反対するに決まってるんだよ。その割に、個人個人はいがみ合ってるけどね。
国民は自民党を支持しているけれど、その政府の言い分はというと、太平洋戦争は我々にも理があったんだ、としている。欧米の植民地政策からアジアを開放して大東亜共栄圏をつくるんだという、今のEUみたいな構想を持っていたんだよ。ところが構想は立派だったとしても、日本は天皇を軸として他国を植民地支配する独裁国家を考えていた。天皇を軸にといっても、それは天皇陛下には申し訳ない話で、実は軍閥がそういうことを企んでいたんだけどね。
そのナショナリズムの視点からしたら、確かに日本は朝鮮を植民地にしたけれども、それによって不安定な朝鮮国内の状態が安定したとか、逆に朝鮮の側から日本に要請があったとか、戦後には多額の賠償金を復興のために出しているとかいう見方もできる。
だけど僕の面談でもね、例えば夫婦が来て、二人の関係を調整するために僕が仲裁に入ることがあるでしょう。その時に、お互いに相手のことを言われている時にはその通りだと同感するのに、自分のことを言われると同感できない、という人たちがいる。それじゃあうまくいかないよ。自分の主張を通すために話し合うなんて、話し合いじゃない。二人の関係を今後どうしていくのか、という視点に立って、初めて話し合いが始まるんだよ。

そういう意味で言ったら、今の日本では外交にもならないね。もしももっと本音で話し合う場を持って努力すれば、集団的自衛権は不必要になってくるはずだよ。

ともこ:
政府の見解としては、日本の軍事力を高めることで日本に戦争を仕掛けようとする他国の企みをくじく、ということのようです。

いさどん:
そういう考え方の人たちにとっては、それが正当なんだよ。確かに、そういう抑止力的効果もあるんだよ。
でも逆に言えば、備えれば備えるほど、相手も脅威に感じるわけだ。だから相手も軍事力を上げる。そうするとこっちもそれを脅威に感じて、また軍事力を増強する。こんな無駄ってある?
日本の自衛隊の予算は、世界で5本の指に入るよね。これだけのお金を国連にでも入れたら、世界の飢餓が救えるよ。

みんな:
ほんとだよ~。

いさどん:
中国やアメリカあたりの軍事予算なんか使ったら、世界中の人々の生活がもっと向上するよ。
そういうふうにしてみんなが手を結べばいいんだけど、なぜか恐怖のもとに、対抗心をお互いに持って、緊張感の中で抑止し合うことを平和と言ってるんだから、おかしな話だよ。

じゅんぞう:
このケンカって、アメリカが日本に来いよ来いよって言ってるの?それとも日本が積極的にやってるの?

いさどん:
P1050455世界情勢が反映されたものだから、アメリカは日本に圧力をかけてるだろうね。
だけど日本はずるいんだよ。アメリカの傘の下にいて、美味しいところだけ取っていたいっていうのが日本の国民性でもあるし、政治もそうなってる。いい例は、スイスだよ。スイスは永世中立国だよね。だけど自国の軍隊も持っていて、徴兵制もある。それは今の世界情勢から言ったら国家としてはバランスがとれていて、国民は国のことを大事にしているし、国を大事にするということは結束しているということだよ。
日本の憲法9条は戦後にGHQが来て生まれたものでしょ。もしも自分たちの国を本当に大切に思うならば、改めて国民投票をしたらいい。皆でもう一度考えて、集団的自衛権についても、まず国民に問うて、憲法を改正してからやるべきだと思うよ。そうしたら、今回のようにそうは簡単に行かないよ。
ところが、国民はそこがすごく曖昧なんだよ。ただ自分たちの側にとって都合のいいところだけを取り上げて、憲法改正に反対する。もしも今の現状のままアメリカとの同盟関係が崩れたら、日本は国が成り立っていかないだろう。その時に、国民はそれを迎える覚悟ができているのか、ということになる。ある意味、自立のチャンスでもあるけれど、今の日本はとても日和見的で、僕はこういう国民性は嫌いだね。本来の大和民族が持っている調和や世界の規範となる国家の精神というのは、封印されてしまっているよ。

まり姉:
日本国らしい自衛権というのはどういうものなんだろう。

いさどん:
それは国民が決めることだし、国家が決めることだから、僕は何も言えないけれど、僕流に言わせてもらうなら、武器や、戦争に関する全てのものを放棄することだよ。

まり姉:
刀狩りみたいにするってこと?

いさどん:
それは違うよ。刀狩りは、時の権力が強制的に取り上げることでしょ。そうじゃなくて、日本の国が一切の武力を放棄することだよ。戦わない国になる、ということだよ。

ともこ:
それは一人ひとりの意志のもとにあるってことだよね。権力が強制的に武器を取り上げるんじゃ、強制的に国民を戦地へ送り込むのと同じ仕組みになっちゃう。

いさどん:
私たちは永世中立国です、と言って、どこかの国が侵略に来たらどうぞウェルカムと言って、他の国がそれではいけないでしょうとなったらそっちでケンカしてもらえばいい。
まあそんな僕の話を聞いたらダメだよ。それで戦争になって死んだらどうするんだーって言われても、戦わないのだから死ぬことはない。それどころか死んだらもうこんなこと考えなくていいんだから本望じゃないの、ってことになっちゃうから(笑)。

じゅんぞう:
宇宙視点ですね。

いさどん:
生きることに囚われてなきゃ、どうってことないんだよ。
だからね、何で今、こういう状態になってるのかってことなんだよ。21世紀になっても、なぜ未だに軍事力によって平和の均衡が保たれるような状況にあるのかと言ったら、利害の主張し合いと、お互いへの疑心暗鬼があるからでしょ。だから、本当はどうなのか、ということを観ていくことが必要なんだよ。
例えば、習近平さんに、なぜそんなに軍事力が必要なのですか、うちが武力をもつのを止めたらあなたも止めますか、それともうちからアメリカに話をしたらいいですか、と、そんなことを公に対談したらえらいことになっちゃうから、陰で根回しをする。日本人が外国へ行くたびにそういう話をしていったら、少しずつ警戒は取れていくよ。しかし現実には、そういうことをする人がいないんだよ。
軍備なんて、使わなければ古くなるし、それを維持していくだけでもすごいお金がかかる。それを国民生活が豊かになるために使えば、すぐに地上天国ができるよ。

ともこ:
そういう話を聞くと、世の中もだいたいみんな賛成するでしょ。戦争なんてない方がいいし、そのお金をもっと別のことに使った方がいいって。でも現実にはこの世論調査のように、「必要最低限は持っていたい」っていう本音がある。「もしも他の国が攻めてきたらどうしよう」っていう恐怖が心の中に渦巻いてるんだよ。それは、自分の心を相手に投影してるだけなのにね。

いさどん:
それは自分を守る心でしょ。自分を守ってる人間は成長しないよ。自分の考えに囚われてこれが正しいなんて囲っていたら、成長はしない。

なかのん:
集団的自衛権に反対している人たちも、実は自分を守る心からそうしていて、結局は賛成派と同じなんだよね。

いさどん:
だから、そこから抜け出て、自分からも抜け出て、客観的な目線でそれがなぜ起きているのかを観て、そこからどうしていったらいいのかを相手と話し合う。
地球は宇宙にあって、生命の世界として十分に豊かに創られてるんだよ。なのに今の世界は貧しいでしょう。例えば今の社会はモノをたくさん持っている人とそうでない人の格差がすごくあるけど、じゃあこれを平均的にしたら豊かなのかというと、そういう世界はあまり豊かじゃないのね。平均的にしちゃうと、それは「一律」という勘違いの平等になる。
本当の豊かさというのは、その人の人間性とか、そのお国柄にふさわしくものや出来事があって、その多様性こそが豊かさなんだよ。だから北極や南極に行けば氷の世界だし、赤道直下へ行ったらバナナが勝手に出来るんだし、それが自然の豊かさでしょう。それを地球を一律平均気温15℃にしましょうなんてことになったら、何も面白くないでしょう。
だから、お互いを認め合って、あなたの特徴を活かしてね、私のところも活かしますから、という話し合いをする地球運営サミットでも立ち上げればいいんだよ。小さいけど、その走りが大人サミットだよ。

まり姉:
個人を活かすのも国を活かすのも同じだね。

いさどん:
本来紛争なんてものは、宇宙視点から観たら地球という星にはいらないものなんだよ。だけど今の地球人には、自分たちが地球人だという認識もない。日本人なんて、日本人だという高い認識もないでしょ。だって愛国心がないもの。大和魂が戦時中に歪められて表現されたけれど、本当の意味での大和魂が復活することは、日本にとっても世界にとっても大切なんだよ。もしかするとそれは、12000年前のカタカムナ的宇宙観から再生されるのかもしれない。
愛国心も、いずれは手放す必要があるね。だって自分の子供がかわいい、自分の家族がかわいいと身内に囚われている人は、その枠を超えられないから、こういった今の世界を創っていくんだよ。

ともこ:
うん。政府は日本国民の安全を守るためとか、平和を守るためとか言うんだけど、日本だけのため?って、聞けば聞くほどしらけちゃう。

いさどん:
そういった身近なものだけを守ろうとする心が、疑心暗鬼を生んで、対立の構造を生むんだよ。

Gaza airstrikes ともこ:
イスラエルとガザの状況と一緒だね。

いさどん:
一緒だよ。

ともこ:
今回のイスラエルの攻撃によるガザの死者は約2000人。その3分の2が民間人だって言われてる。

いさどん:
アメリカはイスラエルのことを絶対に非難しない。なぜかと言ったら、アメリカはイスラエル資本に支配されてるから。ロシアがウクライナに侵攻すると制裁だとか何とかいうのに、イスラエルにはお咎めなしで好き放題にやらせてる。今は、そんな横暴な国の言いなりになってるんだよ、日本は。アメリカさん、あなたは間違ってるよ、と言うだけの気骨がないといけないのに、今はモノカネでつながってるから、そんなことはあり得ない。

db1336c9bd6a1d30ed9cdf018ccbe2acともこ:
イスラエルの言い分としては、ハマスが攻撃してくるから自分たちの安全を守るためにはやむを得ないということ。その根本となる心は集団的自衛権と同じなんだよね。それで本当に解決ができると思ってるのかな。

いさどん:
イスラエルの武力は圧倒的だけど、ハマスは窮鼠猫を噛むという感じで、どうせやられるなら少しでもやっつけてやろうという感じでやり続けるから、被害はどんどん大きくなる。それを無理やり力で収めたところで、憎しみは残るから、またいつか再発する。だから地球運営サミットが必要なんだよ。

ともこ:
それをさらに宇宙視点で観てみると?

いさどん:
まあ今までの話は地上視点と言うか、人間視点だよね。
存分に話していいということなら、まずは軍備完全放棄。そしてそれを世界に宣言する。でもそれも人間視点だよね。

時代から観ていったら、こんなバカなことはもっとガンガンやればいいのよ。つまり、集団的自衛権なんてもので変に抑止して戦争を先送りにしなくても、とことんやって痛い思いをして、こんなことはもうこりごりだよ、となったら、もうやらないよ。だから、人間はまだやり足りないんだよ。

まこっちゃん:
まだ正直が出てない。

いさどん:
出てないよ。性格が悪いのに、まだそれを隠してる。性格が悪いんだから、とことんそれを出して、ぶつけ合って、行くところまで行って「もうやめようよ」となるしか仕方ないよね。これは地球規模人類規模の話ね。
だけどそこで迷惑なのは他の生命だよ。人間のためにあるんじゃないんだから。もう一つ、霊的に言うと「お前たち何をやっているのだ」と天之御中主(アメノミナカヌシ)は言うわね。「私が地に柱を降ろすことですべての生命が周って、その中で役割を果たしてくれるのかと思ったら、人間たちはそれを壊していったい何をやっているのか」と。そう言うと、その上の神さまが、「いや、それもこの世界をおもしろくするために私が仕組んだのだ」と(笑)。それを聞いて天之御中主が「えー!お父さんあなたが仕組んだんですか、私はそれを知らないから深刻になっちゃいましたよー」と言うと「しんこくは3月15日までじゃ」と。(チーン)

結局、何があったっていいんだよ。650光年先のベテルギウスがそろそろ超新星爆発しそうだという話がある。もしそうなったら地球も大変なことになるわけだけど、軸が20度ずれているからまったく影響がないと言われている。しかし、影響があったらおもしろいね。
その時に、うわー死にたくないー、というものたちと、ああいよいよ来たか、じゃあ次のステージに行くか、という覚悟あるものたちとに、分類されるんだよ。うわーとなっているものたちは使いものにならないから、宇宙空間に放っておくね。次のステージはどのようにすればいいですか、じゃあ今度の新天地はアンドロメダでどうだ、となったら、みんなでまた船団を組んで、種を持って、次のステージに行くんだよ。種を持って。そしてまたそこで、新たな命の物語が始まる。そこからまた50億年くらいかければ、新しい地球ができるんじゃないの。だから、何があってもどうってことないのよ。

人間は、常に何かを所有しているからいけないんだよ。宇宙視点で観るとそういうことになるんだよ。
太陽がらせんを描きながら銀河の周りを1周するのに2億2600万年かかるでしょう。らせんの1回転は25800年だから、銀河を1周する間に約8760回転するわけだよ。銀河の冬至が25800年ぶりと言っても、銀河を1周する間の8760回転のうちのたったの1回なんだよ。たいしたことないんだよ。

じゅんぞう:
自分の命に囚われすぎてるから、戦争も起きるってことですよね。

いさどん:
命と言うか、利害のとりこになってるんだよ。

じゅんぞう:
「愛とお米があればいい」からスタートすればいいってことですね。

いさどん:
そうだよ。だからここで語られている精神が世の中に広まれば、集団的自衛権も議論する必要がなくなるんだよ。
いろいろな問題ごとを超えるにはどうしたらいいですかと聞かれるけど、一番身軽に出来ることは天に心を向けること。自分を磨けば天の視点、つまり直感が降りてくる。
もう一つは、世界観を広げること。この世界はこういった仕組みになっていて、太陽も水も空気も大地も全ては一つで循環していて、我々もそれを共有しているバクテリアのような存在だとしたら、バクテリア同士で争うかってことなのよ。
世界観を広げたら確実に自分は超えられる。そうしたら争いはなくなりますよ。そして豊かな社会ができる。たったそれだけのことだよ。

だから、集団的自衛権についての議論なんて何もいらないんだよ。まずは日本の総理大臣が木の花塾を受講することだね。

ともこ:
安倍さんに招待券送ろうか(笑)。

いさどん:
安倍さんもきっとこの話を聞いたら「おっしゃることはその通りです。でも忙しくて参加できません」と言うだろうね。じゃあ何で忙しいのか、ということさ。ダメな方向に忙しくしているからこそ、視点を変える必要があるんだよ。視点を変えれば、こちらの方がはるかに効率的でエネルギー消費も少なくて、平和な世界を創っていくんだよ。国民の健康や平和を守るために、って、政府の回答にも書いてあるじゃない。それが本当にできるんだよ。
だけど安倍さんは、個人だったらそれをできるけど、日本の代表という立場に立ってしまうと国家エゴの代表になってしまうから、それができないんですよ、と、とても殊勝(首相)な顔をして「アイムソーリー(総理)」と言うんだよ。(チーン)

やっぱりこれから日本の代表になるような人は、地球の外に出てものを考えられるような人じゃないといけないね。そうすると、若田光一さんか?(笑)

さかもっちゃん:
話のスケールがでかくて、自分の中に話が入ってきてるのかどうかわからない・・・

いさどん:
そんな自分の思考は抜きにして、全部開放してさ、だーっと入れてやればいいんだよ。あ~なるほどな~、っていうだけでいいんだよ。

さかもっちゃん:
それでいいんだ。そこで考えちゃうんだよね。

いさどん:
それを自分で吟味して吟味して、なんてことをすると、固まってはねのけるようになっちゃうんだよ。
今みたいな話って、ゆるめる話でしょ。ゆるめてゆるめて、シンプルに日頃の自分を観ると、あー自分は締めてたなー、というのがわかるよ。

集団的自衛権の話も、視点をちょっと変えれば全く必要のない話だよ。人は本当に無駄なことをしている。そのエネルギー、いらないでしょ。自分に囚われないで、それってこういうことじゃない?と言われたことに対して「そうだね」と進んでいけたら、今まで無駄に使っていたエネルギーを他のことに使えるんだよ。
もしもみんながそうなったら、世の中はすごく効率がよくなるよ。ストレスもないから無駄なお金も使わなって、地球も喜ぶよ。だから、いかに無駄なことをやっているか、日々自分をチェックしていくことだよ。

天はこう言ってるよ。「十分に、命も、豊かさも与えておる。それを表現するかしないかは、おまえたちの意識の問題だ」と。
  
  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です