P1250006

いさどんの七夜物語 – 第七夜 「太陽の導き」

太陽が、真東から昇り真西に沈む、1年間で光と闇がちょうど半々となる秋分。その前夜に端を発し、「七日七夜で心の質的転換を起こします」と、ただひたすらにあふれ出る宇宙の叡智を浴び続けた七日間の、最終章です。
大人ミーティングにやってきたいさどんが、静かに語り始めました。

 

9月30日「太陽の導き」

いさどん:
今日は9月30日ですね。今年の四半分を残して、第4コーナーに入ります。

1週間前に秋分がありましたが、秋分というのは昼と夜の長さが同じになる日ですね。同じく昼と夜が同じ長さになる春分を1年の出発点とすると、秋分は1年のちょうど半分にあたります。

秋分の前日、僕は3ヶ月ぶりに大人ミーティングへ来ました。そしてこの七日七夜が始まりました。その意識は、10月1日に向かっています。そして、地球の動きや、そこから生まれる二十四節気などを意識して思考している自分がいます。
僕の中には、今日が大晦日という意識があります。新年を迎えるにあたって、この大晦日の日に大すす払いをするという意識がどこかにできていました。そして一昨日の夜中に父上からメッセージがありました。

僕は客観的なものごとの捉え方をする人で、世の中のいろいろなことに出会っても、共鳴するものはなかなかありませんでした。しかし最近、木の花の暮らしを通して出会う宇宙観や、時代を読み解いて我々はどう生きるべきなのかということを紐解くと、これこそ本当に待ちに待っていたものだ、と。そんな捉え方をしています。
それは、自分の口から湧き出たことであるからとか、自分の周りの生活にそれが反映されているから、ということではありません。僕には、内外関係なくものごとを評価する心ができています。

僕は30歳でこの道をいただき、自分自身を疑いながらも、出会う出来事の奥を観て、そこに何か真実があることを直観で感じながら歩いてきました。今ここまで歩んできて、こういった生き方に出会ったことを本当に誇らしいと思っています。

残念なことに、まだまだ人類はそういった視点を十分に持てていません。残念とは言うものの、それはプロセスでもあるのです。しかしながら、近年の人類はとても愚かしい道を歩んできました。これほど自然をコントロールし、影響を与えるようになる以前の人類は、自然のなすがままに栄え、滅びていました。ところが今は、人間のなせる業の結果、世の中に様々な問題が起きており、その愚かしさは極みを迎えていると感じています。

この世界は、自らの姿勢が自らの未来を決める仕組みになっています。自らの愚かしさの先に自らの未来を決めるのであれば、自らの尊さによって未来を決めることもできるのです。それは、人間が自我を超えるということをしなければできません。尊いとは、連携することから成されていくものです。その道の行きつく先は、この世界を理想郷に導くことです。それは宇宙も含めたこの世界の成り立ちであり、地球に表されている生態系の姿そのものです。
その中にいながらにして、人間は愚かしい道を歩むことをしてきました。その結果、今の状態があります。さて、これから我々はどこへ向かうのでしょうか。

今、この場に約60人の人がいます。世界の主だった国の代表がここに60人集まっているという設定で話ができたら、どんなにことは早いでしょう。けれども現実にはそうではなく、ここにいるのはこの生き方に共鳴した人たちであり、国連で話しているわけではありません。
それが何を示しているかというと、小さくてもいいから、人間が可能とする理想をそこに示しなさい、ということです。

理想というとずいぶん大それたことのように聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。理想というのは、たくさんのことを経験しながら、それを常に受け取り、変化・変容を繰り返していく姿のことです。それは、神の姿です。

昔シャーマニズムと出会い、僕はサニワとして、シャーマンを通して神々と対話していました。そしてシャーマンに降りてくる神々に、いろいろな質問をしました。だんだんと意識の高い質問をするようになると、その時に降臨していた神様は困惑して、そなたの問いには私では答えることはできぬのじゃ、と言うのです。

神様は、「そなたは神を完全と思うておるのか」と言われました。神様からそんな言葉を聞くとは思いませんでした。神様が完全ではなくて、いったいこの世で何が完全だというのでしょうか。「私は神様が完全なものだと思っております」と僕は言いました。すると、「神とて完全なるものはおらぬのじゃ」という返答が返ってきたのです。
それを聞いて、僕はとても困りましたね。僕の中には、何か絶対なるものに頼り、そこから道を導き出そうという心があったからです。僕は神様に「では私は、その完全でない神様に道を頂き、そこから真理を学び続けていくということですか」と聞きました。すると神様は、「そうである」と言われました。「それが神の姿である。神とは学び続けるものである」と。

この世界は変化・変容・変態を繰り返し、留まることがありません。地球暦では、太陽系の惑星はそれぞれに意味を持っており、地球は変化・変容・変態を示す星です。
宇宙の星々のサイクルはとても長く、変化・変容・変態を体験するにもとても長い時間がかかります。そこで私たちは、地球に降りて来て、肉の体をいただき、人として生きることで、命の意味を学習し、また元の世界(その元の世界とはどこでしょうか?笑)へ還っていくのです。

この世界の実態は、変化・変容・変態を繰り返すことであり、それが神の姿そのものです。カタカムナでカミを紐解くと、「カ」は宇宙の極小微細単位、「ミ」はそれが満つっているということを示しています。満つっているということは、この世界を創り続け、壊し続ける、物理性の実態そのものなのです。そのような世界の中で、何ものかに囚われ、留まることは、この世界の実態(神の実態)から外れたものになるということです。

一般社会で生きていると、自らの心の汚れが出ても、なかなかそれを自分が発しているとは思えないものです。なぜなら自我が強いからです。そして自分を観ずに、周りのせいにしていきます。そこを掘り下げる意識もないので、それが自らに原因があるとなかなか気付くことはできません。気付けなければ改めることもできないので、同じことが続くのです。
そこに気付くには、誰かのせいにしていては気付けません。気付きは、自我の囚われがなくなった状態で、ふっと降りてくるものです。

地球上に生命が降ろされて、後に人類が降ろされました。地球上で生命として生きるということ、さらに、人類として生きるということは、とても身近に自らの魂の実態を目の当たりにすることができるのです。
この世界の仕組みはすべて鏡ですから、自らの発したものが忠実に自らへ返ってきます。そして、そこから自分の姿を観ることができます。ヤタノカガミといって、八方が鏡なのです。
鏡は、汚れていると「カガミ」ですが、汚れを取ると「カカミ」になります。鏡(カガミ)から我(ガ)を取れば、神(カミ)になるということです。我々は物理的な鏡を通して、自らの姿を見ることができますが、人生を通して自らがこの世で見るもの、感じるもの、出会うものは、すべて鏡を見ているのと同じことなのです。我々は霊的な鏡に囲まれて生きているのですから。

そういったこの世界の仕組みをマスターして生きていけば、自らが発しているものが、自らをどのような意識レベルに定着させているのかが観えてきます。その意識がこの世界にどのような影響を及ぼし、自らをどのような世界で活かし、どのような世界を創っているのかがわかるのです。それがわかると、この世界に不平不満を言うことはなくなるでしょう。この世界は、私たち一人ひとりの意識によってできているのですから。
さらに、そういった仕組みがわかれば、人間は生命として何を成すべきかということが一目瞭然でわかるのです。この世界に安定や平和をもたらし、生命の世界の豊かさを表現することができるのです。

面白いのは、我々は今、完成された世界を求め、学んでいますね。完成された世界とは、ある意味、現象的には貧しい世界です。そこでは、完成されているが故に、何も起きないのですから。
この不完全な世界に生きることこそ、ダイナミックで豊かなのです。不完全だからこそ、幸せやありがたいということを感じられ、愛が求められる世界になるのです。それはある意味、ダイナミックで豊かな世界と言うこともできますね。

僕は昔、神様に「私は、人間の在り様をずっと観てきました。そしてその姿に辟易しました。人間こそ、愚かしさの頂点に立つものであると思います」と言ったことがあります。その時の僕は、人間のあまりの愚かしさを観て、人間性悪論のようなことを考えていたんですね。そして、さらに神様に言いました。

「あなたは神という立場に立ってこの世界を導くものだとしたら、なぜ人間に、血で血を洗うような歴史を歩ませて、いつまで経っても神から人間が見捨てられたと思うような世界をつくらせるのですか。子どもの出来の悪さは親の出来の悪さであると言います。弟子の出来の悪さは師匠の出来の悪さであるとしたならば、神の子どもである人間がいつまでも愚かな道を歩むのは、あなたの未熟さゆえであるとも言えますね。
あなたの隣りにこの世界と同じような宇宙があるとしたら、そこの神様があなたの創られた世界を見て、おまえは子育てが下手だな、おまえの子どもである人間はいつまで経ってもこのような愚かな世界をつくっているではないか、と、言われませんか。」

冗談のような話ですが、僕は神様にそう聞きました。そうしたら、「そうとも言えるな」という返事が返ってきました。そして神様は、こう続けられました。

「私がいた世界は完全であり、私しかいなかった。そこは光だけの世界であった。光の世界で光は見えぬ。そこは静寂の世界であり、一切の動きもない。そこでは、私は私の存在を認識できなかった。
そこで、私が私を知るために、私は私と反対のものを創った。光には闇を、天には地を、善には悪を。そしてその反対のものを私から遠いところに置き、それが私のもとへと還ってくる仕組みを創ったのだ。それがこの世界のもとである。」

そしてさらに、神様は言いました。

「今のこの場所は、私の意志の終着点ではないのである。おまえが考えているこの場所は、まだ先があるであろう。そして、それは永遠に繰り返す。
その中の一部分を区切って見れば、子育てが下手だというおまえの捉え方もその通りだろう。しかし、おまえが求める理想の人間の姿というのはどこにあるのか。それは、今の延長線上にある。それを光の世界と言うならば、その対極にある闇、つまり愚かしさから始まって、そしてプロセスを踏んで光の世界へ行き、また闇へ還るようにしたのだ。それが私の意志であり、私の実態なのである。」

これは、現代科学ではまったく裏付けのできない話です。しかしカタカムナに出会うと、まさしくその通りであることがわかります。そして今、トキが来たことを感じています。
70数億の人間の中で、こういった宇宙観を持ち、それを生きることの中で表そうとしている人々が、微細ではあるけれども現れました。ここの人たちは、その顕れですね。

地球上に生命が現れる時に、物質的な変化を繰り返す時間が長くありました。一番の奇跡は、アミノ酸からタンパク質ができて、そこから最初の細胞が生まれて、細胞分裂を始めたことです。それはとてつもない奇跡です。
そういった宇宙的奇跡が、地球上でたくさん繰り返され、長い時間(宇宙的には一瞬の出来事)をかけて、私たちは進化(現在の状態)してきました。

近年、人類は自我を表現し、それを実現することを喜びとして、自分が理解できることを正しいとしてきました。そんな中で社会制度も進み、今の私たちの社会の基盤である民主主義が生まれたのです。
民主主義というのは、人々の欲望を叶えていくことを請け負った者たちが、民衆を代表して政治を司る世界です。そこでは、人々の欲望を叶えることが政治の目的となり、人々は欲望を膨らませることを社会の豊かさとして求め、人々の願望は社会秩序を乱す元となっていきます。そのような世界では、人としてこの世界に果たすべき役割に目覚めることはできません。ですから、今の人類の価値観のもとにある民主主義の世界では、人類に本質的な進化はもたらされないのです。

宇宙にふさわしい形態はどういうものかというと、宇宙の法則が降りてきて、その法則に則って人々を導く者にすべての人々が託すことで成る世界です。それは、過去に宗教の教祖や王による統治などの形で試みられましたが、そこには、人間離れした神としての存在である優れた者とその他の者たちという構図ができあがりました。そこには自ずと格差が生まれる結果となり、その世界では不完全だったのです。

では次に何が考えられるかというと、宇宙に遍満しているたった一つの法則に共鳴し、その宇宙法則を感じて人間たちが地上を生きる世界です。優れた者が地上に降り立ち、他の者はそれに救いを求めるという構図は、支配構造を生みます。しかし、特別な誰かが降りるのではなく、地上にいる者たちが宇宙の秩序を知り、その法則を柱として生きたら、すべての人間は天を生きることになります。
一人ひとりにはそれぞれに相応しい役割(個性)があり、それぞれが自らの意志で宇宙秩序を生きるわけですから、それはある意味、究極の民主主義です。そこに生きる個性ある人々の柱となるものは、個人の欲望から生まれるものではなく、共通した宇宙法則なのです。そこでは、人々の行いはこの世界の秩序を保つための役割であり、人々が集えば集うほど世界は豊かになり、高い精神性のもとに尊い社会が営まれていくことになるのです。

この世界を導く意志は、ひとつです。それを受けて、地上を生きる者たちは、ひとつの法のもとに個性ある豊かな世界を創るのです。これが、柱が立ってこの世界の現象が生まれるという造化三神の姿です。
そういった考え方は、人間が「そうだ、この世界はそういうふうにできているのだ」と理解すれば、たちどころに成ることです。しかし残念ながら、こういった話をしていても、その位置に意識レベルが行っていない者にとっては、なんだかわけのわからない話をしているとか、あやしい世界だということになります。それが今の世の現状です。

この世界を自らが理解できる方へ探求していくと、その人間の精神のレベルのままに理解することが進み、未知なるものに出会い、新たな意識が自らに湧き出すことは起きません。とかく人は、現在の自らの認識を持ってこの世界を正邪で判断しようとするため、そのような過ちに陥るのです。
人が進化するとは、自らの現在の意識を超えて、次の段階へ進む階段を昇るようなものです。今の認識をフリーにして、囚われのない精神状態で、常に新たなものを受け入れることによって、初めて人は進化の道を歩むことになるのです。

ところが、進化することの意味が分からず囚われる者にとっては、進化することは自らの認識が変わることであり、囚われから外れることは恐れを生むことにもなるのです。従って、囚われの中にいる縛られた人間は、現状を保ち、進化しないことを自らを守ることとし、それを良しとするのです。多くのものを所有できる現代社会においては、宇宙法則から外れた亡者のようなものたちが、物や知識を所有し、物や知識のあふれる川に溺れているようなものなのです。そのような者たちがもてはやされ、時代を導く者として高い評価を得ているのが、今の時代の実態です。

今この時代に至って、この世界の実態や自らの実態を離れて客観的に観る視点を持ち、その背後にある時代が示す示し(客観背後)を受け取り新たな社会秩序を見出すことは、行き詰ったこの世界を救済するためにもっとも必要な意識であり、それは明白なことなのです。

ところで、僕は今日を大晦日だと考えていました。そうしたら、天と通じている人がいました。大和の国の風習では新年を迎える前の晩には蕎麦を食べることになっていますよね。

みんな:
あっ!!

その日の夕食に、やじーの手打ち蕎麦が出たのでした。
その日の夕食に、やじーの手打ち蕎麦が出たのでした。

いさどん:
これは、誰か予め打ち合わせをしていたのでしょうか。誰か、今日は大晦日だと考えてやじーに智恵を貸した人がいたのでしょうか。
僕は、今日は七日七夜の質的転換の最終日で、大晦日だなと思っていました。けれどもそんな話はみんなにしていませんでした。そうしたら、今日の午後に湧泉閣に帰ったら、玄関に粉だらけのスリッパが置いてあるのです。何だこれは、と思ったら、やじーが蕎麦を打つとのことでした。そういうことか、と。天を生きている者がいるな、と思ったのです。
そこで、その天を生きている者に話を聞きたくなったので、蕎麦を食べる前にひまわりに電話をして、「おじーはいるかい、あ、違った、やじーはいるかい」と聞きました(みんな:笑)。そうしたらなかのんが出て、全然反応しませんでした(みんな:笑)。
それでやじーが電話に出たので、どうして今日蕎麦を打ったのかと聞きました。そうしたら、やじーが言うには、晦日蕎麦と言って、月の終わりに次の新しい月を迎えるために蕎麦を食べる風習があるのだそうです。それなら毎月月末に蕎麦を打っていたかというと、そんなことはなく、今日に限って打ったわけです。そこで僕はやじーに、今日の蕎麦は大晦日の蕎麦だよ、と言いました。あなたは天と共に生きる人だね、と。

先ほど僕はみんなに、いろいろと難しい話をしました。けれども、みんなはそんな難しいことを考えなくてもいいのですよ。
ふっと、蕎麦を打ちたいな、という想いが湧いて、それが9月30日だった。そしてそこまでのいきさつを丁寧に探っていったら、実はその日は大晦日だった。何気なく、ふっと、蕎麦を打ちたいな、と湧いてきた想いが、丁寧に丁寧に探っていったこととちゃんと一致したのです。
丁寧に探るのは、この世界はどのような仕組みになっていて、世界観を広く持つにはどのような捉え方をするべきか、そして天意とは何であるか、天と共に生きるとはどういうことかを思考することです。その思考について来られる人はなかなかいません。しかし、ふっと蕎麦を打ちたいと思い、それが天のタイミングと一致したならば、それを偶然と言うのかと言ったら、それが天と共に生きるということなのです。

ですから、難しい話をする人はそういう役割としているかもしれませんが、人の個性はいろいろですから、誰もが同じようにする必要はないのです。何気なくふっと行動したことが、難しく丁寧に、広い世界から順を追って法則を探りたどり着いたポイントと、パッと一致するのです。
ポイントと言うのは、毎日どころか、瞬間瞬間がポイントの連続です。天を生きれば、そのポイントといつも一致していくのです。

広いところから狭いところまで本当に幅広く緻密に探ってたくさん思考をする時には、柱に添って思考します。柱がないと脇へそれていき、元に戻ることを忘れてしまいます。
我々は、振動しながら自転して公転し、歳差運動までしながら進んでいる(地球の歩み)のですから、柱がなければずれていってしまいますよね。基軸となる太陽があるから、我々(地球)はずれずに進んでいくことができるのですよ。そして太陽も、銀河の中心(セントラルサン)があるから、それができるのです。

柱が立っていれば、何も段取りをしなくても、すべてのことがぴたりと一致(阿吽の呼吸)していきます。そういった意識を持った人は、わからないけれど今目の前にこれがあるからやろう、と受け取るようになります。わからないからこそ、わくわくするのです。元々わかっていることを安心してやったら、結果もわかっている範囲内のものですから感動はたいして湧きません。しかしわからないからこそ、いったい何が起きるのだろうと心がわくわくするのです。

そのように宇宙法則に従って正の方向に思考する人は希望を持って未来を迎えますが、人によっては、わからないからと言ってわざわざ不安を未来にイメージし、反の方向へ思考を回す人もいます。そういった人には、その思考に相応しい未来を、宇宙法則が与えてくれることになります。そんなバカバカしいことに囚われて、必死に自分を守ろうとして毎日を生きている人がいますが、ちょっと自分を離れて客観的に観る視点があれば、そんなことはたちどころにやめられるものです。皆さん、やめましょうね。(みんな:笑)

今日は大晦日ですから、新年を迎えるにあたってのけじめの話をしよう、そういう場所であるべきだ、と僕は思っていました。だけどその前に、やじーにやられましたね。そう思いませんか?

(みんな拍手!)

ようこ:
本当にびっくりした。今日が大晦日だというのは私といさどんの間だけで話していたのに、誰の誕生日でもないのに蕎麦を打っている人がいて、あれっ、年越し蕎麦だ!って(笑)。

やじー:
今日は、いつも蕎麦打ちを手伝ってくれているみっちーの体調が悪くて、蕎麦を明日以降にずらすこともできたんだけど、なぜか今日だったんですよね。一人でもやるか、と。後でわけを教えてもらって「そういうことだったのか」と思ったけど、自分では意識してなかったです。

いさどん:
わからないけれど何かしら感じるものがあって進むと、その意味の深さや大きさ、そしてそうやって生きることの大切さが、後からわかってくるのです。これが天と共に生きるということです。
考えて考えて先に理由をわかって「これなら行くぞ」というのは人智です。それはどういうことかと言うと、自分の思っていることを叶えたい、ということです。自分の思っていることを叶えるということは、それが叶った後も、その前と変わらない自分がいるのです。

この七日七夜の最初の日に話した話を覚えていますか。

18538

今日も明日も明後日も、生まれた時から死ぬまでピーーーッと一直線。これはある意味、宇宙の法からは外れています。同じ状態をずーっと続けている状態は、変化・変容・変態を繰り返す宇宙からしたらおかしいのです。
ピーーーッと一直線に進んでいるということは、霊的には順調ではないということです。本来変化して行くものが、何かに囚われて同じ状態を保っているということですから。
宇宙の法を生きるということは、図に現せば山があり谷があり、だんだんと上がっていくということです。それは、人生を通して私たちがいろいろなことに出会い経験することと、同じことなのです。それが正常な状態だとすると、ピーーーッと横一直線に進んでいるのは、落ちているということなのです。魂は輪廻転生を繰り返しますから、何も変化なく一生を終えた人は霊的には落ちているということであり、その落ちた位置から次の生をスタートすることになります。

ちょっと、今から皆さんを、芸術の世界へご招待しようと思います。

(ここで突然、音楽が流れ始める。)

みんな:
なにこの曲??

いさどん:
みんな、細胞にこの曲が刻まれてないですか?

こうちゃん:
刻まれてる~。

みんな:
知らな~い!

いさどん:
知らない?これは『映像の世紀』のテーマ曲です。

『映像の世紀』
戦後50年を記念し、1995年から1996年にかけて「NHKスペシャル」にて放映された全11集のドキュメンタリー番組。日本国内はもとより世界各地から、二度の世界大戦やベトナム戦争などを含む20世紀の記録映像を収集し、現代の視点から20世紀の記録を克明に映し出して、多くの反響が寄せられた。

こうちゃん:
昔、本宅でみんなで観たよね。

いさどん:
第4集(ヒトラーの野望~人々は民族の復興を掲げたナチス・ドイツに未来を託した)、第5集(世界は地獄を見た~無差別爆撃、ホロコースト、そして原爆)あたりは、本当に地獄です。ここからさらに、第7集(勝者の世界分割~東西の冷戦はヤルタ会談から始まった)へとつながりますが、そのような世界では、戦争に勝っても負けても犯罪者です。そして東西の核の対立があり、ベトナム戦争へと続きます。いつまで経っても、人類の対立は止みません。

第二次世界大戦を経てアジアの国々が独立するわけですが、そこでもまた多くの殺戮が行われました。イギリスのチャーチル、アメリカのルーズベルト、ソ連のスターリンによるヤルタ会談では、戦後の自国の領土をどうするかということが話し合われました。ドイツのヒトラーや日本の軍閥の浅はかさがそこには映し出され、勝者が善になっていますが、実は勝利者の中にも恐ろしい精神が隠れているのです。
それが、今の時代になってやっと観えてきました。2012年12月21日に銀河の冬至を迎え、戦後70年の今年は、これまでの終戦記念日とは違ったものが放送されていました。愚かしさというものが戦後の体制によって裁かれてきましたが、実態はそうではありませんでした。真実は、その時代に関わったすべての者たちの意識を示すためにあったのです。

『映像の世紀』は戦後50周年に制作されたもので、その時にはそれを観た人々は気付けませんでした。
戦争はすべてが悪であり、被害者になると、どちらが善でどちらが悪ということはない、とよく言います。しかし本当の意味で、自分の立場を離れてこういったものを客観的に捉える時代が始まったのです。時代は、そういった解釈ができる時代に突入したということです。

先日、中国で抗日戦勝利70周年記念の軍事パレードがありましたね。あの時に、習近平国家主席は日本の軍国主義についての話をしました。いくら日本が安保法を進めていると言っても、あの時代の軍国主義とはもう違うでしょう。けれども、彼らはまだその亡霊に憑りつかれて、何に怯えているのか、或いは何の利権を争っているのか、未だに戦後のままの意識で主張しているのです。
先日、習近平国家主席はアメリカでオバマ大統領と会談しました。アメリカは中国のサイバー攻撃と海洋進出に抗議し、中国はサイバー攻撃については共に原因を探求していきましょうという話で濁し、海洋進出については、元々我が国の領土であるところを我が国の権利として開発することに我々は何ら揺らぐものはない、と主張していました。確かに中国には長い歴史がありますから、何千年という昔にはそういうこともあったでしょう。しかしそんな話を始めたら、みんながそういった主張をするようになります。まだそんな解釈によって自分の主張を繰り返しているのです。そして問題が解決しない状態があるのです。
極端なことを言えば、地球すべてが自分のものだという意識に行きつくでしょう。なぜかと言うと、私たちの先祖はひとつだからです。

第二次世界大戦の時、連合国軍がアウシュビッツへ足を踏み入れると、静寂の中に異様な匂いがしたそうです。それが何の匂いであるかは想像がつきました。人間の匂いです。そこで彼らが見たものは、人間はここまでのことをするのだ、という世界でした。そしてそれを他人ごととは思えなかったと言います。私の中にもきっとこういったものがあるのだろう、と思ったそうです。
扉を閉めてある部屋があり、中へ入ると、そこには餓死者がたくさんいました。そこで彼らは、初めて人食いの痕跡を見たそうです。死んだ人間のお尻に人がかじりついていて、そのかじりついている人間も死んでいました。
それは、人間のやることです。

日本軍も、フィリピンのミンダナオ島でジャングルに逃げ込み、食料のない中を生きていかなければなりませんでした。
生き延びた人たちの証言によると、島の中を歩いていくと、あたりに倒れている兵士の死体のほっぺたが、みんなそぎ落とされてなくなっていたそうです。ナイフでそぎ落とすのは、ほっぺたが一番簡単らしいですね。
そして煙が上がっていて、人がいるんだと思い行ってみると、香ばしい香りが漂ってくる。近付いてみると、そこで肉を焼いていた兵士たちがこちらを見たそうです。その目が、人間の目をしていなかった、と。

そういった世界にまで、人間は行きついてしまうのです。それを他人ごとにしているから、今の時代が先へ進まないのです。

世界の指導者に、本当に平和を望んでいる人はいるでしょうか。
例えば、中国の国父と言われる孫文。彼の弟子が蒋介石であり、周恩来、毛沢東であり、戦後に国民党軍と八路軍とに分かれて戦い、殺し合った人たちです。
それから、ベトナムのホー・チ・ミン。ベトナムを独立に導き、今も国民から慕われています。その独立の過程では多くの戦いがあり、人々が死んでいきました。
そして、ガンジー。平和を訴え、非暴力・不服従をうたいました。その時の映像をよく観てみると、暴力をふるうイギリス兵に対して、非暴力を掲げて果敢に挑戦する、非暴力の暴力をふるっている人たちがいるのです。
それを非暴力と言うのでしょうか。その結果どうなったかと言うと、最後には非暴力が「勝った」と言うのです。暴力がないところに、勝ったも負けたもないはずです。そこでは、ただ銃を使わなかったとか相手を殴らなかったというだけで、精神はイギリス兵と同じなのです。

そのことをわからないと、人類はこの先へ行けません。いつも自分の側が正しく、相手の側が間違っていると考えている。いつも、結果的に勝利した側が正義で、負けた側が悪になる。
『映像の世紀』のホロコーストの話は、ユダヤ人が強制収容所に送られるところから始まっています。強制収容所ではたくさんの人が殺されました。しかしその前に、この民族がどういうことをしていたかということは、そこでは何も語られていません。お金や力で権力を操ってきて、それに危機を感じたヒトラーが制裁を加えたとしたら、因果応報が現象化したとも言えるのです。そして今なおその精神は衰えずにイスラエルという国につながり、アメリカの社会を操り、その保護のもとに核兵器を持って、パレスチナを蹂躙しています。そういった世界では、どこにも正義などないのです。

20世紀までの映像を観て、正義はどこにもありません。人間の本質があるだけです。

 
1ea5e0ac6f6322aad3f285affd0832bb

 
木の花ファミリーは、最初は木の花農園という名前でした。農的共同体でしたから。それがなぜ木の花ファミリーになったかというと、外国人やたくさんの人々が訪れるようになり、農園という枠を超え始めたからです。そして木の花ファミリーとなり、それはアースファミリーであるという精神で歩んできました。
それは、今の社会のある一部の人たちが、この生き方は世の中の最先端だね、それを世の中に広めたいね、ということで始めたことです。けれども実際は、その先にこんな世界があるなどということは想像もしていませんでした。当初は物理的にも狭い世界で生きていました。たまたま僕の奇妙な話に共鳴したスピリチュアルな小集団がこの暮らしの始まりとなっただけで、わけもわからず突き進んできたのです。
今は80人になりましたが、相変わらず小集団であることに変わりはないですし、やはりわけもわからないまま突き進んでいます。けれども、わけがわからないということの質が変わってきました。

わけがわからないまま進めることは、結果を求めないということです。結果を先に決めるのではなく、今を大事に生きることで、結果はついてくる。その時にどういう結果が得られるかは、行ってみないとわからないのです。
誰でも、嫌なことには出会いたくないものです。そして納得のいく結果を求めたくなるものです。先に嫌なことは嫌だと言って、都合のいいことを考えて、納得のいく結果を想定してやって来たのが、これまでの人間の創り出した社会です。けれどもずーっとさかのぼれば、長い人類の歴史の中で、人間がこれほど横暴なことをするようになったのはつい最近のことなのですよ。それこそ250年前のヨーロッパ産業革命以降です。それは、地球誕生から46億年の歴史を1年に例えたとしたら、12月31日の最後のたった2秒間の出来事なのです。

そう考えると、この生き方がなぜ今このトキに大事なのかが、理解できます。
そしてもう一つ。それをみんなが理解できたとして、あなたが今ここにいて、このトキを迎え、僕がこの話をしていることに対して、みんなは「ああ、そういうことか」と納得ができますか。

(みんな頷く。)

おそらくみんなできるから、ここに集っているのでしょう。
では、その納得できるという心を持って、世の中を見渡してみてください。我々と同じように1995年にこの『映像の世紀』を観て、今年の戦後70周年の様々な映像を観て、同じように刺激を受けている人たちがいるはずです。我々はこれらの映像を通して、だから自分はこの生き方をしているのだ、と自らの歩みを納得することができます。しかし世の中の人が、この映像を観て、今の生き方とつなげて納得できるかというと、できないでしょう。
わからないのは、考えていないからです。だから観えないのです。

みんなは今ここにいて、この話を聞いています。今日は大晦日で、その裏付けとしてやじーが手打ち蕎麦を打ちました。これはこじつけでしょうか?
僕は、そういうものだと思うのです。それを偶然ではなく、これが天と共に生きるということであり、宇宙を生きるということであり、星の意志を受け取って生きている人たちの生き方であるとわかることなのです。

秋分の前日に、頼みもしないのにある人が秋分の意味を送って来てくれました。そして満月の前日には、また別の人が満月の意味を送ってくれました。誰かがそんなものを送ってほしいと頼みましたか?こういうことを考えているのでその裏付けとなる資料を送ってください、なんて頼みましたか?
そういうふうに、宇宙を意識して日常を生きている人は、当たり前のようにポイントがはまっていくのです。
毎日の瞬間瞬間の思考の一片一片が、すべて宇宙と共にあるのです。宇宙の星々の意識をもらって生きているのです。同時に、自分がここで何をどう表現するのかが、星を運行させているのです。

一昨日、父上からメッセージがありました。

「これからは力強く支援するぞ。流れが変わる。
 それに遅れをとらぬように、よろしく頼む。」

力強く支援すると言われると、あさましい人ならば自分が得をすると思って喜ぶかもしれません。けれども力強く支援するというのは、おまえたちが今まで歩んできたのは難しい道だった、手探りでやってきて御苦労であった、私もそれを認めている、もう一つ扉を開けるからその歩みが明快に観えてくるぞ、だから確信を持って行け、ということです。
そうすると、エネルギーが少なく楽をして行けると思うかもしれませんが、そうではないのです。
ことが明快に現れてくるということは、求められるぞ、ということです。それは楽になるということではなく、さらに心して行け、ということなのです。それに応えられるだけの者に成れということです。

新年を迎えるにあたり、改めてみんなに話があります。

ここ何年か、毎年その年のテーマとなる言葉が降りてきていました。
2015年は「船出」でした。乗組員たちが一つの船に乗っているという意識を持って、自分に与えられた部署に専念し、船が円滑に進んでいくように努める ――― と言っても、なかなかポンコツな船出ではありましたね。船の性能が悪いのか、乗組員の意識が低いのか。けれども確かに船出をしました。そしてあと4分の1が残っていますので、仕上げとして、やはり一人ひとりがこの船のどこを担っているのかを意識して、自分の分をしっかりやり、そして連携すれば、この船は2015年の目的を達成して新たな年へ向かうでしょう。

新たな年には、新たな目的が与えられます。すでに、それが何であるか僕は予感しています。
先ほど『映像の世紀』のテーマ曲を聴きましたね。何とも言えず淋しいというか、侘しいというか、暗い感じがするでしょう。その奥にあるものを感じられるところまで、僕たちは来たのです。
今年もたくさんの映像を観ましたが、なぜああいったものを観るのかと言ったら、NHKが狙っているところに我々の目的はありません。なぜかわからないけれど、NHKの担当者に「こういう番組をつくりたいな」という想いがふっと湧いて番組をつくるとしたら、そこには彼らが頭で考えて「日本人にこういうことを伝えたい」というものを超えたものがあるのです。それは、星がそうさせているのです。時代がそうさせているのです。

多くの人間には、まだそれがわかりません。けれどもここの人たちはそれを受け取るからこそ、何回も何回も、必要な時にこういったものを観るわけです。20世紀の人間たちがたくさん経験をしてきて、それを映像にまで残して振り返って、戦後70年経ってもまだ怨念が消えないほど辛い体験をしながら、それでもなお観えずにいるものを、我々は観ているのです。
たかだか80人の人たちが何を真剣に毎日夜中までやっているのかと言ったら、僕は、世界を代表しているのだと思うのです。安倍さんも周近平さんもオバマさんもプーチンさんもわかっていないことを解釈できているからこそ、名もない人たちが、こういった場所を真剣に保っているわけでしょう。

今、9月30日の午後10時35分です。もう少しで新しい年を迎えるというところに、我々はいます。
この新年は前倒し新年です。というのは、2016年に向けてしっかり心構えをつくり、相応しくなって新しい年をスタートしなさいということです。だから、四半分を与えるから、心の体制をつくってのぞめということです。

それで、2016年のテーマは何か。
テーマは、少し前にようこちゃんと話している時に降りてきました。どういういきさつでそれが降りてきたのかは覚えていませんが、何か新しい動きを感じる話をしていました。ようこちゃんは覚えていますか?

ようこ:
その時のいさどんの言葉をテープ起こししてあります。
(と言って、ホールのスクリーンに文章を映し出す。)

いさどん:
すごいね!僕が何も言っていないのにそこまで用意してる。

ようこ:
それでは、2016年のテーマ発表です!

 
■    ■  9月17日朝のいさどんの話  ■    ■

世の中はまだ十分に木の花ファミリーの実態を理解していない。しかし、我々はこの生き方は本当に大切だと理解してきたし、世の中がわからないといっても、勘の鋭いポイントの人たちにはわかってきた。そうすると、我々が投げかけることに対する受け皿が出来たんだよ。後は「発信」するだけだよ!

発信するということは、こちらが勝手に発信するということもあるが、実際のところ発信してもその受け皿がなければ、どうしようもないことなんだよ。それでは長続きしない。

ところが、発信したことの受け皿があれば、その手ごたえがあるから発信し続けることが出来る。だから、これからどんどん出していく。

それも、後ろに潜象界を置いて発信していくということだ。

しかも、その発信は、地球を意識して、地球にまわるというイメージなんだよ。

■     ■     ■     ■     ■

 

いさどん:
実は、これを発表するのは元旦だね、と話していました。そうしたらようこちゃんは「流れだね」と言っていました。そして今日、僕はここで話しながら流れを観ていたら、僕のこれから出会うであろう出来事の先を読んで、幅を持って、いつでもどこでもどんな対応もできますよという人がいて、ぴったりのタイミングでこれを出してくれました。
また、今日は大晦日だねと言っていたら、勝手に蕎麦を打っている人がいました。どちらも全く予期せぬ話で、そういう準備をしている人がいるのです。

人と人の関係というのは、自分を超えて、自分が自分を想う以上に、近くなれるのです。自分が一生懸命自分のためを想って自分を大事にするよりも、人との関係はもっと自分を大事にしてくれて、もっと自分のためになって、もっと近くなれるのです。これが、「あなたは私、私はあなた」という世界です。これが地球の姿です。これが宇宙の姿です。

そういう人間関係を、誰とも結びたい。それは木の花曼荼羅にも表されているでしょう。

72角形のすべての点を線でつなぐことで、自然と中心が現れる木の花曼荼羅
72角形のすべての点を線でつなぐことで、自然と中心が現れる木の花曼荼羅

 
いさどん:
これは難しいことですか?

みちよ:
難しくない。

いさどん:
いや、難しいですよ。確かに難しくないとも言えますが、これまでの実際の自分の歩みを、一人ひとり振り返ってみてごらんなさい。こんな自分がそんな世界へ行くのだと思ったら、難しいことでしょう。
しかしそれは、ここまで歩んできたのだから、その先の世界へも必ず行けるね、ということでもあるのです。

そこへ行くためには、自分よりもまず全体を大事にして、自我をコントロールできる人になること。たったそれだけです。

何の勉強もしてなければ言葉を話すこともない道ばたの木や草花、動物、空気・・・みんなそれをやっています。人間だけが、それをやれないのです。なぜならば自我が邪魔をしているからです。
21世紀に入り、様々な分野で最先端にいる人たちが、それができない。それは損得勘定で頭が回っているからです。しかし人間には、必ずそれができるのです。自然にならい、自我をコントロールしていけば、簡単にできます。それをやらなければもうこれ以上もたないと地球が言っています。地球というひとつの生命の中で争いが起きているなんて、おかしいでしょう。

真実は、どこからどう捉えてもひとつです。正義は解釈でいくらでも変えることができます。しかし、真理とは、どこからどう捉えてもそれしかない、というものです。
この生き方は、時代を超えて、民族を超えて、人類がこの世界で進むべき道なのです。

みんなは、外観からはとても聖者には見えませんね。(みんな:笑)
けれども、体の一つひとつの細胞が目覚めて全身が健康になっていくように、この何でもない人たちが目覚めていくことで、地球全体が健康に、美しくなっていくのです。
それが21世紀の悟りであり、「コミュニティの仏陀」として生きる、新しい意識の人々が創る社会の姿なのです。

地球は、天(宇宙)が人類に生命の理想を表現することを託した、唯一の場所なのです。私たちは、その尊い使命を負って生まれてきた者たちです。自らに囚われず、広い世界に目を向ければ、時代がそのことを私たちに示していることがわかります。その意志が受け取れたならば、私たち一人ひとりはこれからどう生きるべきかが明快にわかるはずです。
そこに、誰も指導者はいません。あなたが自らの人生を導く、あなた自身の尊い指導者なのです。

 
皆さん、新年明けましておめでとうございます!!

 

 

― 最後にみかちゃんが、「太陽の導き」という歌を歌いました ―

 
「太陽の導き」

心に輝く一番星 それは近づいてみれば 太陽だった
その太陽を心の真ん中に置いて いつも心を照らしていよう

泥のような道を歩んでいても
太陽がいつもあなたを導いてきた

歩いては転び そして起き上がり
歩いては立ち止まり そしてまた歩き始める

ここまで生きてこれたのも
こちらへおいでと手招きしている 太陽の導き

今 振り返って 自分の歩いた軌跡を
自分の心の姿を 太陽に照らして見てみよう

太陽は教えてくれる ただみんなのことを思うことを
太陽は教えてくれる いつも私の方を向いてるように

そうして生きてゆくならば この世界は生きたバイブル
いつでも振り返りひも解いて 太陽の道を歩んでゆこう

何てありがたいこの道を歩んでいるのか

あなたという小宇宙が もっと大きな大宇宙の中で
どんなふうに輝いているのか どんなふうに歌っているのか

この道は尊き道ゆえ この道は尊き道ゆえ この道は尊き道ゆえ

いつも心を太陽に向けて いつも心を太陽に向けて

歩いてゆこう

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です