150330-152534

いさどんの七夜物語 – 第三夜 「探求」

9月26日朝、ファミリーメンバーのゆうくんが、いさどんに以下のメールを送りました。

「今朝起きてすぐに、このままの自分の姿勢では今世の役割を果たすことができないと思いました。僕がここにいる一番の目的は、地球を光の星にしていくという天からいただいた役割を全うして、後世につなげることです。いさどんがテコ入れをしてくれるということで、どこかホッとしている自分がいました。その与えてもらおう、やってもらおうとしている姿勢が、一番の問題だと思います。だから、今日のミーティングではまず自分自身が自己分析を行います。その上で、より深くて濃いものをいさどんが語ることで、全体がより活性化する方向へ行くと思います。」

そしてその夜、ゆうくんは予告通りカルマ読み、地球暦、カタカムナを使って大人ミーティングの冒頭に自己分析を行い、数人のメンバーがコメントした後、いさどんが語り始めました。

 

926 「探求」

いさどん:
今、うちにはカルマ読み、地球暦、カタカムナという3つのツールがあります。道を極めていく人にとっては、とても便利なものです。こんなに重宝なものを与えられたということは、やはりこれからの社会に対してここが果たすべき役割があるのだろうと想像します。
どのツールもとても奥が深く、極めることはなかなか難しいです。一つの法則(一人ひとり人間は独立した精神的法則、カルマを持っている)を読み解くものとしてそのツールがあったとしても、時代は進化し、価値観そのものが変化していきます。大事なことは、そのツールを使って何か固定された結論を出すということではなく、それを常に活かして生きていくということです。それは、変化、変容、変態を繰り返す宇宙の実態と共にある生命の姿です。

生きるということは、常に変化・変容・変態を繰り返すことですから、時と共に読み方や読んだ結果が、求める方向と違ってくるものなのです。今の時代に求められているのは、真実は何なのか、ということです。
昨日、木の花のニューズレターが完成しました。そこには、今、時代がターニングポイントを迎えていることが書かれています。

  木の花ファミリー通信 第83号
木の花ファミリー通信 第83号

ターニングポイントとは、切り替え時ということです。切り替え時とは、今まであったものがピークを迎え切り替わるということであり、今までの価値観が古くなってきたということです。そして、その古くなったものを持っていてもダメですよ、新しい価値観に切り替えなさい、というメッセージがその時代の様々な出来事からも感じ取れるようになるのです。

この宇宙は常に変化・変容・変態をしており、人間以外の生き物は、常にそれと共にあります。時代が変わろうとどうしようと、何の抵抗もなくそれに付き合っていきます。しかし人間は能力が高いですから、常に何かを願望として求め、行動します。その時に、その表現の結果を通して、自らがこの世界に存在する意味を悟ればいいのです。

自分から発した想いを行動に移して毎日を生きると、その行動にふさわしい答えが結果として返ってきます。この世界は、起きたことに相応しい結果が常に連なっている因果応報の世界であり、そこは無駄のない、完璧なフリーエネルギーの世界です。フリーエネルギーとは限りがなく、無駄がないようにできています。無限なる縦糸と横糸が織りなす織物のように、一つのことから全てのものにつながって、最終的には全ての世界が一つの生命体として存在しているのです。

一人の人の性質として、欲が深かったり、汚れや歪みがあると、自分の都合の良い世界を求めます。そして自らの行いの結果を受け取るよりも、都合の良いことを求める心がどんどん膨らみ、その矛盾に相応しい滞りが現れるようになります。ある意味、この世界は鏡ですから、自らの行いが世界の法則から外れていると、その矛盾を忠実に映し出し、私たちに示してくれるのです。

この世界は、宇宙の星と星との関係性や、陰陽のバランス(対抗発生)からくる流れ(法則)によって維持されています。そして、例えば原子のような小さなものから、私たちの肉体や、太陽系や銀河のような大きなものに至るまで、全てが同じ仕組みで成り立つ相似形の構造になっており、そこには、この世界を推し進めていく流れ(正の方向)と、滞らせる流れ(反の方向)があります。私たち生命は、本来正の方向に進むことによって維持され繁栄するものですが、人間の世界では、時に反の方向へ進むことがあります。それは、反へ進むことによって正の方向とは何であるのかを理解するためであり、それだけの特別な能力が人間には与えられているということです。

時代は、正反をサイクルのように繰り返しながら進んでいます。そして人間は、反の方向を表現するために、あえて破壊の行動を取ることもあるのです。正の方向へ向かっている時はそのまま進めばよいのですし、反の方向へ向かっている時は正を理解するためにあるということです。それを大きく観てみれば、結果的に、全ては宇宙の法則のままに、正の方向に進んでいるのです。

現代は、反の流れがしばらく続いていたがために、反を示す現象がピークを迎え、切り替え時に来ています。しかし、長年それに慣らされてきた人間の中には、自らを所有する心があり、時代が切り替わる時が来ても、反の方向に向かう姿勢を切り替えることができない状態にあります。
人は毎日を生きていますが、生きるということは、この世界の循環の中で生かされているということであり、その循環に意識が組み込まれることによって、自らの力によって生きているということは何一つあり得ないことに気付くのです。しかしそんな世界の中で、自らが生きているという意識になると、人は自らを所有するようになります。そうすると、反に向かう自らの姿勢に気付くことができず、反から学び、正の方向へ切り替えることができません。ですから、その姿勢を理解するためのこの世界からの示しとして、人間社会に混乱がもたらされていると受け取ることもできるのです。

そうやって世界が自らに忠実に返してくれたものを、「自分はこの世界に生かされている」「この世界と共にある」という発想があったら、この現象は世界からのどんなメッセージだろうか、と受け取ることができます。しかし、自分がこうしたいという自我の考えを優先していると、自らの矛盾によって与えられた結果をいただくという思考回路は停止してしまうのです。ですから、気付くべき時に気付かない。
いつも話している話ですからみなさんはよくわかっていると思いますが、わかっちゃいるけどやめられないのは自我が優先しているからです。問題が発生して行き詰まっていてもやめないのは、自分というものに囚われているからです。単純にやめればいいだけのことであっても、その不完全な自らを所有してしまうと、その状態が自分らしいと思い、それにすら愛着が湧いて手放せなくなるのです。それが情というものです。情は、自分に対してもそうですが、身近な人間関係やものなどにも湧いて、囚われるようになります。

人間以外の世界には、そのような囚われはありません。宇宙があり、地球の自然生態系があり、たくさんの生命がいてその中に人間社会がありますが、今のところ人間社会にしかそういったものはないのです。動物たちの生態の中には、例えば親が子どもを守るという本能的な行動がありますが、それは情に囚われているということとは違いますね。それは、種を保とうとする機能が働いていることの証です。
人間社会には、おもしろい現象があります。人間には欲の心があるので、自然界では寿命が尽きているものでも、人工的に命をつなげているものがたくさんあるでしょう。逆に、人間が、寿命がまだあるものを殺して命を粗末にしていることもたくさんあります。
病気も、本来この世界からのメッセージとしてあるとしたら、治してはいけないものもあるのです。それを単純に病気はない方がいいという考えから、近代医療を発達させ、病気の根本の意味を受け取ることをせずに治療だけをして、医療を飯の種にしてきたのです。
政治も経済もそうですね。本来の目的から逸脱しているのです。

今こうして話しながら、ふっと、そろそろ本題に入らなければと思いました。
昨日の時間があり、そこから継続して今日があります。地球は自転を一回転しましたが、同じ場所で一回転したわけではなく、らせんを描きながら未知なる先へ進んでいます。そうすると、昨日種を蒔いたことが今日どう発芽するだろうかと思っていました。
僕が最近のこの場から感じているものをデータにすると、あまり明るい感じではありません。とは言っても、同じ場所でぐるぐる回っているわけではなく、新しい今日があるわけですから、どこかに突破口があるのだろうと思いました。そして自分の生きるこの道を信じている限り、どんな障害物もこの道の意味を伝えてくれるものであり、ここへ行きつくために今までのいろいろがあったのだ、という考えのもとに新しい朝を迎えました。
そうしたら、ゆうくんからメールが届いていました。僕が投げかけたことに対して「おお、そういう気持ちになったか」とかすかな希望を持ちました。

僕は、いつも彼の姿勢を観ています。彼だけでなく、みんなの姿勢を観ています。そしていつも、みんなが自ら進んで自分の枠を突破していくことを望んでいます。僕が刺激を与えなくても、それを自分からやり出すのを待っています。
なぜ待っているのかというと、刺激を与えたからやるのではただの条件反射であり、その人の意志ではないからです。それでは本当にその人の実力にはならないのです。刺激を与えられてやるのでは、常にまた刺激を必要とする状態になります。それでは僕の望む方向にはならないし、我々がやろうとしていることの目的からも外れます。宇宙や自然の法則とも違います。だからやっぱり、時間がかかっても、じれったく思っても、こういう生き方をしている限りは必ずどこかに答えがあるのだろうと思って、粘り強く毎日を送っています。
そこからすると、ゆうくんを観ていて、こういうタイプの人に任せておくといつごろになったら自分から目指すのだろう、ずーっと待ち続けてそのまま終わってしまうのかもしれない、だけど下手に芽を出せと言うとプレッシャーを与えかねない、と思っていました。

木の花があるということは、本当に、大いなる善意であるのですよ。世の中は行き詰まっていますが、人々はまだ気付いていません。経済にしても環境にしても、このまま行ってはいけないということはいろんなデータが証明しているのに、世界のリーダーはそれをさらに進行させていく政策を積み重ねています。何か痛いものをもらわないと転換できない状態になっているのです。
我々は時代の切り替えの時に出会い、これから確実にこの生き方が必要になるということをわかった者として、社会の無理解があったとしてもこれをやり続けているのです。それには強い精神がいりました。それこそ、自分を変人だと思わなければやれませんでした。

しかし最近はそうではないですね。明らかに時代が移り変わり、社会的にも、この道への追い風が吹いてきました。まだ大部分は無理解ですが、明らかに追い風が吹き出していることを、我々は肌で感じ取っています。そしてそれがわかればわかるほど、この道を進むことに対してエネルギーが湧いてくる構造になっています。
困難を乗り越えるほど、やっぱりそうだ、と疑いや不安の気持ちが払しょくされて、希望が湧いてくるものですし、そうなればなるほど、世の中がまだ寒い冬であっても、その奥にある春の息吹を感じ取れる人にならなければという衝動が湧いてくるはずなのです。

確かにみんなの中にもその欲求はあり、それが一番なのでしょう。ですが、一番なら一番に優先するべきなのに、どうもみんなの中にそれを一番に優先する心が生まれてこない。それはなぜなのだろうと考えると、最初に話したように、「自分」というものの中の癖の部分に囚われ、情があるからです。自分の不自然なところ、道理から外れた反の方向を生む精神に対してまでも執着し、それをそのままにするのです。ですから、そういった状態で自らをきれいにしようとする道を歩み出すと、窮屈に感じるのです。

世間の多くの人はそうですね。ここに来て「休日は?」「給料は?」「自分の部屋は?」「自分の時間はないの?」ということばかり聞く人がいるでしょう。だけど、そのような人でもこういった生活には憧れるのです。本当に自分と人との壁を超えて共に暮らすって素晴らしいね、自給自足って素晴らしいね、と言うのです。なぜ自給自足が素晴らしいと言うのかと言うと、世間で自給自足でない生活はお金の関わる駆け引きばかりで、それに嫌気がさしているからです。それでこういった暮らしに憧れるのですが、いざ自分がやるとなると、自分への情の方が勝って、やれないのです。

ここでも同じですね。ずーっと大事なことを勉強してきて、さて、いざそれを表現する生活の中で自分と向き合う場面が来た時に、自分の我が優先して、些細なことで滞ったり、衝突したり、人の話が素直に聞けなかったり、ということが起きますね。それらはすべて自分のチェックポイントなのですよ。その必要性がわかっていたら、ひたすら自分にチェックを入れるはずです。でもそこから逃げたいのですよね。
今年はゆうくんがマコモの担当でしたが、マコモは十分に育たず、そこにゆうくんの心が表れていました。マコモだけでなく、僕がずーっと観て回ると、そこら中に滞りが観えるのです。けれども、そんなふうに監視人がいるような場所は豊かではないし、僕の望みでもないですから、実際には監視しているわけではありません。だけどたまたま縁があって行った場所で、滞りが観えるのです。その一つの事例としてマコモがあります。

その場を観ると、どのくらいの心のふりかけがかけてあるのかが観えてきます。ふりかけが少ないほど、そこは貧しい場所になります。我々は、そういった心配りが常にできるように、日常の中で学んでいるのです。
ちなっぴーが養蜂をやりながら、今こんなふうに花が咲いていて、こんなふうに蜂を育てていて、こんなふうにやったらこんなふうに蜜が採れたんですよ、とみんなにシェアするでしょう。蜜巣を分離機に入れて、下の蓋をパッと開けると蜜がとろーっと出てくる。豊かじゃないですか。何か「ありがとう」という感じがあるじゃないですか。

1 (13)-crop

ちなっぴーはなぜそんなことをするのでしょう。みんなでそんな写真を見たって蜂蜜を舐められるわけじゃないし、わざわざそんなシェアをしなくても蜂蜜がどれだけ採れたというデータだけもらって、それがいくらで売れて、我々の生活が安定すればそれでいいじゃないですか。現代的な生きるということをするのであれば、それで十分です。

けれども、そこには人の心の姿勢が織り込まれています。その生命がどのような履歴をたどって現状に至ったかというのは、すべて心が発する波動として残っているのです。だから、化学肥料や添加物を使うような人であれば、そのような心の履歴が波動となって、そこに残ります。
こういった人工に汚染された時代に、それを超えて、その悪影響を無しにできるだけの能力を我々は与えられています。それが、自らが高次元の波動を発する者になるということです。潜象界から発生する正しい響きを発することによって、現場をイヤシロチにし、歪んだ生命を正しく美しくして、それを食べ物として、生活の糧としていただくと、それは我々に健全さをもたらしてくれるのです。

本来、人間が汚さなければ、こんなことはする必要のないことです。医者がなぜいるのかというと、人間が歪んでいて病気をするからいるのです。しかし今現実に、人間は途上の状態にあり、大事なことを悟っていないために汚れや歪みが蔓延していますから、そのような人間修理屋さんが必要なのです。

一方、これだけの道をいただきながら、みんなの現状はどうかというと、まだまだそのメカニズムを学んでいる段階で会得していません。もしくは、会得する気がないのかもしれません。気がないとはどういう状態かというと、自分の我を優先しているということです。

ゆうくんは先ほどカタカムナで、自分の人格を分析していました。地球暦も、切り口が違うだけで同じことを表しています。そこにカルマ読みから観える2文字陰性男子の心の形が反映されて、今の人格が出来上がっています。3つのツールによって、ここまで人を読み解くことができるのです。
しかし、そういうふうに観たところで、それをどう活かすかという考え方がなければ、興味深く捉えるだけのことで終わります。地球暦でも、自分の都合や、相手が喜ぶように読む人もいます。そうすると「わぁすごい」「私も読んで」とミーハーの人たちを集めますが、その後に何が残るかというと、実際の生活の中には何も活かされないのです。

僕はそれをおかしいと思いました。何も活かさずただ表面的に喜んでいる人を作って、次の勉強会にも来てもらってそれを飯の種にできれば、提供している人の目的は達成されるかもしれません。しかしそれはある意味、人を迷わせていることになるのです。
僕はそれを変だと思うから、いろいろ考えて、読み方を進化させました。そしてそれが仕上がって来たなと思った段階で、カタカムナがやって来ました。

ゆうくんは今、自分を読み解きましたね。読んだ後に、ここまでが自分の限界ですと言いましたが、どういった力で読んだかというと、与えられた知識を使って解析するという、知識的な脳でそれをやったわけです。それは、近代文明が発達するのにとても役に立ちました。誰もが本を読めばその知識を得られて、機械でも何でも扱えるようになります。けれども、そうやって誰もが扱えるようになって便利になりましたが、そこでその便利さに慣れると、今度はそれがなくてはならなくなるのです。依存症ですね。そしてそういったものが広がっていく奥にあるのは、「お金になる」という心です。

しかし、インターネットでも何でも、それを有効に使う力があればいいのですよ。お金はその代表的なものです。お金を正しく使う力があれば、それは害にはならず、世の中を善くしていきます。けれどもお金に使われているようでは、お金を使ってこの世界を支配しようとしている者に支配されている状態で、そういう世界を自らが作って、混乱をまき散らしていることになります。

ですから、今ゆうくんはこうやって自分を読みましたが、それをどう日常の中に活かしていくかが大事なのです。ここではそれをやっているのです。
セミナーなどではそういうことはしません。お金を得るために聞こえのいいことだけを言います。宗教でもそうでしょう。信者が悟ってしまったらもう通わなくなってお布施をもらえなくなりますから、悟らせないようにしています。だから教祖や経典が必要なのです。必ず上の立場の人がいて、下にいる者は未熟だから一生すがっていきなさいという関係が出来上がります。
そういったことがとても大切にされてきたのが、これまでの時代でした。しかし、これからは、教祖の言葉からでも経典からでも自らの気付きからでも、真実をつかみ取り、一人ひとりが日常の中にそれを活かし、個性的に生き生きと生きる時代になるのです。

そうしたらゆうくんの自己分析も、どう生きるかということにつなげるのが大事です。例えばマコモの生育を通して自らの性質が観えたとしたら、作付計画から今年の結果までを振り返って、どのような心をそこに反映してきて、結果がどのように現れたかということを観るために、これがあったのです。
マコモの栽培に限らず、どんなところからでも自分の性質は観れるのですよ。ものを壊したり車をぶつけたりするでしょう。そういった出来事を受けて、そこから素直に自分を振り返って客観的に観る心があれば、カルマ読みや地球暦やカタカムナというツールがなくても、日常の中で自らを正確に知ることはできるのです。生きるということ自体が、本当の自分との出会いですから。
しかし、人は主観が強く、それをなかなか観ることができません。そこで、ありがたいことに、こういったツールが与えられたのです。

僕はずっと、あなたにとって一番大切なことは何かを明確にして生きましょう、そして毎日緻密に自らの心の姿勢に向き合い、その動きを一つひとつ観ていきましょう、と伝えてきました。しかしそう伝えても、みんなにはその大事さがなかなか響かないので、ここへ来てこうして一人ずつ分析していこうかと考えました。それでみんなが自覚を持って、気持ちの良い場になったらいいと思っていました。

昨日は「みんなで」ということを語りましたが、さて今日のテーマは何にしよう、ということを考えながら歩いてひまわりまで来ました。今日は、何だと思いますか?

まっちゃん:
3日目?

いさどん:
うん、今日はヒフミヨイの「ミ」ですね。ようこちゃんも「今日は3日目だね」と言っていました。
僕が思ったのは、今日のテーマは無いな、ということです。そうしたら、その無しだというところからテーマが出てきました。今日はゆうすけだな、と。
この人が何を言って、どう始めるかによって、それを受けて僕が解説をする。それはカタカムナの思念で解説をするのではありません。今朝彼からのメールを読んで、僕は少し希望が湧きました。それで今日も行こうと思ってここへ来た時に、彼が行動を起こしたのだから、それをネタにして話をすることが浮かんできました。
彼は日頃から地味に、まじめに、奥の方で何かをやっています。スカッとしている感じはしないけれど、まじめだから本人に託そうか、という感じで僕は観ています。けれども時々何かを壊したり、けっこう大きな現象をもって存在感を示す時があるのです。そんな意志表示は嬉しくないですね。そういった彼が、日ごろは地味で目立たずにいるので、そのバランスが取れたらいいのになぁと思っていました。

もっと意思表示をしたらいいのです。ミスをしでかして注目を集めるのではなく、自ら意思表示をすればいいのです。それが不完全ならば客観的なチェックが入るし、完全ならば評価されます。そうやって日頃から地道にチェックしていれば、大きくずれることはありません。
ところがゆうくんは日頃のチェックなしに時々打ち上げ花火のように現象を起こし、また地味に戻って、しばらくするとまた打ち上げ花火を上げるので、進歩がないのです。やはり、日ごろから積極的に自分を出すことが大切です。
誰かに出せと言われて刺激をもらって出すのではなく、刺激をもらわなくても、常に素の自分を出せることが大切ですよ。現象も何も起きていなくて誰からも見えないけれど、自分の心の中にこういった想いがあります、というようなことをシェアできたら、それは自分をチェックすることを最優先にしている人の姿勢です。

(ここでカタカムナ、地球暦、カルマ読みを使って、いさどんによるゆうくんの読み解きが行われ、ゆうくんの性質が客観的に明快になる。
*カタカムナ、地球暦、カルマ読みについて詳しく知りたい方は、2016年2月~3月に開催される木の花塾「1ヶ月間の真学校」へご参加ください。

いさどん:
「観る」というのは、その人の本質を観るということです。自分の姿が客観的に観えたら、どこをどうすればいいのかがわかるものです。その根本的な性質を掴みとっていない状態にしておくと、それがどのように人生や社会に影響しているのかが理解できません。「観る」ということは、自らの性質を理解し、その扱いをマスターし、自己コントロールすることです。
チェック機能が働くとは、自らに芯があり、ブレない精神があるということです。例えば、ネガティブな思考に振られたり、ポジティブでも行き過ぎると害が起きますから、そのどちらにもブレずに自らの状態を常に安定させ、冷静にチェックする揺るぎない心の芯が通っていることが必要なのです。

みかこ:
ゆうすけの「ユ」は揺らぎの思念を表しているけれど、揺らぐのは別に悪いことではなく、星だってすべて揺らいでいるんだよね。ただ、そこに芯が通っている。振幅があって、どこに位置するかということ。

いさどん:
揺らぐということは、この世界ができる時に絶対に不可欠なとても重要なものです。揺らぐからこそ、この世界の多様性ができているのですから。

みかこ:
それをカルマとして表現すると、芯がない状態になる。

まっちゃん:
ゆうすけの「ケ」の思念は、気配は感じるが目には見えないもの。曖昧な状態だということ。

いさどん:
そうですね。今は何だかよくわからない状態で反応しています。しかし逆に言うと、気配をパッと感じるということをしたら、曖昧どころか、形の奥にある目では見えないものが明快に観えるようになるということです。
気配を自分のクセのままに恐怖に感じていたら、暗闇の中では、猫がいるだけなのに、お化けがいると思い込むこともあるのです。ですから、自分がどういった性質をもって物事にあたっているかをチェックする安定した判断力を持つ必要があります。それが芯が通っているということ、柱が立っているということです。
情報を捉える時の出発点が善意に立っているのか、悪意に立っているのか、自分自身で自分の心の立ち位置をチェックするのです。

僕が日頃ゆうくんを観ていて感じていたことと、先ほどカタカムナで読み解いたことがぴったりと一致していました。感性が豊かであれば、カタカムナなどのツールがなくても人を正確に捉えることができます。これらのツールは明快に体系化されていて、理解しやすいものです。しかし気を付けなければいけないのは、学んだことに囚われて知識的に覚えるようになると、本当の判断力は身に付かないのです。
人は学ぶとついつい利口になり、わかった気になります。そうすると、もう新しいものは入ってきません。探求のためには、常に自らをからっぽにしておかないといけないのです。
カタカムナは立体ですが、それを図にして二次元で表した途端に人はもうその二次元思考に囚われています。そうではなく、立体的に捉えるのです。それは単に図形を立体的にイメージするということではなく、思考を立体的にし、私たちの三次元世界に反映させ、活かすことです。

ゆうくんは知識としては自己分析をしましたが、ではそれを自分自身にどう活かしていくのか。例えばマコモのことで言ったら、僕だったらもう来年の作付を考えます。今の対策はするし、どうしてそうなったのかも振り返りますが、すでに来年の対策を考えていきます。そしてある程度勉強するとその段階を卒業します。同じことをやり続けるのではなく、次の段階へ行くために。それをやらないと、同じようなことをやって、同じような答えを毎回もらうということを繰り返すことになるからです。

カタカムナの思念は正確にその人の性質を示しています。人はそれを聞いて「本当だ」と思いますが、それで終わってはいけません。
人には、この世界に生まれる段階でのカルマ形成や思念の成り立ちがあり、それがスタートラインとなって、人生の中で物理性を表現していきます。それをノーチェックで生きると、その性質のままに生きることになります。セミナーや宗教で学んでも、自らの性質を超えている人はほとんどいません。それは、目的が自らの性質を進化、成長させることではなく、その人の願望を叶えることにあるからです。

では、自らの自己分析をマスターしてどうするのかと言うと、自身を理解することによって、自らを有効利用するということです。ですから、カルマがなくなるわけでもなければ、個性がなくなるわけでもありません。自分は自分のままで、それを有効利用するのです。利用せずに感情を野放しにして生きれば、いろいろな意味で、大小様々な害をもたらすことになるのです。

ひとみ:
今のゆうくんの様子を見るとあまり反応がなくぽかんとしている感じで、何を思ってるのかわからない。

ゆうくん:
いや、その通りだなと思ってました。

いさどん:
今、あなたの心の中ではその通りだなと思っていたということですね。だけどひとみちゃんからはぽかんとして見えるというのは、あなたが発している空気を感じてそう言っているのですよ。つまりあなたの奥の方で揺らいでいるものを、明快に外に向けて出していないということです。それでも、あなたの姿勢からはこの道を極めていこうという意志は感じられるので尊重しますが、どことなく心もとない感じはあります。
今までのゆうくんは、時々大きな失敗をして注目を集めてきましたね。そうしたら、今の「ぽかんとしてる」というコメントは客観的にあなたの状態を伝えてもらったということなのだから、いや僕はその通りだと思ってましたと返すのではなくて、なるほど、外からはそう見えるんだと受け取って、初めて自分が変わっていくことにつなげられるのですよ。自分はそうは思わなかったけれど人からはそう見えた、ではそのギャップは何なのだろうと探求していって初めて自分を知ることになるのです。
今のあなたの姿勢は、やわらかくやり取りしているように見えるけれど、人からの視点を受け取らない姿勢です。

ゆうくん:
今はまだ捉えきれていませんが、心の奥で100%理解しきれてないんだなということがわかりました。

いさどん:
その今の言葉はどういう心の性質から出ているかというと、学習したらすべて覚えて100点を取りたい、そういう自分でありたいという心が働いています。そんなことがいきなりできるわけはないのだから、気付いたところからクセを取っていく道を歩めばいいのです。いさぎよければ、そのクセは瞬間に取れます。けれども往生際が悪いところがあって揺らいでいるのだから、それを知って、これからそういう自分が出てきたら揺らぎを少なくしようとか、揺らいでいることを理解して自分の幅にしようというように切り替えて、有効に使っていけばいいのです。
正解をやれる自分でありたいという願望の方が強いけれど、長年クセのままに生きてきていきなりそんなことができるわけがありません。そういう問題点があるんだ、と自分の心の性質をマスターした時に、それを受け取る姿勢ができたということです。自分はまだ未熟なのだということを知り、常にいただいて学んでいくことが大事なんだという姿勢になって初めて、一つずつ身に付けていく作業が始まり、それが現実化していくのです。

まり姉:
ゆうくんはやろうという気持ちはあるけれど、とりあえずそれを形で示しているようで、いったい何のためにそれをやっているのか。

いさどん:
それは評論家の言うことです。彼は自分の思ったことを表現したわけです。僕は今朝、彼のメールを見て救われましたよ。彼は新しい行動を取ったのです。自分が何を求めてその結果どうなるということが始めからわかっていたら、今のような立場にはそもそもいないでしょう。
今のまり姉のコメントは人のことを考えて言っているのではなく、自分のものの見方を発表しているだけです。それではここに何ももたらしませんよ。

昨日、「みんなで」という話をしましたね。その「みんな」の中には自分もいるわけでしょう。一人ひとり、自分が主役です。その自分が、今どういう心をしているかを観察してごらんなさい。「これはいい心をしているな、惚れ惚れするな」という心をしているでしょうか。そしてその心を、全体に対してどのように表現してみんなに貢献しているでしょうか。

自分が日頃からどういった感情を動かしているか。周りに対してどのくらいの「ほがらか度」を発しているか。「らくらく度」とか「楽しい度」「幸せ度」と言ってもいいですね。逆に、「つまらない度」とか、同じことを繰り返す「またまた度」はどうか。どんなものを自分がもたらしているのかを、一人ひとりがチェックするのです。
みんなは人には求めるのに、自分に対しては無責任で、自分の実態を把握することを避けています。そこを本当に緻密にチェックしていくと、そのうちにノーチェックで「ほがらか度」や「幸せ度」を周りにもたらすようになります。

それを思った時にやはり、あなたは何のためにこの生き方を選んだのですかと問いたいのです。就職試験とは違いますよ。試験は何もありませんが、ここは生涯を共に暮らし、共有し、調和し、あなたは私、私はあなたという世界を創る場です。そんな世にも稀な場所で、一人ひとりに問いたいのです。

時は動いています。時代は変わりました。それは目には見えないものです。けれども安倍さんの言っていることを聞いても、社会が行き詰っていることがわかります。中国の習近平国家主席とオバマ大統領が対談しましたが、いがみ合いながら手を結んでいました。あんなにおかしなことはないでしょう。

今日ゆうくんは、自分の都合で心のシェアをしました。では勉強したのは彼だけかと言ったら、僕にはそれを読み解いて伝える訓練の場を与えてくれました。そしてそれを聞いているみんなも、こういうふうにクセが出ているのをこういうふうに見過ごさずに分析するんだ、と学ぶことができました。「ユウスケ」と同じ単音の思念を持っている人はたくさんいますから、どれだけの人がそこから学べたことか。
そうしたら、彼は自分を立て直そうとしてシェアしたことによって、みんなに学びを与えているのです。いいことだらけですよ。

ことが成らないと、人は滅入って次に向かおうとするエネルギーがなかなか湧かないものです。それを突破する心の姿勢を持つにはどうしたらいいかというと、何のために人生を歩んでいるのかということを明快にすることです。

ものごとが滞るのは何のためかというと、探求の場を与えられているということです。今これが与えられたということは、これから先に同じことが与えられなくてもいいように、与えられた意味を理解するチャンスを与えられているということです。それを探求する情熱があれば、人はいつでも希望を持って未来に向かっていくことができます。そして変化・変容・変態するこの世界では、その姿勢(宇宙法則の進む方向・正の方向)を保っていけば、自ずと滞りを突破できるのです。

みんなは、なぜこの道を歩んでいるのですか?
これは、世のため人のためという話でもないのですよ。何かと言うと、生きる目的を完遂する、ということです。

これは一番大事なことです。生を受けたということは、死ぬまで生きなさいということでしょう。つまり生きることには目的があるのだから、それを完遂しなさい、最後までやり遂げなさい、ということです。
その途中にいろいろなことがあるのは、それを超えて行きなさいということ。つまり、探求しなさいということです。問題ごとに向きあって探究すれば、必ず超えられます。それが生きることであり、生きることへの答えをもらうということです。それがありさえすれば、いつどんなことに出会っても超えられるのです。

生きていると大事なことに出会います。ではその大事とはどこにあるのかというと、その人が向いている方向にあります。下を向いていれば下にあるものが大事になるし、上を向いていれば上にあるものが大事になります。毎日お酒を飲んで生きるのも、お金儲けだけを考えて生きるのも、その人が向いている方向によってそれが大事になるからです。
だから、どこを向いているのかが大切なのです。それを狭い視野で見ると、自分から湧き出すものを叶えることが幸せで、それを大事だと思ってそこだけを見てイノシシのように進んでいくことになります。視野が狭いので、世の中が変わっても気付かずにまだ同じ方向に進むのです。

しかし視野を広げたら、自分は今どこを向いているのか、世の中はどうなっているのか、時代はどこへ向かっているのかということを考えて、自分をコントロールすることができます。そうすると、あなたは、今という時代を生きる目的の、一番大事なことを選んでいくことができるのです。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です