お釈迦様の時代の悟りから、新たな時代の悟りへ

ある日の大人会議で、「いさどんの七夜物語」シリーズ第六話がシェアされました。

 
こうちゃん:
この七夜物語の第六話には僕のことがたくさん出てくるんだけど、自分を振り返ってみると、あのころから比べて意識的にとても変化したと思う。これはとてもいいなというか、誇れるというか、今日読み合わせた七夜物語の第六話の中でいさどんが話した境地までは、まだ至っていないと思うけれど、この先が楽しみだと思います。
これを読んで、みんなは「自分が主役であること」や「一人一人が全体性を持つことが大切」と言っていたが、それと同時に僕が思うのは、こういった意識を七夜物語のところからずっと育ててもらったのだと思っています。
この意識を日常でいつも持っていたら、常に自分が主役であるという意識を持つことや全体性を意識して心がけることに加えて、世界観を広げる意欲があれば、その延長に着実に歩んでいることを感じられるし、今度アンテナショップもできることになったので、そこにこの心をもっていけば、外の人たちに異次元空間は提供出来ると思っている。

いさどん:
人間に生まれてきた「性(さが)」、これを人間性といいますが、その人間性は生きているとどのレベルかということが問われます。人として生まれてくるものの特徴は、思考回路が複雑で、願望を持つようになり、さらに願望を膨らませることもします。そこに、長年生きてきた結果しみついた心の癖(カルマ)に翻弄されて生きれば、さらに複雑な生を生きることになります。
そういった生を通しての経験は、垢を取り去り、意識が高まって高次元の美しい人生を生きるようになるのが本来の在り方ですが、人間の性(さが)というのは低い次元の状態でいると、しみついたカルマが垢として、高次元の美しい人生に到達することの障害物にもなるものです。そして、そこで得た経験やものが執着となり、さらに人生の足かせになっていくものなのです。

現代社会において、高い地位や優れた能力を発揮し、評価されているような立場の人々が、その立場に相応しい立派なことを語っていても、その人の奥にある精神性が、自我そのものであるということが今の世の中にはたくさんあるのです。優れた能力を発揮したからといって、その奥にある性質により、その人自身の霊的な価値は図れないのです。結果それでお金儲けに走ったり、その立場に執着するようであれば、世の中に混乱をもたらす原因にもなるのです。

それは、今の時代の成功者として評価されているリーダーたちや、政治家、経済人、宗教家、教育者などなど、そういった人たちが多いのです。そのような人々は、自らの内側に向き合い、自分の魂を潔く禊ぐくらいの精神を持っていかなければ、自らは善い行いをしていると思っていても、世の中には混乱をもたらす原因となり、霊的には罪人にもなるのです。

そういった現代のからくりが、今ひも解かれる時を迎え、社会ではその裏側が各方面で暴露されてきています。パナマ文書はその一つの事例です。そのような現象は、今地球のマグマが活動期に入り、世界中の火山が活発に活動し始めたように、それはある意味、精神世界の火山が噴火し始めたようなものです。このような世の中の闇の部分は、これから益々暴かれていくことになるでしょう。

そういった時代を表現する人間の性(さが)に対して、その昔お釈迦さまは仏法を通してどのように道を示したのでしょうか。すべては、自分という認識が成立することによって世界を解釈し始めることから始まります。人のすべての解釈は、自我の成立から始まり、その自我の位置を基準としてそれを尺度とし、この世界を図り始めます。ですから、始まりの始まりは自分というものの成立から始まっているのです。

一体全体、人間とは何者なのでしょうか。そして自分とは何者なのでしょうか。ほっておけば悩むし、ちょっと迂闊にしていれば腹も立つし、妄想も膨らませれば、願望も膨らみ、それに囚われればことが成らないといって萎縮もするし、ことが成れば自信過剰にもなる、感情の荒波に翻弄される複雑な存在です。それが、それぞれの個体で個性的な特徴を有し、無数に存在しているとしたならば、このような不可思議な生き物がほかにいるでしょうか。

そんな人間の中の自分というのは何なのか。自分が存在するばかりに、この世界を解釈するのです。その解釈は、人間の数ほど尺度があり、人間の数ほど物事の捉え方が違うのです。それを客観的に観察すると観えてくるものがあります。その目線は、自分というものの自我の窓を通してしか外が見えない。どんなことをしても、自分以外の窓から見ることはできないのです。そして、この自分というものをどのように捉えるのかというと、お釈迦さまの示された道はネガティブモードの道だったのです。

その道の始まりは、生老病死に始まり、人生の全ては四苦八苦なのですから。だから、この世界に生まれ存在することの全てが苦痛であると、説かれたのです。そして、生まれ出ることが苦痛の始まりであり、生きることが苦痛の連続なのですから、その苦痛から離れるためには、どうしたらよいのかと考えたのです。そこにはたくさんの理屈があるのですが、結局は自我という尺度を持っているから苦しみに出会うのだと結論づけています。そして、諸行無常、色即是空と説いたのです。

しかし、そのような苦痛からの解放を求める境地のものに、手法としてこのように思えばいいんだと伝えたところで、その思いが湧き出す自分がいる限り、思いは湧いてくるのだからどうしょうもないのです。そこでどのように瞑想をしたところで、その結果は迷走に繋がることになるのです。それは、実態の伴わないバーチャルな体験に基づく境地を求めるものだからです。このような体験をいくら積んでも、その思考形態で生きていること自体、四苦八苦を産み出す仕組みの中にいるのですから。
そこで、どうしたらいいと思いますか?

A子:
死ぬ。

いさどん:
死ぬ?違うよ。死ぬんじゃないよ。反対だよ。

B男:
生まれなければいい。

いさどん:
そう。お釈迦さまは、生まれなければいいと示したのです。生まれなければこの苦しみを体験することもなく、結果この苦しみから解放される。お釈迦さまはネガテイブですね。(みんな笑い)

生まれてきたが、人生で出会うのは四苦八苦で苦痛の道だから、ここから逃れるためには、生まれなければいいということになります。生まれてくるということは、肉体という特定を得、自我というカルマが発生し、それにふさわしい自我の人生を生きることにより、それが次のきっかけとなり、また生まれてくる。何回も何回も生まれ変わって輪廻を繰り返すのだから、そのけじめのない輪廻に嫌気がさし、生まれないためにはどうしたらいいのか、又はなぜ生まれてくるのかを考えたのです。そうして行きついたのが、「自らに囚われ、執着する心に自我が成立することにより生まれてくる」ということ。それが人間の性(さが)なのです。

ところが面白いことに、13000年前の叡智であるカタカムナでひも解いていくと、ヒトという境地に至った存在は、完成された悟りの境地のものを指します。そこでは、「ヒトであるということ=この世界の始まりから終わりまでを悟り、統合している者=悟っている状態」と示しています。それは本来、仏教で言う、生まれてくることのないもの、もしくは生まれてきたとしても、人の性(さが)に苦しむようなものではなく、自我を超越した存在(菩薩)と示しているのです。

ところがカタカムナの後の時代、今から2500年ほど前、お釈迦様が道を示すために役割をもらって降りてきたころには、「人間は生きることにより四苦八苦するものである」というように人間性は固定されてしまい、世界は特定の王に支配され民衆には希望のない混沌とした時代だったのです。「生まれてくることがいけないんだ」と、生きること自体を否定的に捉える時代だったのです。

そこで小乗仏教で象徴されるように、現世が苦痛であることから、少しでも功徳を積んで生まれ変わり良い人生が生きられるように願うようになっていったのです。
さらに大乗仏教になると、苦痛の世界から極楽浄土を求めご利益的救済への道に変わっていったのです。そこでは本来、自我を超越する道であった探求の道が、苦痛から解放されたい願望をかなえる道に変貌し、そのことにより結果として人々はカルマにまみれていくことになったのです。

中国の天盤の巡りで示されているのは、地球上に宗教観がもたらされたのは、今から約3000年前のことなのです。そういった歴史の流れから捉えれば、そんなに古い話ではないのです。そして3000年の時を経て、天盤の巡りで示されているのは、時代は今宗教の時代を終え、新たな時代を迎えようとしているのです。その新たな時代を生きる人々は、生きることに、願望をかなえたり救済を求めるのではなく、自らが自らを正しく悟ることによって、願望(自我)に翻弄されることなく、救済される必要のない高い意識の存在(菩薩)となるのです。
そうするとこれからの時代は、宗教の時代に示されたような、「人として生まれ、人の性(さが)に翻弄され生きなければならない」というネガティブな感情からの解放ではなく、自我を理解し自我に翻弄されることなくコントロールし、その個性を有効に生かし、高い意識のもとに自らにも他者にも有益な人生を生きる人であることが望まれるのです。

3000年の宗教の時代を経て、人々が新たな時代を生きる人間性になったとき、「性」という字を「サガ」と読むか「セイ」と読むかの違いが示されてきます。そこではセイという読み方は「聖なるもの」のセイに通じることになります。そしてセイという示しは交わりの性に通じ、全ての生命の始まりのセイであり、宇宙の根源の働きに繋がるものです。そういった秘められていた仕組みが今、解き明かされ、その時代が今訪れたということになるのです。ですから、宗教の時代のお釈迦様は人々に悟りを説いたのですが、今新たな次の段階の悟りを人類は迎えようとしているのです。そのことに気づき、私たちは社会の先端を生きているのですから、そういった自覚の元に、自らと向き合って生きていきたいものです。

今日「七夜物語」の第六夜を聞いて、晃ちゃんの話がたくさん出てきましたね。晃ちゃんの精神性の成長のプロセスの一段階を見ました。晃ちゃんは、第六夜に出てくる自らの段階をみて、「自分はあそこにいたんだ」と振り返りました。そして、あそこからここへ来たんだと気づいたときに、いさどんがその後にその次の段階の話をしてくれました。そこでまだ、次の段階には至っていないけれど、以前のもっと下にいた時から今の段階にいることの意味がよく分かり、そこを目指すんだという希望が生まれた、と言っていました。

人間というものは、一人一人個性的な人間性という性を持っているのです。お釈迦様の時代は、生まれてくると四苦八苦を繰り返し生きることの結果、わかればわかるほど生きることはつらいと解釈しました。そこで、「じゃあ早く死のう」という発想になるのではなく、四苦八苦の原因を消滅させずに死んだところで、またそれが原因となって生まれてくることになり、また四苦八苦を生きることになる。ということなのだから、生きることを吟味して生まれることのないようにしましょう、という道を示したのです。この道理はそういった生に対する認識の時代にはその通りですが、それがその時代にふさわしい道理と捉えるならば、今の時代には今の時代にふさわしい道理が求められるのは当然のことです。

2012年の12月21日25800年ぶりの「銀河の冬至」を迎え、時代は闇のピークを越え、今私たちは、人間性の愚かしさのピークも観たわけです。この時代には、戦争で示されるような物理的地獄もあれば、人々の心が創り出す闇の世界もあるのです。

最近の注目すべき話題として、日本で行われる伊勢志摩サミットを機会にアメリカのオバマ大統領が70年前に原爆を投下された広島へ初めて訪れることになっているのですが、オバマ大統領は、大統領就任後に核廃絶を訴えてノーベル平和賞を受賞しました。しかし、自国の核にすら何らの対策もうたないままに、世界は核の緊張の上のパワーバランスにより、北朝鮮の核開発が進むことを誘発するような現状のままにあります。その結果、辻褄を合わせるように今回の広島訪問が実現したようにもとれます。そういった出来事も含め、人類の心の闇も極みのところへ達し、世界のリーダーや、聖職者と称される人々が現代社会の行きついた矛盾の根源であることが観えてきました。それを時代が示していると受け取れます。

そういった表面的に取り繕った見せかけの平和を唱えるのではなく、このような現状を踏まえて、ターニングポイントを超えた次の時代の聖なるものとは、どういった精神に基づく探求であるべきなのかが、これから人類が目指すべき方向性です。人間に生まれてくると、人間性という人間であることの「定め」がついてきます。人間に生まれてきたら、ほかの動物とは違って、自らを認識する、考える、願望を持つ、膨らませる、叶える、喜ぶ、ということをします。そういった願望がかなわない時には、悲観することもします。その時に我々の喜びというものは何なのかというと、今までは全部損得勘定です。この損得勘定というものは、次元によって質が全く違うのです。物理的な損得に基づく損得勘定もあれば、自らの霊的な価値が積めるか積めないかという損得勘定もあるのです。

そこが観ているところの違いで、こうちゃんはさっきの第六夜の話を聞いて、去年の9月ごろの自分に立ち返って、こういった喜びや豊かさがあるんだ、という心境になりました。そういった心境に至ったときに、人はモノやお金に縛られることから解放されます。そのような心の価値と出会った喜びや、心が成長して豊かになっていくことを通して、お釈迦様が道を示された頃の時代のようなネガティブな悟りではなく、「ヒトとしての本来の悟り」に至るのです。

それは地上を生きるものにも、天に存在するものにも共通して有効なものです。お釈迦様の時代は、「人として降りてくると四苦八苦して生きるのが大変だから生まれてくるな」というのが悟りを目指す目的の原点でした。ところがそういった苦しみの世であるにもかかわらず、後の世は、人は減るどころか大変増えて、人々は四苦八苦から逃れるどころか、欲望の感情におぼれ、かえって苦痛の種を人生にまき散らし、その結果世の中は混乱の極みに達しているのが現状です。

本来ならば、そのようなろくでもない人間は、地上の理想を目指す目的からすると不必要なものとして淘汰されるべきものです。ですから、人々が天意に沿って生きていたならば、人が生きることにより自らを磨き高め、本当に必要な魂だけで地上は安定した世界になっていくはずなのです。そして、そういった世界では本当のヒトが世界を創っていくことになります。地上で生きるにしても、「ヒトでなし」ではなくて、ヒトにふさわしい人が生きる時代がこれからの時代と考えた時、これからの人たちの損得勘定は自らを高次に導き、自らが納得し誇れる生き方をするべきです。そして天とともにクニツクリをし、地上を豊かにし、みんなが楽しみ喜べる、嬉し楽しの世を開くために生きるものであるべきです。その喜びが、自らの願いであり意志として生きるものになったときに、これこそが、新たな時代の人々(菩薩)の姿なのです。

宗教の時代の初期は、個人が個の悟りを求めて仏陀となった時代だったのです。それが優れた聖なる人の見本になりました。しかし、これからの時代は「すべての衆生に仏性あり」とお釈迦様の言葉にあるように、一人一人の精神が天意に目覚め、全ての人々が仏陀としての自覚をもって生きていく時代です。

そういった時代の幕開けを感じとったとき、そのような景色を観、そのような喜びにこうちゃんは出会ったのでしょう。こうちゃんおめでとう、ということなのです。おめで統合だね。(チ~ン♪、笑い)

丁度今、木の花の精神性を表現した発信基地としてアンテナショップの計画がありますが、このアンテナショップでは「あれ~ここはどこだろう。これは何だろう?」という不思議な雰囲気を体感できる場所を目指しましょう。そして訪れた人々が「ありがとう」と言って帰っていくときに、何か懐かしい想いを感じ、また帰宅なるところにしたいものです。そこは、本当の自分に出会え、自分の家よりも居心地がよい場所にしたいものです。そしてその場所が、物理的な場所だけではなく、心の居場所であったならば、たくさんの人がみんな帰宅なるでしょう。それは、私たちは元々そこ(心の故郷)から生まれてきて、今まで忘れていただけなのですから。そういった場所をこれから創って世の中に提供していきましょう。

こうちゃん:
3000年前からの流れ、お釈迦様の教えも金神様が言うように、今の時代になっては、人々の意識の内では逆さまになっていたということだね。

いさどん:
そうだね。「まさしくこの世は逆さまじゃ」ということ。今の人間たちは、たくさんのものや価値を所有しているでしょ。そして、本当が観えない世の中になっている。これから、それが全部ひっくり返って新しい価値観の新たな世が始まるぞということで、本当に「嬉し嬉し、楽し楽し」とみんなで共に生きていきましょう。

 

 


地球意識から銀河系意識へ

4月29日(金)〜5月1日(日)の3日間に渡って、希望の光プロジェクト第4回イベント「新しい世界を描き出す」が、木の花ファミリーにて開催されました。

今回のイベントでは、事前に準備されたプレゼン資料を紹介するだけではなく、その場で多くの実りのある話が湧き出し、今までとは一味違った内容のものとなりました。

(イベント終了後の記念写真)
IMG_2217

今回のいさどんブログでは、イベント2日目にいさどんが語った銀河系意識の壮大なお話をご紹介いたします!

 

「地球意識から銀河系意識へ!!」

冥王星が示す248年の周期によると、今から約一周前の1760年にイギリス産業革命が起こり、1766年にアメリカ合衆国が建国されました。それから248年が過ぎた2008年リーマンショックがあり、それから8年が立ちました。ですから今、パナマ文書が世界で話題になっているように、250年前に始まったイギリス・アメリカの価値観の闇が暴き出されているのです。イギリス産業革命以降、世界をリードしてきた国々が今、混乱に陥っています。それは、250年間続いた物質至上主義の世界の終焉を意味しているのです。

スクリーンショット 2016-05-03 16.21.52

スクリーンショット 2016-05-03 16.22.19

このように捉えると、安倍首相は首相になった当時、その価値観の延長に未来を夢見て、「強い日本、豊かな日本をつくっていくことがわたしに課せられた課題」と強調しました。しかし、宇宙的に観ると、もはや物質的な豊かさだけを求める時代は終焉を迎えていることが理解できれば、今やその価値観の延長に何をやっても上手くいかないことに気付くのです。ところが、安部首相はじめ今の世界のリーダーたちの思考は自国の利益のみを優先し、経済一辺倒になってしまっているのです。ですから、安倍首相にはこの「希望の光」の場にいていただきたいと思いますし、7月に開催される大人サミットにはぜひ来ていただきたいと思っています。

本来、この世界に存在するものはすべて、螺旋を描きながら宇宙空間を移動しています。ですから、そこに軸が通るのです。それとは逆に、軸のない邪(よこしま)な回転だけでは、思考回路が行ったり来たり回り続けているだけの状態です。

これは、COP20でも今度開催される伊勢志摩サミットでも同じです。そこでは今の世界の現状を画期的に改善する結論は出ないのです。それは現代医療の現場で行われている対症療法と同じで、たとえばテロ対策はどうするのか、北朝鮮をどう扱うのか、とすべて起きたことに対して対症療法をしているだけなのです。ですから、いろいろなところで問題が起きても、もぐら叩きのようにそのたびに対症療法の思考を回しているのが現状です。

そこで、G7と言わずに、もうひとりG(爺)を入れて、G8にして、僕を入れればいいのです(チーン♪)。みなさん、そう思いませんか(みんな、笑)? G7と爺1!

個人は、リーダーが悪いと言います。しかし、それは昔の話であって、王様が悪いから国がよくならないとか、宗教家が悪いから人が悟らないという時代から、これからは白陽期と呼ばれる「庶民の時代」です。つまり、わたしたち一人ひとりが目覚める時代です。

スクリーンショット 2016-05-03 16.22.58

あなたが目覚めれば、それにふさわしく国会議員を選びますよね。一人ひとりが目覚めたら、選ばれるリーダーも変わるのです。「クニ」の思念をカタカムナで紐解くと、「自由が定着したところ」という意味になります。それは、民衆が自由に振舞って調和を表現する世界です。ですから、クニとは民衆の自由意志によって、その意志にふさわしいリーダーが選ばれるべきです。どのような独裁国家であっても、民衆の心が離れたら存在することはできません。そうすると、なぜ独裁国家があるのかというと、それは民衆が支持しているからなのです。たとえばミャンマーが長い間軍事政権を続けてきたのも、アメリカ型の発想からすると、アメリカの考えに乗らない軍事政権が悪者扱いされていたのです。しかし、ミャンマーの中には軍に所属する人がいて、その一人ひとりには家族がおり、そこから送り出されていたのです。それは民衆の中から軍に参加していたことになります。ですから、軍が民衆に支持されていたからこそ、軍事政権が続いていたという捉え方もできます。それをわたしたちは、アメリカ型報道によって民主国家ではなければダメだと刷り込まれていたとも取れるのです。そこにはそれにふさわしい存在すべき理由があったのだと思いませんか?

これからの時代、一人ひとりが目覚めて世界のリーダーを選べば、世界は変わります。いつの時代でも、リーダーは必要です。ただ、トップダウンの形態によるクニの治め方ではなく、今の木の花ファミリーのような皆の総意によってなることが大切なのです。

スクリーンショット 2016-05-03 16.23.45

それは、「地球意識」から「銀河系意識」になるということです。太陽系のリーダーは太陽ですね。太陽系では、太陽が惑星を引き連れて共同で太陽系を運営しています。ところが、銀河系には太陽はありません。銀河系の中心で光っているセントラルサンは、古く年老いた星の集合体です。老齢の恒星が中心に引き寄せられて、恒星だから光るのです。それが中心に集まった恒星群が太陽のように光っているだけなのです。それは、長老が集まって方針を決め、若い者たちが運営するという全体性の中にあります。かつての原始的な社会やカタカムナ人はそのように生きてきました。

ですから、これからは「銀河系意識」の時代です!わたしたちは太陽からいのちをいただいていますが、それを銀河系からいただく時代が訪れています。それは、物理的な光から「アマハヤミ(思念の速度。光の速度の10の64乗)」を基軸とした意識によって生きるということです。そのほうがはるかに速く、優れています。

地球意識から銀河系意識へ!!
これからの時代、新たな世のクニツクリをするのは、わたしたち一人ひとりです。

 


今をどのように生きるのか~防災デーにあたって

木の花ファミリーでは、毎月満月の日を「防災デー」として、電気やガス、水道を極力使わずに釜戸や自家発電機を活用しています。今月は、1ヶ月間の真学校受講生たちにも防災ワークショップを体験してもらい、講座の中でいさどんは以下のように語りました。

■    ■    ■    ■

防災というと、人によっては恐怖をイメージするものですが、地球の歴史から観れば、たとえば生命の大量絶滅は過去に何回もありました。それは古いものを壊し、新しいものを生み出すきっかけになってきました。私たちは、人生を生きていく上で色々な出来事や困難に出会いますが、そういった困難は自分たちの今までの在り方を振り返って、新たな人生に出会うチャンスでもあるのです。ですから、地球規模で私たち生命の存在を捉えれば、それは決して悪いことばかりではないのです。

ただ、人間は今の自分に囚われ、今の状態を維持したいと常に思うわけです。維持したいと思うと、自らにとって恐怖に思う出来事が起きようとすれば、それを避けようと考えるものです。しかし、世界はこれまで一度も止まることがなく、変化・変容・変態を繰り返しています。そして、私たちも常に新しい世界を生きているのです。すべての生命が古い自分を捨て、新しい自分に出会い続けているのです。

そういったことから考えると、防災という考え方は現状を守りたい心で成り立っているとも思えます。しかし、時代は変わり続けていくのですから、何かが壊れていくということは、新たな時代の幕開けにつながるということです。今の世界情勢を観ると、地球上での人間の営みが飽和状態になってきているので、危険信号とも取れる様々な自然災害が起きようとしています。そういった災害は、これからも現実に私たちの身近なこととして起こり続けるのです。

まず、地球温暖化から来る気候の変化は、確実に今後食糧難を引き起こします。人々の考え方や生き方を変えていかないと、それは極めて身近な現実となります。しかし、今考え方を変えても、すでに今までのツケがこれから現象として現れてきますので、ある意味手遅れでもあるのです。

そうすると、それに対して私たちはどのように考えたらいいのでしょうか。
今から全てを変えてそれに対処することはできません。しかし、その必要はありません。つまり、その都度私たちはどのようにしていけばいいのかを考えていけばいいわけですし、そのような対応しかできないのです。

その時に、自分さえよければいいという「我先の心」は、奪い合い殺し合う世界を創ります。本来の日本の大和の精神は「和」の心です。「大和」とは、「大いなる調和」を意味します。その和の心があるからこそ、日本で災害が起きると、人々はつながり助け合うようになり、世界からもそういった精神を非常に評価されています。それとは逆に、海外では災害が起きるとここぞとばかりに奪い合う事件が起こっています。
ですから、大和の精神はこういった時にこそとても重要なものであり、私たちが日本人でいることの意味があると思うのです。これから、地球上で災害が頻発する時代に、そういった心を私たち大和民族は発揮する時が来ていると思います。

それと同時に、人間はこれまで物理的な豊かさを求め過ぎてきたがために、対立の世界を創ってきました。そういった世界が災害によって壊れるということは、新たな世界を創りなさいという人類に対してのメッセージでもあるのですから、広い世界観があればむやみに恐れる必要はないのです。
これまで蓄積されてきた地球上のプラスのエネルギー(破壊のエネルギー)は、いずれ現実に私たちの前に現れてくることでしょう。ただ、その恐怖を煽って、どこかに誘導しようとは思いませんし、そのように考えてもいけません。やはり、一人ひとりがそのメッセージの意味をよく捉えることが大切です。

私たちは一人ひとり生きています。蜜蜂の世界では、一匹の蜂が生きるということは、何万匹の蜂の生命をつないでいくことです。それは私たち人類も同じであり、生きるということは、自分が生きると同時に、人類という生命を次の世代へつないでいくことなのです。そこで自らを主張したところで、46億年という地球の歴史からすると、それはとても微細なことです。

そこで私たちが問われるのは、自分自身が今まで生きてきた結果、次へ何を伝えたのかということです。生きてきた結果、死を迎える時に、充実した人生だったと思うのか、それとも結局自分本位に生きて自らの価値を下げたのかが、問われると思うのです。

これまでの人類の在り方のように、ただ、物理的に生きて、物理的な喜びのもとに存在しているようでは、これから来るであろう困難は恐怖にしかすぎません。しかし、本来生きることはそうではないはずです。物理的なことを超えて、私たちがこの世界を創る一部であり、歴史の一部分を紡ぐ者であることに気付く時がいよいよ来ているのです。
私たちの実態は魂であり、そこに肉体が形成され、その器の中に魂が生きています。肉体は終わっても、魂は残ります。それがまた何かの縁により、この世界に生きるとしたら、今の時代を生きることは自分の未来を創っていることにもなります。

このように世界観を広げていけば、今をどのように生きるのかによって、未来の自分に何を与えるのかが観えてきます。そして、それはこの三次元の世界でも、今をどのように生きるのかが、自分の子供や孫だけではなく、全てのいのちに影響を与えているのです。そのような捉え方をしたら、人間の生き方自体が変わってくるはずです。その時に、私たちは新たな時代を観るのでしょう。今をどのように生きるのかが今、一人ひとりに問われる時代が訪れています。

防災デーにあたり、ただ危険が来るからそれを避けて通るという表面的な狭い視点ではなく、ぜひ広い世界観を持つきっかけにしてもらえればと思います。

そして、それは死生観にもつながります。死は必ず訪れるものなのですから、気持ち良く生きて潔く旅立っていくことができるのです。
ただ災害を防ぐだけが防災ではありません。防災を考えたときに、やはり日々の生き方の姿勢を自らに問い、そして時代と共に問うていくことが大切だと思います。


今なぜ「1ヶ月間の真学校」をやるのか

2月15日から3月14日にかけて開催中の木の花塾「1ヶ月間の真学校」では、日々受講生たちの中に変化が生まれています。今、なぜ、「1ヶ月間の真学校」をやるのか。その意味について、いさどんが語りました。

*「1ヶ月間の真学校」の様子は下記ブログにて公開しています。ぜひご覧ください!
  ↓

 「1ヶ月間の真学校@木の花ファミリー」
 
■    ■    ■    ■
 
グローバル・エコビレッジ・ネットワーク(GEN)が、創立20周年を記念する本を出版するにあたり、その中で世界の20のエコビレッジを紹介するので木の花のことも取り上げたいという話がありました。
そこで依頼された記事をこちらから送ったのですが、みちよちゃん(前GEN理事)によると、その内容がスピリチュアルで哲学的なものであり、他にもスピリチュアルな内容の記事があったため、あまりそういった内容に偏りすぎてエコビレッジがスピリチュアルに偏った場所だと思われては困るというあちらの編集方針によって、今回は掲載を見送られることになったそうです。

今、1ヶ月間の真学校に14名の受講生が学びに来ています。彼らは、何かしら今の西欧的な物質至上主義の社会に疑問を持ち、新しい生き方を求めている人たちです。そういった人たちが、歴史的にも時代の変遷を担ってきました。
今、いろいろな意味で地球が行き詰まっている中で、そういった人々が増えてきたということは、地球上に暮らす人間の生き方を変えなければいけない時が来ていることの証ではないでしょうか。

今の地球の行き詰まりの一番の原因は、人間が自分という自我に囚われて、もっと大きな世界観の視点から外れていることです。
地球は、ひとつの命です。そして、宇宙の星と星との関係も、実は生命的なつながりの調和の中にあります。しかし、人々はそういった捉え方をせずに、人間の考えだけで暴走している状態です。今の産業界や世界を推進している人々の考え方では、人類は地球に問題をもたらす生命となってしまう時が来ています。

一方、これまでのエコビレッジも、その存在の意義を見失い始めています。それはどういうことかと言うと、活動を広げてメジャーになろうとする動きの中で、西洋的発想の人々の作った組織は、スピリチュアル性を抑えようとするのです。
けれども、西洋的な情報に偏ったエコビレッジ・デザイン・エデュケーション(EDE)のような教育プログラムをやってそこで知識を得ても、特に日本の場合は、そこから実際にエコビレッジを立ち上げる人がなかなか生まれません。生まれないどころか、エコビレッジらしいエコビレッジが消えていってしまうのです。

本当に地球のことや生命のことを考えて生きていく人を育てるには、僕はある意味イスラム教の神学校を意識して、真実に目覚めるためのプログラムとして「1ヶ月間の真学校」を立ち上げました。それはイスラム教の神学校というわけではなく、世界観を広げ、真実に目覚める場です。
受講生があらかじめ求めているような情報ではなく、彼らの思考が及ばないような情報を提供することで、一人ひとりの意識を引き上げていきます。それが本来の情報提供です。彼らにとってはそれまでに考えたこともなかった世界ですが、聞いていくと道理の通った当然の話であることがわかってきます。

人類が地球上で調和的に暮らしていくためには、どうしたらいいのか。多種多様な生命が地球上で持続可能に生きていくことを、今もっとも阻害しているのは人類であるというところに、私たちは至っています。ならば、私たち自身がそのことに気付くことです。人類は生命の長として、自分たちだけを特別視せずに、新しい世界観のもとにこれまでの生き方を変えていくという役割を担っているのです。

GENの編集局は、本の内容がスピリチュアリティに偏り過ぎないようにということで今回掲載を見送ったとのことですが、世界の主だったエコビレッジはみんなスピリチュアリティから始まっています。そのスピリチュアリティを失っていくということは、生命力を失っていくということです。もともとの精神性を忘れて、世界の主流になっている地球環境問題の方にエコビレッジを位置付けていますが、今エコビレッジの活動自体が広がらなくなってきています。
今回の編集をしている人々には、世界のエコビレッジがスピリチュアリティに偏っている団体だと思われたくないという意向が働いています。そういった世界の風潮とは逆に、精神性を重視しているものが健全であり、だからこそこういった生き方をやり続けていけるということを示す時が来ていて、それはまさにこれからというところなのですが、今までの世界の傾向に合わせてその部分をカットするのです。

今、真学校を始めてみて、受講生のマインドコントロールが進んできたなと思います。そのマインドコントロールとは、一般的にイメージされるような人間の思惑によってなされる洗脳ではありません。
その人の枠の外にある情報を提供することによって世界観を広げ、視点を高くすることで、今の社会がどういう状態なのか、その社会に疑問を感じているとはどういうことなのかということに目覚めさせて、自分がこれからどう生きることが、自分にとっても地球にとってもいいことなのかということを考える力を身に付けていくのです。
それは、自らの心の性質を客観的に捉えて自分でコントロールしていくこと、つまりマインドコントロールであると言えます。そのコントロールによって、自分にも他の生命にも、地球全体にとって健全な世界を創っていくのです。それが尊い生き方です。

人々はまだ、エコビレッジ業界の人達も含めて、20世紀型の豊かさの延長線上に幸せを求めています。ところがそれでは、この宇宙の中で地球だけに生命があり、人間はその中でも特別な存在として宇宙や地球生命への責任があるということが、いつまでたっても理解できないのです。大切なのは、エコビレッジを創るよりも、そういった広い世界観に目覚めることなのです。

今回の真学校の受講生たちは、今の世界の在り方に疑問を持っています。それは、時代が移り変わっていく時になくてはならない目覚めです。
事実として、今、若い世代が生きることに希望を失っています。産業をどんどん推し進め、それが自分自身を破壊しているのだと気付かずに欲望を広げていくようなおかしな社会に希望を見出せずにいるのです。生命力という意味で、新しい形で人々に希望を持たせる必要があります。

今はイスラム国の台頭が話題になっています。イスラム教の神学校という教育の中からイスラム原理主義が生まれてイスラム国の台頭につながっていますが、地球上の在り方として、今も、未来も、ああいったことがずっと栄えていくということはあり得ないでしょう。
けれども、それを脅威に感じている人たちはそれをつぶそうとしています。そのつぶすことも一つの自然の働きとして捉えられますが、ではなぜ今の時代にイスラム国が台頭してきたのかということを本当には振り返っていません。

イスラム国は、今の世界の主流であるモノカネ主義の結果、人間が地球環境をこのような状態に追いやってきたことの歪みとして生み出されたものです。その歪みが生んだものを単なる悪者としてつぶしたら、なぜそれが発生したのかという本当の意味を理解しないまま、社会が進化しないことになります。そうやって自らを振り返ることのない自分主導の善悪二元論的な発想が、まだまだ世界にはびこっているのです。
イスラム国が現れた意味を理解したら、人類は今の地球上での在り方を変える時が来ていることが観えるし、時代も変わるように進んでいっています。エコビレッジ業界は、自分たちが持続可能な暮らしを提供できる代表だと考えているかもしれませんが、そうやって何かを所有していると、世界全体の潮流に乗り遅れる可能性もあります。また、自らの思惑によって表現に制限をかけていては、多様性からも外れてしまうのです。

戦争の影響で日本は本当のスピリチュアリティを失ったために、なかなかそういったことが浸透していきませんが、世界的にもまだ今のような風潮が人類社会を支配しています。
だからこそ、この真学校をやっていかなければならない。そして、一人ひとりの目覚めが本当に必要になってきていると思います。

人はいずれ、必ず死にます。
そして死を境に、全ての人が、スピリチュアルな世界へと迎えられていくのです。
  
 


正直には段階がある

ただ今開催中の木の花塾「1ヶ月間の真学校」の講座の中で、いさどんが受講生の地球暦を紐解いていく時間が持たれました。その中で受講生のあわちゃんが、「地球暦では直観の惑星である水星が大事だと以前いさどんが言っていたと思うのですが、それについてもう少し詳しく教えて下さい」と質問しました。それに対し、いさどんは次のように答えました。

*一つ前の記事「正直・素直・信じる」もぜひご覧ください。

■    ■    ■    ■

直観は、思考をしないで湧いてくるものです。そして直観には2種類あり、自らの内(本質・潜在意識)から湧いてくる直観と天から降りてくる直観があります。カタカムナ的には天から降りてくる直観を受け取り活かしましょうと言いますが、人には内から直観が湧いてくる仕組みもあるのです。「あの人は嫌だ」とか「この人は信用できる」という直観は、自らのカルマが反応している直観であり、これは正直な心につながります。つまり、直観が働いている人は正直だということです。ですから、どのような時でも直観で受け取ったことを素直に表現すれば、まずは正直者であることになります。

ところが、正直にも種類があるのです。そして、正直の種類をチェックできる直観は、天から降りてきます。広い世界観から降りてきた直観は、自らの正直の中身を吟味できます。しかし、自己中心的な人によくあるのは、内から湧いてくる直観を「これは直観だからいいのだ」と考えることです。それは正直ではあるのですが、正直でも自らの癖から生まれたものは振り返らなければいけない場合があるのです。

例えば、受講生のよしてるくんの場合、直観人間なので良いこと(正しい判断)に気付くのですが、自分がやれていないのに人にはそれを伝える傾向があります。そこで、「あなたは人にはそのようなことを言いますが、自分を観ていますか?」という直観が天から降りてくるようになり、それを受け取ったら、バランスの良い人になれるのです。

僕は人生に行き詰まっている人たちに対して、「始めは何でもいいですから、自分らしく正直になりましょう」と伝えます。その後にそういった人たちは、「解放されて良かったです!良い出会いでした!」と言うのですが、そのままでいたら単なるわがままな人になってしまいます。そこからどのように自らをコントロールしていくのか、という次の段階があるのです。しかし、現代のプラス型社会の「楽になればいい」という発想の世界では、そういったことを緻密に吟味していきませんから、それで終わってしまいます。

いずれにしても、「あの人は嫌だ」という想いであっても、正直であれば真実なのです。それをまず正直に出して、まわりの人から「それはあなたの独りよがりだろう」という話になって返ってきたとしても、それは良いことなのです。そこで自らの独りよがりに気付けるのですから。そこで正直を出さないでいると、自らの独りよがりの心をチェックできません。ですから、まずは素直に正直を出すことが大切なのです。それをまわりの環境は手助けしてくれているのです。

そして、心を磨いて広い世界観が身についた時に、自らの内から湧いてくる正直な想いを、天から降りてくる直観で自らチェックできるようになります。それは天と地がつながっている境地です。

ところが、その段階まで至っていない人は、宇宙の法則に基づいて自らの心を正していくためには、まずは勇気を持って正直を出すことが大切です。出すことによって、まわりの皆(全ての環境)もある意味天の存在なのですから、皆からチェックしてもらいながら正すことができるのです。その時に、自らの世界観が狭いと、皆が伝えてくれたことを受け取れません。ですから、広い世界観のもとに、皆の意見も受け入れられる広い素直な心を持つことが大切なのです。そのように主観と客観の整合性を取っていけば、人は無限に成長していくことができるのです。

今まで僕は沢山の人たちのカルマや地球暦を観てきましたが、人はとかくそれを自らにとって都合の良いように思いたいものです。しかし、事実は他者からの目です。さらに、事実は自分がそれまで生きてきた人生そのものに現れています。そこを紐解くためには、自らの主観から来る思惑で見ていては絶対に観えてきません。ですから、カルマ読みや地球暦の己読みは、自らの主観を手放し、客観と主観を折り合わせながら観ていくことが大切です。そのためにはとても優れたツールです。
ただし、こういったものを本当に活かすためには、自らを正しく観る覚悟がいるのです。
  

木の花塾の講義資料より
木の花塾の講義資料より