b0177757_056833

みなさん、宇宙創成プロジェクトへようこそ!

地球上に人としていのちをいただいた限り、いつもお天道さまの下を堂々と歩める人生でありたいものです。なぜお天道さまの下なのかというと、地球上には昼と夜があります。しかし、実際は地球がまわっているから昼と夜があるだけのことで、太陽はいつも光を降り注いでいるのです。ですから、わたしたちが地球から離れ宇宙空間に出て、太陽を向けば、いつも太陽の光が当たっていることになります。

わたしたちはいつもお天道さまの下にいるのです。そこで、いつもお天道さまの下を堂々と胸を張って歩んでいけることが大切です。

夜があるのは、地球がまわっているので、昼と夜というサイクルを地球生命に与えただけのことです。生命にとって酸素がなければその機能が壊れてしまうように、夜がなければ生命は今のように機能しなくなることでしょう。そうした陰陽をつけるために、地球はまわっているのです。しかし、地球上が昼であっても夜であっても、お天道さまの下にいることに違いはありません。

そこで、地球を丸くせずに、パラボラアンテナのように平らにして太陽のほうにだけ向いていたら、ずっと昼間でい続けることになります。しかしそれでは、その裏側は永遠に夜であり続けるのです。この世界に物質が存在する限り、そのような構造になっています。約13000年前に東アジアに存在していたカタカムナ人は、この世界の響きを48音に分類し、宇宙の創成・発展・消滅について体系付けました。ですから、カタカムナの第5首で「ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト」とうたわれているように、この世界のありとあらゆる物質は回転し、公転し、振動し続けているのです。

第5首
            《カタカムナ第5首》

フラクタル

今、ここでは様々な新たなプロジェクトが立ち上がりましたが、僕にはその宇宙創成プログラムを検討した記憶があるのです。たとえば今、サダオ(タイ語でニームの意味)プロジェクトで今後の計画についていろいろと検討しているように、宇宙を創成する段階で、この世界の構造をどのようにしていこうかと考えた記憶があるのです。

一番はじめに星の運行について考えた時、これから創る生命もすべて相似形で同じ構造になるので、どのようなものにも共通するしっかりとした仕組みを創らないといけない、とすごく考えた記憶があります。すごく考えて創ったのですが、あの頃、ノーベル賞はなかったですね(笑)。

21世紀に入り、大いなるターニングポイントを迎えている今、人類はそういった記憶を呼び覚ます時が訪れています。わたしたち一人ひとりの中に、この宇宙創成から現在に至るまでの情報が内在しているのです。人間の脳の90%はまだ使われていないと言われています。わたしたちの内面に眠る未開発の能力が開花すれば、宇宙の意志・時代の流れを感受する直観が働き、地球にいながらにして宇宙を理解することが可能になるのです。そこでは宇宙を探査するテクノロジーの可能性は大いに広がることでしょう。新たな時代を生きるわたしたちは、近代的テクノロジーと物質的豊かさに加え、高い精神性とともに進化していくことができるのです。

21世紀はわたしたちが地球人として、さらに宇宙人としての意識に目覚め、この世界に貢献していく時代の始まりです。わたしたちは、宇宙全体を認識できる能力を持ち合わせているだけではなく、宇宙を運営する側に立ち、宇宙そのものとして生きていくこともできるのです。

みなさん、宇宙創成プロジェクトへようこそ!プロジェクトメンバーは、あなたを含めた全人類はじめ、すべての宇宙生命です。これから宇宙がどのように創成されていくのか、その鍵を握るのはわたしたち一人ひとりの“意識”です。

宇宙創成プロジェクトへようこそ

 

 

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

2016年2月14日〜3月12日
木の花塾「1ヶ月間の真学校」を開催します!

私たちがこの世界に生きる真の意味を学ぶ、かけがえのない1ヶ月間を過ごしてみませんか。それはきっと、あなたの人生を豊かにし、この世界を豊かにします。下記サイトより、前期受講生の体験記をご覧いただけます。自分を変え、世界を変える1ヶ月間の旅へ、皆さまのご参加をお待ちしています!
( → 1ヶ月間の真学校 受講生の体験記へ )

【 日 程 】
2016年2月14日(日)〜3月12日(土)

【 会 場 】
木の花ファミリー
静岡県富士宮市猫沢238−1

【 対 象 】
■ 自分を変えたい人
■ 世界を変えたい人
■ 今の世の中をどこかおかしいと感じながら、どうすればよいかわからずにいる人
■ それまで知らずにいた本当の自分自身を知り、真に人生を謳歌したい人
■ この星に生きる人 すべて
☆ その他、2015年度受講生からは以下の人に薦めたいという声が上がっています。

■ 漠然とした不安がある人
■ 自分も他人も責め続けている人
■ 人を信頼したいという思いはあるが、できない人
■ 未知の世界があることを知りたい人
■ 出会った人 すべて
(詳細は受講生アンケートにてご覧頂けます。 → 受講生アンケーヘ)

【 内 容 】
講座は「農」「食」「医」「経済」「環境」「教育」「社会」「芸術」と多岐に渡りますが、全講座に共通して学ぶことは、物理的な現象の奥に流れる深い精神性です。それまでに考えたこともない新たな視点に出会うことで世界観を大きく広げ、今社会はどのような状況にあるのか、その中で自分は一体どういう存在であるのかを紐解いていきます。
〈 講座一例 〉
人格を学ぶ講座(カルマ読み・地球暦・カタカムナ)/天然循環法の畑作/ファシリテーション/世界観を広げる/菩薩の里の経済/自然療法プログラム/食養生/有用微生物群の培養/天然醸造味噌作り/創造性と芸術/性と宇宙/自然再生と災害復興/持続可能な心の持ち方

*その他、誕生日会や季節の祭事、地域の食事会などのイベントも盛りだくさん!生活の様々な場面を通して、互いに助けあいながら宇宙の流れにそって生きる豊かなコミュニティの暮らしをリアルに体感できます。
*上記講座はあくまでも一例であり、プログラムは固定されていません。受講生との双方向の掛け合いにより、その時、その場で、もっともふさわしいものが提供されていく、誰にも予測不可能な世界に二つとないプログラムです。
(→ 2015年度レポーをご覧ください。)

【 主 催 】DSC00081
NPO法人ぐりーんぐらす

木の花ファミリーを母体として様々な社会貢献事業を行っているNPO法人です。

【 共 済 】
木の花ファミリー

詳細は、こちらをご覧ください!
「1ヶ月間の真学校@木の花ファミリー」

150313-225932
2015年度「1ヶ月間の真学校」卒業生による修了パーティー

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です