いさどんの七夜物語 – 第七夜 「太陽の導き」

太陽が、真東から昇り真西に沈む、1年間で光と闇がちょうど半々となる秋分。その前夜に端を発し、「七日七夜で心の質的転換を起こします」と、ただひたすらにあふれ出る宇宙の叡智を浴び続けた七日間の、最終章です。
大人ミーティングにやってきたいさどんが、静かに語り始めました。

 

9月30日「太陽の導き」

いさどん:
今日は9月30日ですね。今年の四半分を残して、第4コーナーに入ります。

1週間前に秋分がありましたが、秋分というのは昼と夜の長さが同じになる日ですね。同じく昼と夜が同じ長さになる春分を1年の出発点とすると、秋分は1年のちょうど半分にあたります。

秋分の前日、僕は3ヶ月ぶりに大人ミーティングへ来ました。そしてこの七日七夜が始まりました。その意識は、10月1日に向かっています。そして、地球の動きや、そこから生まれる二十四節気などを意識して思考している自分がいます。
僕の中には、今日が大晦日という意識があります。新年を迎えるにあたって、この大晦日の日に大すす払いをするという意識がどこかにできていました。そして一昨日の夜中に父上からメッセージがありました。

僕は客観的なものごとの捉え方をする人で、世の中のいろいろなことに出会っても、共鳴するものはなかなかありませんでした。しかし最近、木の花の暮らしを通して出会う宇宙観や、時代を読み解いて我々はどう生きるべきなのかということを紐解くと、これこそ本当に待ちに待っていたものだ、と。そんな捉え方をしています。
それは、自分の口から湧き出たことであるからとか、自分の周りの生活にそれが反映されているから、ということではありません。僕には、内外関係なくものごとを評価する心ができています。

僕は30歳でこの道をいただき、自分自身を疑いながらも、出会う出来事の奥を観て、そこに何か真実があることを直観で感じながら歩いてきました。今ここまで歩んできて、こういった生き方に出会ったことを本当に誇らしいと思っています。

残念なことに、まだまだ人類はそういった視点を十分に持てていません。残念とは言うものの、それはプロセスでもあるのです。しかしながら、近年の人類はとても愚かしい道を歩んできました。これほど自然をコントロールし、影響を与えるようになる以前の人類は、自然のなすがままに栄え、滅びていました。ところが今は、人間のなせる業の結果、世の中に様々な問題が起きており、その愚かしさは極みを迎えていると感じています。

この世界は、自らの姿勢が自らの未来を決める仕組みになっています。自らの愚かしさの先に自らの未来を決めるのであれば、自らの尊さによって未来を決めることもできるのです。それは、人間が自我を超えるということをしなければできません。尊いとは、連携することから成されていくものです。その道の行きつく先は、この世界を理想郷に導くことです。それは宇宙も含めたこの世界の成り立ちであり、地球に表されている生態系の姿そのものです。
その中にいながらにして、人間は愚かしい道を歩むことをしてきました。その結果、今の状態があります。さて、これから我々はどこへ向かうのでしょうか。

今、この場に約60人の人がいます。世界の主だった国の代表がここに60人集まっているという設定で話ができたら、どんなにことは早いでしょう。けれども現実にはそうではなく、ここにいるのはこの生き方に共鳴した人たちであり、国連で話しているわけではありません。
それが何を示しているかというと、小さくてもいいから、人間が可能とする理想をそこに示しなさい、ということです。

理想というとずいぶん大それたことのように聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。理想というのは、たくさんのことを経験しながら、それを常に受け取り、変化・変容を繰り返していく姿のことです。それは、神の姿です。

昔シャーマニズムと出会い、僕はサニワとして、シャーマンを通して神々と対話していました。そしてシャーマンに降りてくる神々に、いろいろな質問をしました。だんだんと意識の高い質問をするようになると、その時に降臨していた神様は困惑して、そなたの問いには私では答えることはできぬのじゃ、と言うのです。

神様は、「そなたは神を完全と思うておるのか」と言われました。神様からそんな言葉を聞くとは思いませんでした。神様が完全ではなくて、いったいこの世で何が完全だというのでしょうか。「私は神様が完全なものだと思っております」と僕は言いました。すると、「神とて完全なるものはおらぬのじゃ」という返答が返ってきたのです。
それを聞いて、僕はとても困りましたね。僕の中には、何か絶対なるものに頼り、そこから道を導き出そうという心があったからです。僕は神様に「では私は、その完全でない神様に道を頂き、そこから真理を学び続けていくということですか」と聞きました。すると神様は、「そうである」と言われました。「それが神の姿である。神とは学び続けるものである」と。

この世界は変化・変容・変態を繰り返し、留まることがありません。地球暦では、太陽系の惑星はそれぞれに意味を持っており、地球は変化・変容・変態を示す星です。
宇宙の星々のサイクルはとても長く、変化・変容・変態を体験するにもとても長い時間がかかります。そこで私たちは、地球に降りて来て、肉の体をいただき、人として生きることで、命の意味を学習し、また元の世界(その元の世界とはどこでしょうか?笑)へ還っていくのです。

この世界の実態は、変化・変容・変態を繰り返すことであり、それが神の姿そのものです。カタカムナでカミを紐解くと、「カ」は宇宙の極小微細単位、「ミ」はそれが満つっているということを示しています。満つっているということは、この世界を創り続け、壊し続ける、物理性の実態そのものなのです。そのような世界の中で、何ものかに囚われ、留まることは、この世界の実態(神の実態)から外れたものになるということです。

一般社会で生きていると、自らの心の汚れが出ても、なかなかそれを自分が発しているとは思えないものです。なぜなら自我が強いからです。そして自分を観ずに、周りのせいにしていきます。そこを掘り下げる意識もないので、それが自らに原因があるとなかなか気付くことはできません。気付けなければ改めることもできないので、同じことが続くのです。
そこに気付くには、誰かのせいにしていては気付けません。気付きは、自我の囚われがなくなった状態で、ふっと降りてくるものです。

地球上に生命が降ろされて、後に人類が降ろされました。地球上で生命として生きるということ、さらに、人類として生きるということは、とても身近に自らの魂の実態を目の当たりにすることができるのです。
この世界の仕組みはすべて鏡ですから、自らの発したものが忠実に自らへ返ってきます。そして、そこから自分の姿を観ることができます。ヤタノカガミといって、八方が鏡なのです。
鏡は、汚れていると「カガミ」ですが、汚れを取ると「カカミ」になります。鏡(カガミ)から我(ガ)を取れば、神(カミ)になるということです。我々は物理的な鏡を通して、自らの姿を見ることができますが、人生を通して自らがこの世で見るもの、感じるもの、出会うものは、すべて鏡を見ているのと同じことなのです。我々は霊的な鏡に囲まれて生きているのですから。

そういったこの世界の仕組みをマスターして生きていけば、自らが発しているものが、自らをどのような意識レベルに定着させているのかが観えてきます。その意識がこの世界にどのような影響を及ぼし、自らをどのような世界で活かし、どのような世界を創っているのかがわかるのです。それがわかると、この世界に不平不満を言うことはなくなるでしょう。この世界は、私たち一人ひとりの意識によってできているのですから。
さらに、そういった仕組みがわかれば、人間は生命として何を成すべきかということが一目瞭然でわかるのです。この世界に安定や平和をもたらし、生命の世界の豊かさを表現することができるのです。

面白いのは、我々は今、完成された世界を求め、学んでいますね。完成された世界とは、ある意味、現象的には貧しい世界です。そこでは、完成されているが故に、何も起きないのですから。
この不完全な世界に生きることこそ、ダイナミックで豊かなのです。不完全だからこそ、幸せやありがたいということを感じられ、愛が求められる世界になるのです。それはある意味、ダイナミックで豊かな世界と言うこともできますね。

僕は昔、神様に「私は、人間の在り様をずっと観てきました。そしてその姿に辟易しました。人間こそ、愚かしさの頂点に立つものであると思います」と言ったことがあります。その時の僕は、人間のあまりの愚かしさを観て、人間性悪論のようなことを考えていたんですね。そして、さらに神様に言いました。

「あなたは神という立場に立ってこの世界を導くものだとしたら、なぜ人間に、血で血を洗うような歴史を歩ませて、いつまで経っても神から人間が見捨てられたと思うような世界をつくらせるのですか。子どもの出来の悪さは親の出来の悪さであると言います。弟子の出来の悪さは師匠の出来の悪さであるとしたならば、神の子どもである人間がいつまでも愚かな道を歩むのは、あなたの未熟さゆえであるとも言えますね。
あなたの隣りにこの世界と同じような宇宙があるとしたら、そこの神様があなたの創られた世界を見て、おまえは子育てが下手だな、おまえの子どもである人間はいつまで経ってもこのような愚かな世界をつくっているではないか、と、言われませんか。」

冗談のような話ですが、僕は神様にそう聞きました。そうしたら、「そうとも言えるな」という返事が返ってきました。そして神様は、こう続けられました。

「私がいた世界は完全であり、私しかいなかった。そこは光だけの世界であった。光の世界で光は見えぬ。そこは静寂の世界であり、一切の動きもない。そこでは、私は私の存在を認識できなかった。
そこで、私が私を知るために、私は私と反対のものを創った。光には闇を、天には地を、善には悪を。そしてその反対のものを私から遠いところに置き、それが私のもとへと還ってくる仕組みを創ったのだ。それがこの世界のもとである。」

そしてさらに、神様は言いました。

「今のこの場所は、私の意志の終着点ではないのである。おまえが考えているこの場所は、まだ先があるであろう。そして、それは永遠に繰り返す。
その中の一部分を区切って見れば、子育てが下手だというおまえの捉え方もその通りだろう。しかし、おまえが求める理想の人間の姿というのはどこにあるのか。それは、今の延長線上にある。それを光の世界と言うならば、その対極にある闇、つまり愚かしさから始まって、そしてプロセスを踏んで光の世界へ行き、また闇へ還るようにしたのだ。それが私の意志であり、私の実態なのである。」

これは、現代科学ではまったく裏付けのできない話です。しかしカタカムナに出会うと、まさしくその通りであることがわかります。そして今、トキが来たことを感じています。
70数億の人間の中で、こういった宇宙観を持ち、それを生きることの中で表そうとしている人々が、微細ではあるけれども現れました。ここの人たちは、その顕れですね。

地球上に生命が現れる時に、物質的な変化を繰り返す時間が長くありました。一番の奇跡は、アミノ酸からタンパク質ができて、そこから最初の細胞が生まれて、細胞分裂を始めたことです。それはとてつもない奇跡です。
そういった宇宙的奇跡が、地球上でたくさん繰り返され、長い時間(宇宙的には一瞬の出来事)をかけて、私たちは進化(現在の状態)してきました。

近年、人類は自我を表現し、それを実現することを喜びとして、自分が理解できることを正しいとしてきました。そんな中で社会制度も進み、今の私たちの社会の基盤である民主主義が生まれたのです。
民主主義というのは、人々の欲望を叶えていくことを請け負った者たちが、民衆を代表して政治を司る世界です。そこでは、人々の欲望を叶えることが政治の目的となり、人々は欲望を膨らませることを社会の豊かさとして求め、人々の願望は社会秩序を乱す元となっていきます。そのような世界では、人としてこの世界に果たすべき役割に目覚めることはできません。ですから、今の人類の価値観のもとにある民主主義の世界では、人類に本質的な進化はもたらされないのです。

宇宙にふさわしい形態はどういうものかというと、宇宙の法則が降りてきて、その法則に則って人々を導く者にすべての人々が託すことで成る世界です。それは、過去に宗教の教祖や王による統治などの形で試みられましたが、そこには、人間離れした神としての存在である優れた者とその他の者たちという構図ができあがりました。そこには自ずと格差が生まれる結果となり、その世界では不完全だったのです。

では次に何が考えられるかというと、宇宙に遍満しているたった一つの法則に共鳴し、その宇宙法則を感じて人間たちが地上を生きる世界です。優れた者が地上に降り立ち、他の者はそれに救いを求めるという構図は、支配構造を生みます。しかし、特別な誰かが降りるのではなく、地上にいる者たちが宇宙の秩序を知り、その法則を柱として生きたら、すべての人間は天を生きることになります。
一人ひとりにはそれぞれに相応しい役割(個性)があり、それぞれが自らの意志で宇宙秩序を生きるわけですから、それはある意味、究極の民主主義です。そこに生きる個性ある人々の柱となるものは、個人の欲望から生まれるものではなく、共通した宇宙法則なのです。そこでは、人々の行いはこの世界の秩序を保つための役割であり、人々が集えば集うほど世界は豊かになり、高い精神性のもとに尊い社会が営まれていくことになるのです。

この世界を導く意志は、ひとつです。それを受けて、地上を生きる者たちは、ひとつの法のもとに個性ある豊かな世界を創るのです。これが、柱が立ってこの世界の現象が生まれるという造化三神の姿です。
そういった考え方は、人間が「そうだ、この世界はそういうふうにできているのだ」と理解すれば、たちどころに成ることです。しかし残念ながら、こういった話をしていても、その位置に意識レベルが行っていない者にとっては、なんだかわけのわからない話をしているとか、あやしい世界だということになります。それが今の世の現状です。

この世界を自らが理解できる方へ探求していくと、その人間の精神のレベルのままに理解することが進み、未知なるものに出会い、新たな意識が自らに湧き出すことは起きません。とかく人は、現在の自らの認識を持ってこの世界を正邪で判断しようとするため、そのような過ちに陥るのです。
人が進化するとは、自らの現在の意識を超えて、次の段階へ進む階段を昇るようなものです。今の認識をフリーにして、囚われのない精神状態で、常に新たなものを受け入れることによって、初めて人は進化の道を歩むことになるのです。

ところが、進化することの意味が分からず囚われる者にとっては、進化することは自らの認識が変わることであり、囚われから外れることは恐れを生むことにもなるのです。従って、囚われの中にいる縛られた人間は、現状を保ち、進化しないことを自らを守ることとし、それを良しとするのです。多くのものを所有できる現代社会においては、宇宙法則から外れた亡者のようなものたちが、物や知識を所有し、物や知識のあふれる川に溺れているようなものなのです。そのような者たちがもてはやされ、時代を導く者として高い評価を得ているのが、今の時代の実態です。

今この時代に至って、この世界の実態や自らの実態を離れて客観的に観る視点を持ち、その背後にある時代が示す示し(客観背後)を受け取り新たな社会秩序を見出すことは、行き詰ったこの世界を救済するためにもっとも必要な意識であり、それは明白なことなのです。

ところで、僕は今日を大晦日だと考えていました。そうしたら、天と通じている人がいました。大和の国の風習では新年を迎える前の晩には蕎麦を食べることになっていますよね。

みんな:
あっ!!

その日の夕食に、やじーの手打ち蕎麦が出たのでした。
その日の夕食に、やじーの手打ち蕎麦が出たのでした。

いさどん:
これは、誰か予め打ち合わせをしていたのでしょうか。誰か、今日は大晦日だと考えてやじーに智恵を貸した人がいたのでしょうか。
僕は、今日は七日七夜の質的転換の最終日で、大晦日だなと思っていました。けれどもそんな話はみんなにしていませんでした。そうしたら、今日の午後に湧泉閣に帰ったら、玄関に粉だらけのスリッパが置いてあるのです。何だこれは、と思ったら、やじーが蕎麦を打つとのことでした。そういうことか、と。天を生きている者がいるな、と思ったのです。
そこで、その天を生きている者に話を聞きたくなったので、蕎麦を食べる前にひまわりに電話をして、「おじーはいるかい、あ、違った、やじーはいるかい」と聞きました(みんな:笑)。そうしたらなかのんが出て、全然反応しませんでした(みんな:笑)。
それでやじーが電話に出たので、どうして今日蕎麦を打ったのかと聞きました。そうしたら、やじーが言うには、晦日蕎麦と言って、月の終わりに次の新しい月を迎えるために蕎麦を食べる風習があるのだそうです。それなら毎月月末に蕎麦を打っていたかというと、そんなことはなく、今日に限って打ったわけです。そこで僕はやじーに、今日の蕎麦は大晦日の蕎麦だよ、と言いました。あなたは天と共に生きる人だね、と。

先ほど僕はみんなに、いろいろと難しい話をしました。けれども、みんなはそんな難しいことを考えなくてもいいのですよ。
ふっと、蕎麦を打ちたいな、という想いが湧いて、それが9月30日だった。そしてそこまでのいきさつを丁寧に探っていったら、実はその日は大晦日だった。何気なく、ふっと、蕎麦を打ちたいな、と湧いてきた想いが、丁寧に丁寧に探っていったこととちゃんと一致したのです。
丁寧に探るのは、この世界はどのような仕組みになっていて、世界観を広く持つにはどのような捉え方をするべきか、そして天意とは何であるか、天と共に生きるとはどういうことかを思考することです。その思考について来られる人はなかなかいません。しかし、ふっと蕎麦を打ちたいと思い、それが天のタイミングと一致したならば、それを偶然と言うのかと言ったら、それが天と共に生きるということなのです。

ですから、難しい話をする人はそういう役割としているかもしれませんが、人の個性はいろいろですから、誰もが同じようにする必要はないのです。何気なくふっと行動したことが、難しく丁寧に、広い世界から順を追って法則を探りたどり着いたポイントと、パッと一致するのです。
ポイントと言うのは、毎日どころか、瞬間瞬間がポイントの連続です。天を生きれば、そのポイントといつも一致していくのです。

広いところから狭いところまで本当に幅広く緻密に探ってたくさん思考をする時には、柱に添って思考します。柱がないと脇へそれていき、元に戻ることを忘れてしまいます。
我々は、振動しながら自転して公転し、歳差運動までしながら進んでいる(地球の歩み)のですから、柱がなければずれていってしまいますよね。基軸となる太陽があるから、我々(地球)はずれずに進んでいくことができるのですよ。そして太陽も、銀河の中心(セントラルサン)があるから、それができるのです。

柱が立っていれば、何も段取りをしなくても、すべてのことがぴたりと一致(阿吽の呼吸)していきます。そういった意識を持った人は、わからないけれど今目の前にこれがあるからやろう、と受け取るようになります。わからないからこそ、わくわくするのです。元々わかっていることを安心してやったら、結果もわかっている範囲内のものですから感動はたいして湧きません。しかしわからないからこそ、いったい何が起きるのだろうと心がわくわくするのです。

そのように宇宙法則に従って正の方向に思考する人は希望を持って未来を迎えますが、人によっては、わからないからと言ってわざわざ不安を未来にイメージし、反の方向へ思考を回す人もいます。そういった人には、その思考に相応しい未来を、宇宙法則が与えてくれることになります。そんなバカバカしいことに囚われて、必死に自分を守ろうとして毎日を生きている人がいますが、ちょっと自分を離れて客観的に観る視点があれば、そんなことはたちどころにやめられるものです。皆さん、やめましょうね。(みんな:笑)

今日は大晦日ですから、新年を迎えるにあたってのけじめの話をしよう、そういう場所であるべきだ、と僕は思っていました。だけどその前に、やじーにやられましたね。そう思いませんか?

(みんな拍手!)

ようこ:
本当にびっくりした。今日が大晦日だというのは私といさどんの間だけで話していたのに、誰の誕生日でもないのに蕎麦を打っている人がいて、あれっ、年越し蕎麦だ!って(笑)。

やじー:
今日は、いつも蕎麦打ちを手伝ってくれているみっちーの体調が悪くて、蕎麦を明日以降にずらすこともできたんだけど、なぜか今日だったんですよね。一人でもやるか、と。後でわけを教えてもらって「そういうことだったのか」と思ったけど、自分では意識してなかったです。

いさどん:
わからないけれど何かしら感じるものがあって進むと、その意味の深さや大きさ、そしてそうやって生きることの大切さが、後からわかってくるのです。これが天と共に生きるということです。
考えて考えて先に理由をわかって「これなら行くぞ」というのは人智です。それはどういうことかと言うと、自分の思っていることを叶えたい、ということです。自分の思っていることを叶えるということは、それが叶った後も、その前と変わらない自分がいるのです。

この七日七夜の最初の日に話した話を覚えていますか。

18538

今日も明日も明後日も、生まれた時から死ぬまでピーーーッと一直線。これはある意味、宇宙の法からは外れています。同じ状態をずーっと続けている状態は、変化・変容・変態を繰り返す宇宙からしたらおかしいのです。
ピーーーッと一直線に進んでいるということは、霊的には順調ではないということです。本来変化して行くものが、何かに囚われて同じ状態を保っているということですから。
宇宙の法を生きるということは、図に現せば山があり谷があり、だんだんと上がっていくということです。それは、人生を通して私たちがいろいろなことに出会い経験することと、同じことなのです。それが正常な状態だとすると、ピーーーッと横一直線に進んでいるのは、落ちているということなのです。魂は輪廻転生を繰り返しますから、何も変化なく一生を終えた人は霊的には落ちているということであり、その落ちた位置から次の生をスタートすることになります。

ちょっと、今から皆さんを、芸術の世界へご招待しようと思います。

(ここで突然、音楽が流れ始める。)

みんな:
なにこの曲??

いさどん:
みんな、細胞にこの曲が刻まれてないですか?

こうちゃん:
刻まれてる~。

みんな:
知らな~い!

いさどん:
知らない?これは『映像の世紀』のテーマ曲です。

『映像の世紀』
戦後50年を記念し、1995年から1996年にかけて「NHKスペシャル」にて放映された全11集のドキュメンタリー番組。日本国内はもとより世界各地から、二度の世界大戦やベトナム戦争などを含む20世紀の記録映像を収集し、現代の視点から20世紀の記録を克明に映し出して、多くの反響が寄せられた。

こうちゃん:
昔、本宅でみんなで観たよね。

いさどん:
第4集(ヒトラーの野望~人々は民族の復興を掲げたナチス・ドイツに未来を託した)、第5集(世界は地獄を見た~無差別爆撃、ホロコースト、そして原爆)あたりは、本当に地獄です。ここからさらに、第7集(勝者の世界分割~東西の冷戦はヤルタ会談から始まった)へとつながりますが、そのような世界では、戦争に勝っても負けても犯罪者です。そして東西の核の対立があり、ベトナム戦争へと続きます。いつまで経っても、人類の対立は止みません。

第二次世界大戦を経てアジアの国々が独立するわけですが、そこでもまた多くの殺戮が行われました。イギリスのチャーチル、アメリカのルーズベルト、ソ連のスターリンによるヤルタ会談では、戦後の自国の領土をどうするかということが話し合われました。ドイツのヒトラーや日本の軍閥の浅はかさがそこには映し出され、勝者が善になっていますが、実は勝利者の中にも恐ろしい精神が隠れているのです。
それが、今の時代になってやっと観えてきました。2012年12月21日に銀河の冬至を迎え、戦後70年の今年は、これまでの終戦記念日とは違ったものが放送されていました。愚かしさというものが戦後の体制によって裁かれてきましたが、実態はそうではありませんでした。真実は、その時代に関わったすべての者たちの意識を示すためにあったのです。

『映像の世紀』は戦後50周年に制作されたもので、その時にはそれを観た人々は気付けませんでした。
戦争はすべてが悪であり、被害者になると、どちらが善でどちらが悪ということはない、とよく言います。しかし本当の意味で、自分の立場を離れてこういったものを客観的に捉える時代が始まったのです。時代は、そういった解釈ができる時代に突入したということです。

先日、中国で抗日戦勝利70周年記念の軍事パレードがありましたね。あの時に、習近平国家主席は日本の軍国主義についての話をしました。いくら日本が安保法を進めていると言っても、あの時代の軍国主義とはもう違うでしょう。けれども、彼らはまだその亡霊に憑りつかれて、何に怯えているのか、或いは何の利権を争っているのか、未だに戦後のままの意識で主張しているのです。
先日、習近平国家主席はアメリカでオバマ大統領と会談しました。アメリカは中国のサイバー攻撃と海洋進出に抗議し、中国はサイバー攻撃については共に原因を探求していきましょうという話で濁し、海洋進出については、元々我が国の領土であるところを我が国の権利として開発することに我々は何ら揺らぐものはない、と主張していました。確かに中国には長い歴史がありますから、何千年という昔にはそういうこともあったでしょう。しかしそんな話を始めたら、みんながそういった主張をするようになります。まだそんな解釈によって自分の主張を繰り返しているのです。そして問題が解決しない状態があるのです。
極端なことを言えば、地球すべてが自分のものだという意識に行きつくでしょう。なぜかと言うと、私たちの先祖はひとつだからです。

第二次世界大戦の時、連合国軍がアウシュビッツへ足を踏み入れると、静寂の中に異様な匂いがしたそうです。それが何の匂いであるかは想像がつきました。人間の匂いです。そこで彼らが見たものは、人間はここまでのことをするのだ、という世界でした。そしてそれを他人ごととは思えなかったと言います。私の中にもきっとこういったものがあるのだろう、と思ったそうです。
扉を閉めてある部屋があり、中へ入ると、そこには餓死者がたくさんいました。そこで彼らは、初めて人食いの痕跡を見たそうです。死んだ人間のお尻に人がかじりついていて、そのかじりついている人間も死んでいました。
それは、人間のやることです。

日本軍も、フィリピンのミンダナオ島でジャングルに逃げ込み、食料のない中を生きていかなければなりませんでした。
生き延びた人たちの証言によると、島の中を歩いていくと、あたりに倒れている兵士の死体のほっぺたが、みんなそぎ落とされてなくなっていたそうです。ナイフでそぎ落とすのは、ほっぺたが一番簡単らしいですね。
そして煙が上がっていて、人がいるんだと思い行ってみると、香ばしい香りが漂ってくる。近付いてみると、そこで肉を焼いていた兵士たちがこちらを見たそうです。その目が、人間の目をしていなかった、と。

そういった世界にまで、人間は行きついてしまうのです。それを他人ごとにしているから、今の時代が先へ進まないのです。

世界の指導者に、本当に平和を望んでいる人はいるでしょうか。
例えば、中国の国父と言われる孫文。彼の弟子が蒋介石であり、周恩来、毛沢東であり、戦後に国民党軍と八路軍とに分かれて戦い、殺し合った人たちです。
それから、ベトナムのホー・チ・ミン。ベトナムを独立に導き、今も国民から慕われています。その独立の過程では多くの戦いがあり、人々が死んでいきました。
そして、ガンジー。平和を訴え、非暴力・不服従をうたいました。その時の映像をよく観てみると、暴力をふるうイギリス兵に対して、非暴力を掲げて果敢に挑戦する、非暴力の暴力をふるっている人たちがいるのです。
それを非暴力と言うのでしょうか。その結果どうなったかと言うと、最後には非暴力が「勝った」と言うのです。暴力がないところに、勝ったも負けたもないはずです。そこでは、ただ銃を使わなかったとか相手を殴らなかったというだけで、精神はイギリス兵と同じなのです。

そのことをわからないと、人類はこの先へ行けません。いつも自分の側が正しく、相手の側が間違っていると考えている。いつも、結果的に勝利した側が正義で、負けた側が悪になる。
『映像の世紀』のホロコーストの話は、ユダヤ人が強制収容所に送られるところから始まっています。強制収容所ではたくさんの人が殺されました。しかしその前に、この民族がどういうことをしていたかということは、そこでは何も語られていません。お金や力で権力を操ってきて、それに危機を感じたヒトラーが制裁を加えたとしたら、因果応報が現象化したとも言えるのです。そして今なおその精神は衰えずにイスラエルという国につながり、アメリカの社会を操り、その保護のもとに核兵器を持って、パレスチナを蹂躙しています。そういった世界では、どこにも正義などないのです。

20世紀までの映像を観て、正義はどこにもありません。人間の本質があるだけです。

 
1ea5e0ac6f6322aad3f285affd0832bb

 
木の花ファミリーは、最初は木の花農園という名前でした。農的共同体でしたから。それがなぜ木の花ファミリーになったかというと、外国人やたくさんの人々が訪れるようになり、農園という枠を超え始めたからです。そして木の花ファミリーとなり、それはアースファミリーであるという精神で歩んできました。
それは、今の社会のある一部の人たちが、この生き方は世の中の最先端だね、それを世の中に広めたいね、ということで始めたことです。けれども実際は、その先にこんな世界があるなどということは想像もしていませんでした。当初は物理的にも狭い世界で生きていました。たまたま僕の奇妙な話に共鳴したスピリチュアルな小集団がこの暮らしの始まりとなっただけで、わけもわからず突き進んできたのです。
今は80人になりましたが、相変わらず小集団であることに変わりはないですし、やはりわけもわからないまま突き進んでいます。けれども、わけがわからないということの質が変わってきました。

わけがわからないまま進めることは、結果を求めないということです。結果を先に決めるのではなく、今を大事に生きることで、結果はついてくる。その時にどういう結果が得られるかは、行ってみないとわからないのです。
誰でも、嫌なことには出会いたくないものです。そして納得のいく結果を求めたくなるものです。先に嫌なことは嫌だと言って、都合のいいことを考えて、納得のいく結果を想定してやって来たのが、これまでの人間の創り出した社会です。けれどもずーっとさかのぼれば、長い人類の歴史の中で、人間がこれほど横暴なことをするようになったのはつい最近のことなのですよ。それこそ250年前のヨーロッパ産業革命以降です。それは、地球誕生から46億年の歴史を1年に例えたとしたら、12月31日の最後のたった2秒間の出来事なのです。

そう考えると、この生き方がなぜ今このトキに大事なのかが、理解できます。
そしてもう一つ。それをみんなが理解できたとして、あなたが今ここにいて、このトキを迎え、僕がこの話をしていることに対して、みんなは「ああ、そういうことか」と納得ができますか。

(みんな頷く。)

おそらくみんなできるから、ここに集っているのでしょう。
では、その納得できるという心を持って、世の中を見渡してみてください。我々と同じように1995年にこの『映像の世紀』を観て、今年の戦後70周年の様々な映像を観て、同じように刺激を受けている人たちがいるはずです。我々はこれらの映像を通して、だから自分はこの生き方をしているのだ、と自らの歩みを納得することができます。しかし世の中の人が、この映像を観て、今の生き方とつなげて納得できるかというと、できないでしょう。
わからないのは、考えていないからです。だから観えないのです。

みんなは今ここにいて、この話を聞いています。今日は大晦日で、その裏付けとしてやじーが手打ち蕎麦を打ちました。これはこじつけでしょうか?
僕は、そういうものだと思うのです。それを偶然ではなく、これが天と共に生きるということであり、宇宙を生きるということであり、星の意志を受け取って生きている人たちの生き方であるとわかることなのです。

秋分の前日に、頼みもしないのにある人が秋分の意味を送って来てくれました。そして満月の前日には、また別の人が満月の意味を送ってくれました。誰かがそんなものを送ってほしいと頼みましたか?こういうことを考えているのでその裏付けとなる資料を送ってください、なんて頼みましたか?
そういうふうに、宇宙を意識して日常を生きている人は、当たり前のようにポイントがはまっていくのです。
毎日の瞬間瞬間の思考の一片一片が、すべて宇宙と共にあるのです。宇宙の星々の意識をもらって生きているのです。同時に、自分がここで何をどう表現するのかが、星を運行させているのです。

一昨日、父上からメッセージがありました。

「これからは力強く支援するぞ。流れが変わる。
 それに遅れをとらぬように、よろしく頼む。」

力強く支援すると言われると、あさましい人ならば自分が得をすると思って喜ぶかもしれません。けれども力強く支援するというのは、おまえたちが今まで歩んできたのは難しい道だった、手探りでやってきて御苦労であった、私もそれを認めている、もう一つ扉を開けるからその歩みが明快に観えてくるぞ、だから確信を持って行け、ということです。
そうすると、エネルギーが少なく楽をして行けると思うかもしれませんが、そうではないのです。
ことが明快に現れてくるということは、求められるぞ、ということです。それは楽になるということではなく、さらに心して行け、ということなのです。それに応えられるだけの者に成れということです。

新年を迎えるにあたり、改めてみんなに話があります。

ここ何年か、毎年その年のテーマとなる言葉が降りてきていました。
2015年は「船出」でした。乗組員たちが一つの船に乗っているという意識を持って、自分に与えられた部署に専念し、船が円滑に進んでいくように努める ――― と言っても、なかなかポンコツな船出ではありましたね。船の性能が悪いのか、乗組員の意識が低いのか。けれども確かに船出をしました。そしてあと4分の1が残っていますので、仕上げとして、やはり一人ひとりがこの船のどこを担っているのかを意識して、自分の分をしっかりやり、そして連携すれば、この船は2015年の目的を達成して新たな年へ向かうでしょう。

新たな年には、新たな目的が与えられます。すでに、それが何であるか僕は予感しています。
先ほど『映像の世紀』のテーマ曲を聴きましたね。何とも言えず淋しいというか、侘しいというか、暗い感じがするでしょう。その奥にあるものを感じられるところまで、僕たちは来たのです。
今年もたくさんの映像を観ましたが、なぜああいったものを観るのかと言ったら、NHKが狙っているところに我々の目的はありません。なぜかわからないけれど、NHKの担当者に「こういう番組をつくりたいな」という想いがふっと湧いて番組をつくるとしたら、そこには彼らが頭で考えて「日本人にこういうことを伝えたい」というものを超えたものがあるのです。それは、星がそうさせているのです。時代がそうさせているのです。

多くの人間には、まだそれがわかりません。けれどもここの人たちはそれを受け取るからこそ、何回も何回も、必要な時にこういったものを観るわけです。20世紀の人間たちがたくさん経験をしてきて、それを映像にまで残して振り返って、戦後70年経ってもまだ怨念が消えないほど辛い体験をしながら、それでもなお観えずにいるものを、我々は観ているのです。
たかだか80人の人たちが何を真剣に毎日夜中までやっているのかと言ったら、僕は、世界を代表しているのだと思うのです。安倍さんも周近平さんもオバマさんもプーチンさんもわかっていないことを解釈できているからこそ、名もない人たちが、こういった場所を真剣に保っているわけでしょう。

今、9月30日の午後10時35分です。もう少しで新しい年を迎えるというところに、我々はいます。
この新年は前倒し新年です。というのは、2016年に向けてしっかり心構えをつくり、相応しくなって新しい年をスタートしなさいということです。だから、四半分を与えるから、心の体制をつくってのぞめということです。

それで、2016年のテーマは何か。
テーマは、少し前にようこちゃんと話している時に降りてきました。どういういきさつでそれが降りてきたのかは覚えていませんが、何か新しい動きを感じる話をしていました。ようこちゃんは覚えていますか?

ようこ:
その時のいさどんの言葉をテープ起こししてあります。
(と言って、ホールのスクリーンに文章を映し出す。)

いさどん:
すごいね!僕が何も言っていないのにそこまで用意してる。

ようこ:
それでは、2016年のテーマ発表です!

 
■    ■  9月17日朝のいさどんの話  ■    ■

世の中はまだ十分に木の花ファミリーの実態を理解していない。しかし、我々はこの生き方は本当に大切だと理解してきたし、世の中がわからないといっても、勘の鋭いポイントの人たちにはわかってきた。そうすると、我々が投げかけることに対する受け皿が出来たんだよ。後は「発信」するだけだよ!

発信するということは、こちらが勝手に発信するということもあるが、実際のところ発信してもその受け皿がなければ、どうしようもないことなんだよ。それでは長続きしない。

ところが、発信したことの受け皿があれば、その手ごたえがあるから発信し続けることが出来る。だから、これからどんどん出していく。

それも、後ろに潜象界を置いて発信していくということだ。

しかも、その発信は、地球を意識して、地球にまわるというイメージなんだよ。

■     ■     ■     ■     ■

 

いさどん:
実は、これを発表するのは元旦だね、と話していました。そうしたらようこちゃんは「流れだね」と言っていました。そして今日、僕はここで話しながら流れを観ていたら、僕のこれから出会うであろう出来事の先を読んで、幅を持って、いつでもどこでもどんな対応もできますよという人がいて、ぴったりのタイミングでこれを出してくれました。
また、今日は大晦日だねと言っていたら、勝手に蕎麦を打っている人がいました。どちらも全く予期せぬ話で、そういう準備をしている人がいるのです。

人と人の関係というのは、自分を超えて、自分が自分を想う以上に、近くなれるのです。自分が一生懸命自分のためを想って自分を大事にするよりも、人との関係はもっと自分を大事にしてくれて、もっと自分のためになって、もっと近くなれるのです。これが、「あなたは私、私はあなた」という世界です。これが地球の姿です。これが宇宙の姿です。

そういう人間関係を、誰とも結びたい。それは木の花曼荼羅にも表されているでしょう。

72角形のすべての点を線でつなぐことで、自然と中心が現れる木の花曼荼羅
72角形のすべての点を線でつなぐことで、自然と中心が現れる木の花曼荼羅

 
いさどん:
これは難しいことですか?

みちよ:
難しくない。

いさどん:
いや、難しいですよ。確かに難しくないとも言えますが、これまでの実際の自分の歩みを、一人ひとり振り返ってみてごらんなさい。こんな自分がそんな世界へ行くのだと思ったら、難しいことでしょう。
しかしそれは、ここまで歩んできたのだから、その先の世界へも必ず行けるね、ということでもあるのです。

そこへ行くためには、自分よりもまず全体を大事にして、自我をコントロールできる人になること。たったそれだけです。

何の勉強もしてなければ言葉を話すこともない道ばたの木や草花、動物、空気・・・みんなそれをやっています。人間だけが、それをやれないのです。なぜならば自我が邪魔をしているからです。
21世紀に入り、様々な分野で最先端にいる人たちが、それができない。それは損得勘定で頭が回っているからです。しかし人間には、必ずそれができるのです。自然にならい、自我をコントロールしていけば、簡単にできます。それをやらなければもうこれ以上もたないと地球が言っています。地球というひとつの生命の中で争いが起きているなんて、おかしいでしょう。

真実は、どこからどう捉えてもひとつです。正義は解釈でいくらでも変えることができます。しかし、真理とは、どこからどう捉えてもそれしかない、というものです。
この生き方は、時代を超えて、民族を超えて、人類がこの世界で進むべき道なのです。

みんなは、外観からはとても聖者には見えませんね。(みんな:笑)
けれども、体の一つひとつの細胞が目覚めて全身が健康になっていくように、この何でもない人たちが目覚めていくことで、地球全体が健康に、美しくなっていくのです。
それが21世紀の悟りであり、「コミュニティの仏陀」として生きる、新しい意識の人々が創る社会の姿なのです。

地球は、天(宇宙)が人類に生命の理想を表現することを託した、唯一の場所なのです。私たちは、その尊い使命を負って生まれてきた者たちです。自らに囚われず、広い世界に目を向ければ、時代がそのことを私たちに示していることがわかります。その意志が受け取れたならば、私たち一人ひとりはこれからどう生きるべきかが明快にわかるはずです。
そこに、誰も指導者はいません。あなたが自らの人生を導く、あなた自身の尊い指導者なのです。

 
皆さん、新年明けましておめでとうございます!!

 

 

― 最後にみかちゃんが、「太陽の導き」という歌を歌いました ―

 
「太陽の導き」

心に輝く一番星 それは近づいてみれば 太陽だった
その太陽を心の真ん中に置いて いつも心を照らしていよう

泥のような道を歩んでいても
太陽がいつもあなたを導いてきた

歩いては転び そして起き上がり
歩いては立ち止まり そしてまた歩き始める

ここまで生きてこれたのも
こちらへおいでと手招きしている 太陽の導き

今 振り返って 自分の歩いた軌跡を
自分の心の姿を 太陽に照らして見てみよう

太陽は教えてくれる ただみんなのことを思うことを
太陽は教えてくれる いつも私の方を向いてるように

そうして生きてゆくならば この世界は生きたバイブル
いつでも振り返りひも解いて 太陽の道を歩んでゆこう

何てありがたいこの道を歩んでいるのか

あなたという小宇宙が もっと大きな大宇宙の中で
どんなふうに輝いているのか どんなふうに歌っているのか

この道は尊き道ゆえ この道は尊き道ゆえ この道は尊き道ゆえ

いつも心を太陽に向けて いつも心を太陽に向けて

歩いてゆこう

 

 

 

 

 


いさどんの七夜物語 – 第六夜 「父上より」

「七日七夜で心の質的転換を起こします」と始まった七夜物語も、いよいよ残すところあと二夜。第六夜は、子どもたちの通う柚野(ゆの)小学校の運動会の話題から始まりました。

 

929 「父上より」

いさどん:
この間、柚野小学校で運動会があったでしょう。あれはNHKの7時のニュースで放送されてたんですよ。

みんな:
え~~!!

ヒロッチ:
こんな田舎の小学校が?

いさどん:
ほんとほんと。10時からマラソンがあって、朝霧高原まで行って帰って来るんですよ。体育館では重量挙げをやってるよと言ったら、さこちゃんが「天ぷらか何か揚げてるんですか」と言ってきました。(さこちゃん、首を横に振る。)そして体育館裏では、「投げやり競争」をしていました。もういやだ~、運動会なんてやりたくない~~、とみんなで投げやりになって、審査員が判定します。一番投げやりな人が金メダルです。

ヒロッチ:
おもしろいことゆーの(柚野)う。(チーン♪)

いさどん:
2020年の東京オリンピックで新しい競技の導入が検討されていますが、投げやりを入れたらすごく面白いと思うんですけど。

ヒロッチ:
いさどん、出るでしょう。

いさどん:
僕は前向きだから出ませんよ(笑)。

ファシリ:
今日はこうちゃんの心のシェアがあるので、お願いします。

こうちゃん:
少し前から、畑隊の滞りが話題になってました。じゃが芋や、カボチャも出来が良くないし、レタスにあんなによとう虫が出たことも初めてです。作物をよく観ていなかったということと、きちんと対処していなかったことの現れだなと思います。
僕は、人から言われたことを受け取るのに時間がかかります。「こういち」という名前をカタカムナで読み解くと、同じ位置に継続して留まる人だと読み取れます。(ここでこうちゃんは、カタカムナや地球暦を使って自己分析をしました。)カタカムナで観ても、地球暦で観ても、自分がこうだと思った概念から抜けられずに変化しない人だということが表れていると思いました。でもそれじゃあ役に立たないから、超えていきます。
作物については、畑隊全体でやっていきます。人を育てるということもしてこなかったので、相手のやる気云々ではなく、自分が全体にとって何ができるかを考えて、人を育てていくということだと思います。思考錯誤しながらやり始めているところです。

いさどん:
我々一人ひとりは、肉体を与えられて、個人というベースを持っています。肉体をもらうと、そこに視点が固定され、自我が生まれます。その自我を表現するのが人間の人生ですから、それはそれでいいのですよ。
ただ、たくさんの個人が地球に降りて来る、その目的は何なのかというと、クニツクリですね。日本国であったり、人類であったり、地球というネットワークを築くことが本来の目的です。

クニツクリとは、何か使命があってそれにガチガチになってつくるものではありません。「クニ」をカタカムナで読むと、「自由(ク)に出来る、定着された範囲(ニ)」という意味になります。個人が、自分に与えられたポジションで自由自在に自分らしく生きた時に、クニツクリができるのです。
今の人間たちが自由自在に生きると、てんでバラバラの世界ができます。それではクニは保たれません。この世界が創られたもとの目的に則って個人が個性を持って降りてくるということは、個人は存分に自分の人格を表現しながら、それがイコール全体の役に立ち、全体を成り立たせることになるということです。

我々は、なぜここにこうして集っているのでしょう。今の社会は、そのことを人々が忘れてしまって、自分さえ良ければいいという「我先の心」で生きているから、艮の金神の言う「この世はすべて逆さまじゃ」という状態になっています。いいと思うことを一生懸命やるけれど、結果としてそこに問題が発生するのです。
それは、大本の仕組みからずれたことをやっているというメッセージでもあります。それを学びにすることもできますし、学びにしなくても、問題が起きたことによってそれ以上先へは進めなくなったわけですから、自動的にその無秩序は制御されます。
人間がこのままどんどん自我を膨らませていくと、人間は地球上で生きられないことになります。そこで、その予告として、この世界は様々な天変地異を起こし、メッセージを送っているのです。
今のこの世界に生きていて、多くの人の中では、宇宙と自分の生活がつながっていません。それは仕方のないことですね。そういう者だということですから。

中国に、孫文という人がいました。中国建国の祖と言われる人です。中国は巨大で歴史の長い国ですが、孫文の時代の人々は自分の生活に目が行き過ぎて、社会をどうするかという意識がないまま欧米列強の言いなりになり、半植民地化されていきました。その原因は何かと言ったら、彼は無知だと言うのです。無知な国民がいて、国は滅びていくと言うのです。
今の人間は、モノやカネに意識が行きすぎています。しかし、モノやカネをたくさん獲得したら幸せになるかというと、世の中がおかしければ誰も幸せにはならないのです。世の中がおかしくなると一部の人間だけが富を獲得するようになりますが、それは酷い社会をつくった張本人でもありますから、霊的にも愚かしく、人としての価値もないものになります。それは、本当の意味での価値を見失った、無知な状態だということです。そんな人々が暮らす国は、いずれ滅びていくことになるでしょう。

「自分」というところに意識が強く向いていると、自らの欲望に縛られ、それが満たされることで自己満足する世界に浸っています。そのような精神状態の人は、自分から湧いてきた感情を観るということをしません。自然療法プログラム卒業生のHちゃんの体験記に、妄想をしていると快楽物質が湧いてきて、その依存症になっていたということが書いてありましたね。いろんなことをやってみたけれど、自分のことしか考えていないのだから、良い世の中に貢献できるわけがないのです。それどころか、自分のためにやっていると思っていたことが、自らの滞りを生み、いずれ人生が破たんしていくのです。
先ほど話しました中国の人々もそうでした。自分の目先のことばかりを考えて、視点を広く外に向けることを怠っていたために、欧米の国々の思惑のままになっていくことが観えなかったのです。そして、知らない間に植民地のようになっていったのです。

私たちが、この世界に生まれてきて個性を持つと、今の社会のあり方のままでは、個性が増えれば増えるほど混乱して、てんでバラバラの状態がたくさんできるでしょう。ところが、大本の仕組みを理解してそれぞれが個性を存分に発揮すると、それはクニツクリになります。秩序のあるクニツクリです。つまり、人々が集い助け合って、国が豊かになっていくのです。そこの違いがわかっていない。
クニツクリに役立つのは尊い者です。尊くない者は、その証として、ひとりよがりで行動していって必ず行き詰まります。そして無駄を作るのです。

今こうちゃんが畑の話をしていましたが、作物を作るということは、我々が生きていくためにいただいていくことです。いただくということは、学ぶということでもあります。
食べるということは、私たちの生活にあまりにも身近なものです。けれども人生というのは食べるだけではありません。成長するのです。成長とは体が大きくなることだけではなく、魂や心の変化でもあります。先人たちが長い歴史を通して、心のランクというものを示して来てくれました。心の位置によって、地獄のようなところから天国まで、様々な魂の道が人間には用意されているのです。
それを忘れて食うだけに翻弄されていては、獣と同じです。ひとたび特定の檻の中に入れられたら後先考えずにすべてを食べ尽くして、いずれ自分も自滅するのが獣です。しかし、獣に与えられた能力には限界があり、広く自由なところであれば、秩序が保たれるようになっています。そのように、秩序を保つための限界をインプットされているのです。けれども人間は能力が高くなり、どんどん自然を変えて自分の願望を叶えようとしてきました。それを続けていくと、自分がその願望の虜となって盲目になり、自由をはき違えて秩序を乱し、結局は自由ではなくなるのです。

人間が畑や田んぼで作物を栽培することは、自然から命をいただいているということです。人間が自然を自由に作り変えて人工の世界にしてしまったら、きっと大きなしっぺ返しをもらうでしょう。人間の智恵を自然に反映させることは人間の定めでもありますが、本分を忘れて人間の都合だけでやり続ければ、必ずそのような結果につながるのです。我々はもともと宇宙の法のもとに、クニツクリのために降りてきたはずですから、自我をやり通して思い通りになったように見えたとしても、人生を通して必ず、自らの価値が問われます。

こうちゃんは、今年レタスによとう虫が大量に出たと言いましたが、去年だかいつだったかにも同じ話があったでしょう。秋に入っても気温が高く、雨が続いて、白菜によとう虫が出てボロボロになってしまったという話は前にも出ています。ということは、今年のことが起きる前から予告があったということです。同時に、これからの環境は農に携わる者にとって厳しいものになるという情報はたくさんもらっているのですから、ただいつも通りに作物を育てるのではなく、作物と対話して、赤子を育てるように緻密に作物を観ていく必要があります。
そういった緻密な配慮のもとに百姓をやるのは大変だと思うのか、いつの時代でも百姓は天の気と共に、その意向を受け、緊張感の中で感性を磨かれていく有り難い生き方と捉えるのか、ということです。

こうちゃんは、畑の後継者を育ててこなかったという話をしていましたね。人が集まれば、経験によってリーダーやサブリーダーが生まれることになりますが、僕は、指導者というのは対話する人だと思っています。
昔僕が畑に出ていたころの話です。他の人と一緒に作業をして、畝を立てるでしょう。その時に、畝が曲がっていることがあります。曲がっていることを知っていて行くのならまだいいのですが、曲がっていることに気付かない人がいます。そこで僕は「振り返ってみなさい」と声をかけます。曲がってるよ、とは言わずに、ただ、見てみなさい、とだけ言います。そして相手が気付くまで待ちます。相手がなかなか気付かないと、その分作業が止まりますが、それはあなたの姿勢が作業を止めているのですよ、ということです。
そして仕上がったものは、自分の心の表現です。畝が曲がっていたなら、それも自分の心だと思って観なさい、ということです。

そうすると、みんなは僕と一緒に作業をする時はとても緊張して、一生懸命自分の行った作業の結果を見るようになり、自分と対話することになります。中には、僕がいないと全く見ない人がいます。普段は全然見ないで、僕がいる時だけ緊張しているので、そういう人は僕と一緒に作業をすると疲れます。
そうではなく、僕と一緒にやった時に言われたことをマスターしたら、一人でやる時にもその経験が生かされ、無駄がなくなり、楽になるはずなのです。ところが僕といると緊張して、一人でいると気を抜いて楽になる人がいます。
だからこそ、今も僕は畑やその他の場所で気付いたことがあると「どうしてこうなっているのですか」と声をかけます。僕が行くと問題があり、僕が行かなければ問題はありません。ということは、僕が行くと問題が起きるということです。なぜなら、僕が行かなければ誰もその問題に気付かずにそのままにしてしまうからです。

そうやってみんなに伝えていくと、重箱の隅をつついて歩き回っているようで「自分は嫌な奴だな」とも言いたくなりますが、それは観えるものを観て、伝えているだけです。それは、観えるものを観ないで、物事と対話することをしないで、そのままにしている人たちがいるということです。
なぜそうなるのかと言うと、作業をすることが目的になっているからです。もちろん作業は目的ですが、そこで自分の心の姿勢を観ることによって、作業性もよくなります。それをマスターすると、忙しい時でもシャキッと仕事ができて、予定より早く終わります。それどころか、天の気に合っているから、晴れ間と晴れ間の間でピシッと作業を終われるのです。それは天気が思い通りになるということではなく、天の気を読み、天と共に生きるということです。

昨日の台風は、与那国島で最大瞬間風速81mが観測されました。それは本当に深刻な問題ですよ。これまでの最高記録は85mとのことですが、気候変動によって、これからはそれをさらに上回る台風がどんどん増えていくことでしょう。先日鬼怒川が氾濫して大水害となりましたが、それで驚いていてはいけません。国土交通省は荒川氾濫の可能性を警告し、それがどれだけの災害をもたらすのかをシミュレーションした映像まで制作しています。
これらはすべて人間の営みによるものです。しかし規模が大きいので、人々は自分には関係ないと思って姿勢を改めないのです。先ほどの野菜の話でも同じですが、自分の好き勝手ばかりやって本当のクニツクリをしないと、必ずしっぺ返しが来るのですよ。けれども、わからない人というのは自分の感情から湧き出ることだけを大事にして生きて、それがもたらすもっと大きな結果に意識がつながらないために、いつまで経っても本当が観えてこないのです。

ここにいる人たちは、そうではないでしょう。そうではない「はず」です。「はず」と言ったのは、忘れている人もいるからです。
僕は今こういった話をとうとうと語っていますが、昔は畑へ行っていい加減なことをして終わっていく人を許せませんでした。なぜならば、それはすべて自分の姿勢の現れなのだから、それをいい加減にして放っておいてはいけないのです。その姿勢を正すのが、生きるということなのですから。それは畑でも、ご飯を食べることでも、何であっても同じ、自らの姿勢を正すための生きる目的の元にあることだからです。

今は、様々な情報や人々との出会いを経て、全体をひとつの物語としてつなげて観て捉え、そこから観えてくる個人の生き様を捉えるということをしています。昔の僕のようにそれを一人でやっていても、社会の変革のためには、共鳴してついて来る人がいなければ、エネルギーが空回りして大変です。リーダーシップを取る人は必要ですが、同時にそれを受ける人がきちんと受けて、一緒に積み上げていく。みんなでそうしていったら、たくさんの目があって、いろいろな配慮ができて、ことがスムーズに進んでいくようになり、エネルギーの無駄はなくなっていきます。それは何かと言ったら、阿吽の世界です。
昔から、阿吽の場を創ろうとしてきました。物はたくさんいらないのです。「気付け」ということです。同じ目的を持っていたら、気付けと言われなくても気付きが生まれてくるのです。そこで気付かないのは、目が違うところを向いているということです。

今の世の人々は自分が存在する意味を見失って、人が集まれば集まるほど殺伐とし、豊かになればなるほどその豊かさが偏重して貧富の差が起きる世界をつくっています。そういう世界では、企む者が横行します。そういった社会では、人々は安心して暮らせなくなります。制度をたくさん作っても、その制度もざるのようなもので、お金やエネルギーばかりがかかります。そして、それが産業を大きくしているのです。
だからこそ、そうやってただ拡大していく世界から、不要なものをそぎ落として本当に必要なものだけを使ってシンプルに豊かに生きていく世界を、ここにつくりました。そういう時代が来ているのです。

こうちゃんが気の毒だと思うのは、畑隊の他のメンバーがみんなお手伝いさんだということです。いつまでたっても、リーダー以外はお手伝いさんがいるだけで、言われたことしかやりません。自分で工夫して発展させるということをしないのです。それはリーダーだけの責任ではなく、みんなの責任です。
この間はまこっちゃんがずっと滞っているという話が出ましたが、ではまこっちゃんの姿勢は誰がつくったのかといったら、みんながつくったのです。何か滞りがあればその都度出して、一つひとつのことを明快にしていけばまこっちゃんもそのままの姿勢でいることはないのに、そういう場を創らない空気がここ全体にあるから、まこっちゃんもそのままでいられるのです。言葉は強いかもしれませんが、そういった姿勢を生み出さない場がここにあれば、その都度物事が明快になって、まこっちゃんももんもんと毎日を過ごすようなことにはなりません。いつでも本音が出ているから、ある日突然「えっ、そんなことを考えていたの」と驚くようなことにはならないのです。

それと畑隊の話は、関係のないことのように聞こえるかもしれません。けれどもそういった裏表のない、風通しが良くみんなの気が通っている場ができると、物は長持ちするし、作物にも生命力が湧き出します。すべてそうですよ。波動ですから。「みんなで」というのは、みんな生きていていいんだよ、みんな生かすんだよ、という世界です。その波動は、生命にとって良いに決まっています。

少し脱線した話をします。
昨日、きょうこちゃんが病院に行ったことを報告しに来ました。検査の結果は、ガンが育っていたそうです。
きょうこちゃんは、私はこのまま手術をしないで様子を見たいと言いました。でも僕はこう思いました。確かにきょうこちゃんのガンは彼女の心がつくったものです。このまま手術をしないで様子を見たい、という強硬な心もきょうこちゃんらしいです(チーン♪)。だけど現代医学だって優れているのだから、なってしまったものはなってしまったものとしていただいて、医療の力で取り除いて、そこから改めて自分と向き合って歩んでいくのも道なのです。
しかし、僕がそう思ってもこれはきょうこちゃんの道ですから、説得することではありません。お医者さんは今が切り時だと言います。すべてはその人にふさわしく与えられたいただきものです。お医者さんの言葉もいただきもの。ガンもいただきもの。それがどうなっていくかをよく観ていくと、そこに流れが観えてきます。そしてその時に一番ふさわしい行動がサッと取れるのです。そこで損得勘定で思考をぐるぐる回しているとタイミングを逸します。

きょうこ:
今いさどんが言ってくれた通り、今日病院で検査をしたら、ガンが大きくなっているということでした。自分の心にふさわしくいただいていることだと思います。
お医者さんが言うには、現代医療的見解では、今が手術をするギリギリのタイミングだと言われました。今までは3ヶ月おきや2ヶ月おきに検査していましたが、次は1週間後に来てくださいとのことでした。よく考えて決断してくださいと。

いさどん:
そうしたら、ねじれたきょうこちゃんへのアドバイスをまたねじって受け取ったりょうちんが、現代医療とは違ったガンへの対処の仕方をネットで見つけて、今日僕のところへ持ってきました。まだきょうこちゃんには伝えていないけど見てください、と。
現代医療のガンの捉え方も、それとはまったく正反対のガンに対するとらえ方も、どちらもその通りですが、切って処分してしまえばいいという現代医療の捉え方はやはりおかしいのです。それはかえってガンが喜ぶ心です。
それに対してりょうちんが別の選択肢を持って来ました。僕は自分には過激なことをやりますが、人が過激なことをやるのはあまり好きではないので、きょうこちゃんについても、そのガンは自分の心のねじれが育てたのだから、手術をしないという決意も貫き通せないようであれば、現代医療に委ねるという選択もあるんだよ、と思っていました。しかしりょうちんが別の選択肢を持ってきた時、ああ、りょうちんのねじれがここで活かされたな、と思いました。ねじれも悪いことばかりではないのですよ。
それで今日、その資料をきょうこちゃんに渡しました。きょうこちゃんも、これはいいねと言い、同じくガンを持つさっちゃんにも見せると言うので、それなら大人ミーティングでみんなにシェアすればいいと言いました。これは心の学びですから。

畑でも田んぼでも、ここの生活全般がそうですが、誰もが全体のために、自分を有効に活かしていく、ということをしたら、それが共同体であり、共同作業なのです。
そう考えると、今までの畑隊というのは共同作業をしていないですね。リーダーが責任を持ってやっていて、あとはみんなお手伝いさんになっていますから。頭を使わず、ただついて行っているだけです。核がいくつかあったとしても、その核はてんでバラバラで連携していません。だから、キッチンと畑隊がつながっていない。収穫隊と畑隊がつながっていない。作付計画がつながっていない。そういうバラバラの現象が起きるのです。
こうちゃんは今、自分の立場としての振り返りをしましたが、同時にみんながそれに協力をしなければ、共同の場などできるわけがないのです。それがあってこそ、本当の意味での共同体です。軽いノリでみんなで暮らすといいねというものではなく、持続するには真剣さが必要なのです。

僕はこの暮らしの言いだしっぺとして、ずっと自分の役割をやって来ましたが、折に触れて言うのは、みんなの力がないとこの暮らしはできない、ということです。そういう意味で、僕はみんなと同じ立場です。ここのみんなが一人も僕に共鳴しなかったら、それは共同体とは言えないのです。共同体を目指すということは、その精神を分かち合って、自分という個性を活かしながら、この場に貢献していくことです。その精神の元にあれば、リーダーもお手伝いさんもありません。そして、人が集まれば集まるほど豊かになるのです。
今は、なぜか人が集まっても豊かになりません。逆に、人が集まることでぎくしゃくしてそこにクレームをつけて、自分に調和的な心がないことを棚に上げて正当化する人までいます。そういう人は、理屈ばかり語るのです。
人がどうであれ、自分は全体のために自分をどう活かすかということを最優先にすることです。それが、共同して生きる人たちの絶対欠かしてはいけないベースの姿勢です。

長い時間をかけて話しましたが、なぜ長い時間をかけたかというと、そのくらい広い意味で、我々は共同体の中にいるということです。それがこの世界を創っていて、その法が我々を生かしています。
それを近年の人間は忘れて、個人主義ということを言いだしました。本来の個人主義は、義務を果たす ― つまり社会に対する自分の役割を存分に全うした者が、主張するべきものを主張するということです。義務という柱と、権利という自分の欲望を主張することがきちんと統合している状態でないと、それは成り立ちません。しかし、柱がないままてんでバラバラに自分の都合ばかり考えているのが現代の社会です。それは個人主義ではなく、バラバラのエゴ主義です。
エゴからエコは生まれません。エロは生まれるかもしれませんが。(チーン♪ みんな:笑)
あのー、柚野小学校の体育館裏に競技場があってね、そこで投げやり競争というのをやっているそうですよ。もいやだ~~~とね。(みんな:笑)

こうちゃんの振り返りから、話が長くなりました。今日は6日目ですね。ここが質的転換をするためには、こうちゃんが一人で振り返って決意してもダメなのです。こうちゃんの見えるものと、その他の人の見えるものが共通しないと。そしてこうちゃんが伝えた時に、それを受け取る者が受け取らなければどうしようもないのです。
我々生命は、共同体に暮らしています。それは地球共同体であり、宇宙共同体です。それが先にあって、それをベースにした上で、自らの個性をどう活かすかという姿勢が大事なのです。

まり姉:
今日よしてるくんが、こうちゃんに対して思うことはあるけれども、こうちゃんは自分で振り返ることができる人だからあえて伝えないんだと言ってました。

いさどん:
それは、自分の性格をチェックしない人の言い訳でしょう。それは相手のためでも全体のためでもありません。自分がやらないことの正当化です。そういう人が何かを言っても、その場を創ることにはならないのです。もしもあなたが本当に全体のためを想い、言うべきことを伝えていたら「よしてるの言うことは聞かなきゃいけないな」という空気ができるはずですよ。けれども実際は自己主張をしているだけで、その場に貢献することなく終わっていくのです。それはそのままあなたの姿勢を表しています。そういったことを認められる人になるかどうかです。
それは、人に貢献することよりも、自らのことを優先している人の姿勢です。まとまりのない不調和な場がそこにできているでしょう。その場があなたの実態を物語っています。それはこうちゃんの未熟さの表れでもあるけれど、周りが一緒に創り上げようという意志がないということでもあるのですよ。そのような場であれば、当然、作物もそれにふさわしい状態になります。

我々は、天然循環法で作物を育てています。農協の指導であれば、作物を育てるのに波動は関係ありません。それで形はそれなりのものができても、中の波動は自然界の美しい姿からは狂っているので、食べればその狂った波動を取り込むことになります。我々はそういうことはしないということで天然循環法をやっているのです。そこで大切なのは、自分たちのベースが、生命として本当に生き生きして、調和していくものであるということです。それが変化・変容・変態を繰り返す宇宙の生命の姿です。
それをやるためには、みんなで力を合わせて共に場を創らなければいけません。そういう場ができたら、作物は必ず応えてくれます。周りに受け取る姿勢ができれば、伝える側もやりがいが生まれ、みんな真剣にやろうという気持ちが起きてきます。けれども、みんなで創っている場の波動の結果として今の作物の状態があるのに、その責任を全部こうちゃん一人が負うというのは辛いでしょう。

もうひとつ、万田酵素を使うとびっくりするほど大きな作物がとれると宣伝されていますが、天然循環法でそんなに大きな作物ができるとしたら、僕は違うと思うのですよ。何かと言ったら、生命とは「足るを知る」ということです。人間の我が絡んだ生命というのは、もっともっとという発想になります。大きければいいとか、たくさんあればいいとかいう発想は、ガンの元になります。
「満つれば欠ける」のが世の習いです。ほどほどの姿をしていて、素性が健全であるものは、健全な響きを発し、病気を作りません。今の世の中は、病気を作る食べ物を作っています。食べ物は、本来新しいエネルギー源として体にエネルギーを与え、それが細胞を作って我々の命をつないでいます。そこに歪んだ人工の波動が入ると、生命自体が歪んでいくのです。そして、体と心は両輪ですから、心が歪んでいくのです。

我々生命は、もともと共同するものです。ですから、この世界で、共同体は当たり前の話なのですよ。地球は一つの生命であり、生命の共同体なのですから。それが、太陽系共同体、銀河共同体、宇宙共同体と相似形になっています。それが、この世界の真実です。

*ここで、りょうちんが見つけたガンへの対処法がシェアされました。
「ガンは細胞の先祖返り」
「ガン三大療法(抗がん剤・放射線・手術)一辺倒なのは日本だけ」

いさどん:
みんなはみのるんのことを覚えていますか。アトピーが悪化して日常生活もままならなくなり、自然療法プログラムを受けにここに来て、元気になって帰って行きましたね。(詳しくはみのるんの自然療法プログラム体験記をご覧ください。)僕が最初に彼に伝えたのは、簡単に言うと、あなたはアトピーの波動を持っていますよ、ということです。その波動がアトピーの細胞を作っているのですから、波動が変わればアトピーは消えます。
その人の発する響きが、この現象世界の元となり、その人の人間性を形成して人生をつくっています。発信源は自分なのです。怒りや悩みや愚痴の波動を発しているのか、笑いや喜びや感謝の波動を発しているのか。笑いにも質があり、表面的に笑っているのか心の底から笑っているのかの質は問われます。

きょうこちゃんのガンを観ると、やはりそういうものを作る心の歪みがあったのだと思います。心のことを伝えられても条件反射的に反応するだけで、本当に自分の心と向き合わず、改めるということをしない体質が、長い間に蓄積されてガンという症状になって現れました。やはり心から改めることが大事なのです。
りょうちんが紹介してくれた代替療法も、ある意味対処療法です。健康に生きるとはどういうことなのでしょうか。ガン細胞は、何も悪くありません。発生するべき環境があるから発生しているだけなのですが、それを「ガンが悪いんだ」と思っていると、その発想自体がさらにがん細胞を作ります。そんな発想をしているなら教えてあげなければ、とガンはますます使命感を帯びてくるでしょう。

この世界にはそういったメカニズムがあります。素直に受け取るということは本当に大切で、その延長線上にいい人生があるのです。今社会には様々な病気が蔓延していますが、では病気が0になったらそれがいい社会かというと、問題があることによって人は学び、進化・成長し、人生が充実していくのです。
こういうものを読むと、ついついガン細胞を治療するという発想になりますが、ガンさんありがとう、という心もそこには必要だなと思います。

みかこ:
日本はガン治療において、他国に比べてもおかしな状態になっているのがわかる。モンサントについても、他の国では反対運動があるけれど、日本ではそういう意識もほとんどない。
『火水土伝文』に、「最後の時、彼らの企み彼らの申す通り九分九厘成功しておるのぞ。彼らの企みもっとも鮮やかに花開きたるは日本なるぞ。」とあります。「彼ら」というのは「あやま知」の力を使っている陰の存在のことです。「汝ら気付かぬか。日本の人民様、見てござれ。上から下まで見てござれ。彼らの言うた自ら思考することのできぬ人民様や欲望のままに生きる人民様ばかりの世になりておろうが。」そして、なぜそうなるかというと、日本は神の気の出ずる唯一の国だから、とあります。

いさどん:
僕はこの歩みをそこへつなげています。だからこそ日本でこれをやるのですが、そうすると日本国内よりも、最近では外の国から共鳴する人たちが現れてきていて、逆輸入のようなことになるのだろうかというイメージも湧いています。

昨日、夜中に「父上」からメッセージがありました。
昼間にミツバチを襲いに来るスズメバチを退治していて、すっかり疲れて眠りにつきました。あのモードで眠ったら普段なら朝まで目が覚めないのですが、どれだけ眠ったのか、夜中にパッと目が覚めました。それで、上に向かって「何でしょうか」と聞きました。そうしたら、何と表現したらいいのか、上の方に重くてかたい、大きな存在がありました。そして言葉が降りてきました。

 
「これからは力強く支援するぞ。流れが変わる。
 それに遅れをとらぬように、よろしく頼む。」

 
それはとても重く、力強いものでした。それにふさわしい意識を持っていかなければいけない、と思いました。しかし、実はすでに始まっていますね。そうでしょう。外から次々と共鳴する人々が現れています。
これからますますそういう時が来るということを感じます。みんなにも感じてほしいのです。先ほどこうちゃんのシェアがありましたが、一人だけで決意しても仕方ないのです。みんなでその場を創るのが大切なのですから、それぞれに智恵を絞り、直観で受け取り、無駄のない日々を送るということです。

一人ひとりが、日々いろいろな出来事に出会います。どれも自分にふさわしくいただいているのですから、いさぎよくあったことをいただいて受け止めることです。それが覚悟です。それがあれば、出来事に出会うたびに、人はきれいになっていきます。そして、人が集まれば集まるほどその場は豊かになり、美しい世界ができるのです。
人が集まれば集まるほどガタガタとして難しくなっていくのは何故なのかと言ったら、出来事をいただいていないからです。自分の中に迷いや苦しみが生まれた時こそ、自分自身に決意を問うことです。この道が大事だということを本当に思っていたら、一つひとつの出来事をとても大事に扱うようになります。そうすると、宇宙の法が我々にきちんと役割を与えてくれます。

明日は七日七夜の最終日です。僕は僕の役割を果たします。その延長線上に、ここ全体が質的転換をするということです。余分な詮索はいりません。信じていくことです。信じるとは、善意のもとにあることです。

 

 

 


いさどんの七夜物語 – 第四夜 「余裕」

木の花ファミリーには、心を学び、自らの生き方を立て直すために長期滞在をする人が数多くいます。第四夜は、その中の一人であるきたじゅんといさどんとの面談の話から始まりました。

 

927 「余裕」

いさどん:
今日は、きたじゅんと面談をしました。そこで余裕やゆとりという話が出ました。
きたじゅんは生真面目で、自分を改善しようとしてみんなの話を聞いたり、探求したり、本を読んだりしています。そういった余裕がない状態では、気付きは生まれないし、直観は降りてこないし、心に柱が立っていないと思考もよこしまに回ります。もっと余裕を持っていきたいね、という話から、ところで余裕ってどういうことだろう、とカタカムナの思念の読み解きが始まりました。余裕ってようゆうよね(チーン♪)。はい終わり。

みんな:
え~~~~!!!

ファシリ:
ではまっちゃん、読み解きをお願いします。

いさどん:
そこで「まっちゃんお願いします」って言うでしょう。そうすると、まっちゃんばかりが冴えていきます。そこで自分も考えると、自分も冴えていきますよ。人に頼っていては変化しません。
僕は30歳でお釈迦様と出会い、一人でやっていた頃は神経を研ぎ澄ましてメッセージを受け取っていました。人に伝えるのに間違ってはいけないから、真剣でした。ところが39歳でシャーマンに出会ったら、とても便利がいいのです。シャーマンに魂が降りて来て人間の言葉で話してくれるので、こちらは神経を研ぎ澄ませる必要がなくなるのです。なんて楽なんだろうと思いました。
けれども、そのうちにシャーマンの方がボケ始めました。そうすると、シャーマンは自分で言葉を発しながら、「そうですよね?古田さん」とこちらに確認して来るのです。突然そう聞かれても、こちらはもう楽をしてしまってただ言葉を待っているだけの状態なので、まぁそうですね、と曖昧な返事になってしまいます。そこで、これではいけないということを思い知ったのです。便利がいいとはこういうことか、楽というのはいいことばかりではないのだ、と。

まっちゃん:
「ヨユウ」を読みます。「ヨ」はよこしま、混沌、「ユ」はゆらゆら、揺らぎ、「ウ」は渦、生まれる。

いさどん:
ゆらゆらと湧き出しているものが、混沌とよこしまに流れ、生まれ続ける。そう聞くと、日常的な価値観からすると悪いことのように聞こえるでしょう。けれども、それはゆらゆらとリラックスした状態でもあります。
この世界が潜象界から自動的に生まれ出てくる状態を、自分の考えでよくないものと固定して捉え、起きていることをしっかりと観ないで結果はこうだと決めつけているようなところが、きたじゅんにはありませんか。そこが、まじめすぎて余裕のないところです。
余裕とは何かと言ったら、そういった決めつけを全て手放して、新たなものが自動的に湧き出てくる状態です。緊張していると、囚われの中で思考がまわっている状態になります。ですから、囚われを外し、ゆるゆるの状態で降りてくるものを待っていると、天から降りてきたものを直観で感じ、受け取ることができるのです。そこで自らの考えに囚われていると、降りてきたものを逃してしまいます。

今日僕はなぜか、フッと紅芋のことを思いました。紅芋は沖縄で栽培されているものです。これから温暖化が進み、台風などの災害も増えていくことを考えると、気候に合った作物を育てていく必要があります。今、台湾は大変ですね。925hPaの台風が発達しながら近付いています。これからそのくらいの台風が日本にも来るようになります。そうしたら、背の高い作物はみんな吹き飛ばされてしまうでしょう。なるべく低くて風の影響を受けにくく、栄養価の高いもの・・・落花生とさつま芋!その中でもアントシアニンが豊富な紅芋!ということが浮かび、今種芋を探しているところです。畑が楽になるように、風が来ても心配しなくていいようにという、畑隊への応援でもあります。

そんなふうにパッと湧いたことを、あちらの可能性、こちらの可能性というように横に回して考えを広げていくと、余裕の「ヨ」のよこしまがとても有効に働くのです。けれども、パッと降りてくるものなしに「いいことないかな」「お金になることはないかな」ということばかり考えていると、本当によこしま(邪)になります。大事なところへ到達せず、自分の心を汚して、世の中に害をもたらすのです。
こういう話をアメリカの上下両院合同会議でしたいですね。「ベニイモ、ベリーナイス!!!」と。(みんな:笑)

この世界の発生の仕組みを表すカタカムナ第5首
この世界の発生の仕組みを表すカタカムナ第5首

まっちゃん:
「ヨ」はヒフミヨイムナヤコトとものごとが現象化していく時に、「ミ」から現象界の最初の微粒子である「イ」へ進むのに必ず通る道だね。

みかこ:
縦巻から横巻へと移るプロセスだから、欠かせないものだよね。

いさどん:
そうやって面談の場で余裕の話をしていて「もっとゆとりを持たないとね」というところから、今度は「ユトリ」を読み解こうということになりました。

まっちゃん:
「ユ」は揺らぎ、「ト」は統合、「リ」は分離、独立。統合したものが揺らいで分離、独立するということかな。

いさどん:
それではただ辞書を読んだだけですね。

みかこ:
揺らぐというのはすごく大事なことで、地球がもしも公転していなかったら春夏秋冬はない。すごくつまらない世界になる。

いさどん:
まっちゃんも、もう少しゆとりを持って読まないといけません。と、ゆっとりますよ。(チーン♪)
ゆとりとは、統合した状態の揺らぎです。不安定な状態の揺らぎではなく、完成した、宇宙を創り続ける揺らぎです。

みかこ:
芯のある揺らぎということだね。

いさどん:
マワリテメクルとは自転と公転を表しており、さらに星々は歳差運動をしています。そうしてもっと大きなものの周りをらせんを描きながら周っています。単に同じ場所をぐるぐる回っているのではなくらせんを描きながら進んでいるので、とても複雑なのです。
それが統合するということは、単純に我々の考える統合のようにきっちりとはまるということではありません。ムナヤコトと進んでいく中の「ヤ」は飽和安定、「コ」はそこから余ったものが転がり出る状態です。そして「ト」の統合とは、不完全な状態を加味しています。ですから地球が1年経って太陽の周りを1周しても、もとの位置に戻るわけではないのです。少しずつずれていきます。そして、太陽の進行に合わせて回転をしていますから、らせん運動をしているのです。
宇宙の星々の運動は、二度と同じ場所へは行くことがありません。それで、常に新しい世界へ進み、変化・変容・変態をし続けているのです。

みかこ:
宇宙は揺らぎ続けているから。

いさどん:
統合とは、普通に考えるとカチッとはまってそのまま同じことを繰り返すような感じがしますが、宇宙では変化・変容・変態を繰り返し、揺らいでいる状態で完成なのです。それが、宇宙(生命)の実態です。

八鏡文字の「リ」
八鏡文字の「リ」

そして「ユトリ」の「リ」は、それが分離、独立しているということ。「リ」の八鏡文字は真円ですから、現象界に現れてきていることを表しています。つまり、ことは自ずと現象界に現れ成っていくのだから、それをああしなければこうしなければと考えなくとも、自動的に成っていくということでもあります。座り心地のいいソファーに座って、待っていればいいのです。

そこで僕はきたじゅんに言いました。もう伝えるべきことは伝えました。あなたも学ぶべきことは学んだのだから、これ以上思考を回して結果を求めようとしないで、余裕を持って待っていればいいのですよ、と。

「ヨ」のよこしまや「ユ」の揺らぎというのは、我々の世界ではよくないことのように思われるかもしれませんが、宇宙はそういった揺らぎから生まれ、この世界ができているのです。ですから、生まれてくるままに任せておけば、時が来て、流れが生まれ、ものごとが自動的に成っていくのです。ところが人間は何かを経験するとそれを固定して考えるようになり、次もまたそれが起こってほしい、と執着するようになるのです。
そうすると余裕もゆとりもなくなり、「ヨ」や「ユ」の思念が恐怖や焦りに変わっていきます。そして余裕がないから待っていられなくなり、時も流れも無視して、自分から的外れなことを起こして、結果をもらうことになります。そして、その結果に不満を持ち、他者や世の中が悪いんだということにしていくのですが、それはすべて自分に原因があることなのです。

「ヨ」も「ユ」も「ウ」も、人間の精神状態によっては悪い結果を生み出す思念でもありますが、本来は、この世界の創造の元となる思念なのです。その人の精神状態によって、その思念がもたらす結果はどのようにでもなるのです。余裕とは、あまりもののことです。衣食住が足りて初めて人と成ると言いますが、それだけではまだ余裕にはならないですね。その他にも心の余裕があってこそ、その精神から転がり出たものが、物事の余裕を創っていくのです。

みかこ:
その場で1人で回っていることを自転と言うよね。そして大きなものの周りを周り出すと公転になるでしょう。地球で言えば、それによって春夏秋冬という余裕が生まれるんだよ。春だけでもなく夏だけでもない。

いさどん:
その字はおもしろいですね。自分だけが回転することを自転。他のもの ― 太陽や仲間たちと絡むと、それが「公」になり、公転と言います。それは、「みんなで」という世界です。

みかこ:
ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコトは自転から公転が発生するプロセスで、そこにゆとりが生まれてくる。

いさどん:
自分だけの存在(自転)から、他のものと連携(公転)して存在するようになる。

みかこ:
自分はここだけで回るんだ、といって固定しているとゆとりがない(独りよがり)けれど、みんなで一つの大きなものを周るんだね、ということになると、「自分」から「みんな」へという幅ができて、そこにゆとりが生まれる。そしてさらに太陽も、もっと大きなもの(銀河)の周りを周っている。同じところに留まっていると進化がないけれど、太陽自身も変化していくんだよ。

いさどん:
つまりゆとりとは、変化を認める状態のことです。ゆとりがなければ、同じことを繰り返して何も変わらないということです。

ヒフミヨイムナヤコトの、飽和安定した「ヤ」から「コ」へ進むとき、八鏡文字の小丸が一つから二つに増えて、そこに余裕が生まれます。

      ヤ
      ヤ
      コ
      コ

 

 

 

 

そしてその余裕が転がり出て、統合し、この現象界へ現れ出るのです。つまり現象界は、余裕がある状態から転がり出たゆとりによって生み出されたものと言えるのです。現象が起きていくことは、焦って求めなくても、時が来て流れができれば、自ずと成っていくということです。

みかこ:
私たちはゆとりの中で生きている。

いさどん:
カタカムナに出会って、単音の思念を解き始めたでしょう。おもしろいのは、地球暦の惑星の構造を当てはめるとそれがより深く理解できるということです。

151021-214748
みかちゃんによって描かれた、人体と地球暦、カタカムナの関連を解説する図

カタカムナ人は、今我々がやっているように文字や図を書いて勉強することはなかったでしょう。紙がないのですから。頭の中には浮かべていたのでしょうが、今我々が考えているような形では浮かべていなかったでしょう。気配で観ていたということですね。気配とは確定できないものです。
それが、紙ができ、認識が固定化されることによって、立体的なものがイメージできなくなり、物事を平面で捉えるようになりました。それがさらに進んで、今のような表面的に浅いところしか物事が見えない時代が来ました。そして、そのピークを迎え、今またターニングポイントが来て、人々は気配を感じ取り思考する段階に入ったのです。

心の柱がないところでは、人の想いの歪みや濁りは際限なく膨らんでいきます。そこで柱を立て、それを基準にして、歪みや濁りをチェックしていく必要があります。せっかくいい話を聞いても、自分の中の歪みや濁りがチェックできていなければ、その話がきっかけとなってさらに新たな歪みや濁りを発生させていくこととなるのです。カタカムナを学んでも、チェック機能を働かせなければ、それを有効に使えるわけではないのです。

こういったことを探求するには、集中力が要ります。きたじゅんのことで言うと、彼がこれから自分をどの方向へ導いていくのかという心の意志がないと、現実に成っていかないのです。本人に学ぶ気がなければ身に付かないのですから。
ものごとがヒフミヨイムナヤコトと進んで現象化していく時、「ミ」は「満つる」ですから集中している状態です。その次の「ヨ」の混沌は、それを熟成していると言えます。それがまた満つったり熟成したりを繰り返しながら、この世界に余裕が生まれていくのです。
面白い話が聞けるからといって、自分が主役であるということを忘れてただこの場に付き合っていると、だんだんボケてきます。(いつもウトウトしているりゅうしろうくんに向かって)りゅうしろうくんはただ眠気と戦っている状態です。眠くなるのは、このことを一番大事とせずに、心がどこか他のところを向いているからです。そして一番大事な時に、満つった状態を持って来れないのです。そこを振り返らないと、今大事だよ、という時にボーっとし続けることになります。心を閉ざして表に表さないと、どこかで思考の無駄をやっていても、それが人からは見えないのです。
ですから、それを解消するには、自分の中を正直に表に出す意志が必要です。けれどもりゅうしろうくんはそれをとかく怠っているので、観えないところでエネルギーをロスし続けています。そういったことを真剣に考えていかないと、物事にたくさんの無駄が発生していても、それがわからない状態でいることになります。

僕は一人ひとりに問いたいのです。あなたの存在が、あなた自身に何をもたらしているのか。あなたの存在が、社会に何をもたらしているのか。それを理解しないと、本物の生き方はできないのです。
ここではそういったことを世の中に発信していますが、それは自分自身に対して問うべきことなのです。僕は人に伝えれば伝えるほど、自分はどうだろうか、自分はどうだろうかと、誰に問うよりも厳しく問うています。そうでなければ、ニセモノになるからです。ニセモノになるのか本物になるのかは、ここが別れ道なのです。

今日は27日です。明日は満月です。2015年の秋分を越えて、最後の四半期に向かう時の満月です。明日は満月だな、と思っていたら、ある知り合いの弁護士さんから「明日は満月ですね」というメールが届いていました。秋分の前日には、また別の人から秋分の意味を知らせるメールが届きました。みんなそうやって与えられるのです。
自分のああしたいこうしたいという考えで、この世界はできていません。この世界に生命として存在する意味を忘れて、自分を優先すると、世の中に害をもたらします。それが今の人間の姿です。それを正すために、我々はこの生き方をしているのですから、それにふさわしい役割を果たすためには、半端な心でいてはいけないのです。

りゅうしろうくんに、そのことをわかれとは言いません。けれどもあなたの意志で、それをわかる気がないとしたら、この道を進むのはやめた方がいい。それでは、みんなの歩みの足かせとなるからです。
いつも何を考えているのか、自分の心の中を観てみるといいでしょう。全体のことを常に考えていたら、今のこの場は必要ないはずです。もしもそれがわからないとしても、わからないからこそ、全体のためにどうしようという心構えが必要なのです。
僕は、あなたのようにものごとをひねって捉える人をどうやって全体のために活かせるだろうかと、常に考えています。それは僕のためにやってほしいということではなく、これはとても大事な道ですからあなたも行きませんかと言っているだけです。それは自主的な意志の上にあるべきなのです。

こういった話も、本人に受け取る姿勢がなければ、なんだかわからない話を言われたと思うだけでしょう。そうやって相手を尊重していくことが、多様性のある捉え方ですが、本人が「自分に足りないことを伝えてくれている」というように受け取れれば、それはありがたいことになります。

りゅうしろう:
全体意識というのが言葉だけで、魂が入っていなかったというのがわかりました。

いさどん:
大事なのは、ではどうするのかということです。僕はいつもそこを観ています。昨日まっちゃんが大人ミーティングの後に「ゆうくんにこれからどうするべきかを伝えていないけれどそれでいいんですか」と聞きにきました。そんなことは伝えるわけがありません。なぜなら、一番大切なのは本人の意志だからです。僕が伝えてその通りにやったとしても、それは本人の意志ではないのです。そんな場所は創りたくないし、それはここの目的でもありません。
今あなたはどういった意志を持つのか。それは、あなた自身の意志が問われているのです。言葉だけでは、現象には顕れていきません。僕は今りゅうしろうくんに語りかけていますが、それはみんなにも言えることです。

まこっちゃん:
僕は、自分なりに一生懸命やっているつもりでした。

いさどん:
その「自分なり」というのは、自分というものを自分の頭の中だけで考えて、人の役に立っているかどうかは関係ない状態です。ここで言っているのは、あなたという人がみんなのために役に立って、あなた自身が輝いているかということです。

まこっちゃん:
それがよくわからなくて・・・自分では自分なりにみんなのことを考えているつもりなんだけど。

いさどん:
それは、「自分なり」の内容が違うのです。それはあなたの選択だから、それはそれでいいのですが、そのあなたなりが、全体に何をもたらしているかが問われるところですね。

こうちゃん:
ずっとまこっちゃんはその「自分なり」を続けてるんだよ。自分なりにやってる、やってる、と言い続けて、外から観える視点を受け取らない。

まこっちゃん:
それで自分なりに結果をもらっていくことだと思ってた。でもそれが全体にとって問題だと言われて・・・

いさどん:
問題はそれを改めていくためにあるのだから、改める方向にエネルギーを使えば問題は有効なものになるんだよ、という話をしているのに、どうして問題のままで止まってしまうのですか。問題と言われたら問題ではない自分になるだけなのに、問題という言葉にヒットして止まっているのです。

まっちゃん:
そこは超えるところだよ。

まこっちゃん:
だから問題にならないようにしようと思ってた。

ひとみ:
だけど実際に問題になってるんだよ。それを問題だよと伝えるのは、その奥に、有効に変わるようにというまこっちゃんを想う心があるから伝えるんだよ。

いさどん:
私はこういう意志を持ってこの道を歩みます、ということが明快になっていれば、今目の前に起きている問題ごともすべて自分の意志であるということがわかります。それが責任ある生き方です。そうやって生きる人々がそれぞれに個性を持ちながら集うのは、銀河がそうであるように、まさしく宇宙の構造です。しかし今の人間の実態はそうはなっていないから、ことが成らない考えの上に平和や豊かさを求めているのです。
これは自分の人生がどうのというような話ではなく、人類のテーマでもあるのでしょう。ですから、国連で演説するべき話なのです。

自分の意志で立ち、自分の意志で生きなさい。その意志を表明した者と新しい世界を創っていくのが、この場です。

七日七夜で質的転換をします。秋分の区切りを経て、2015年の最終コーナーに入りました。いったいどこへ行きつくのでしょう。
今目の前に起きている問題ごとから逃げれば苦しみから解放されるのかというと、そうではありません。その苦しみは自分自身が作っており、物語は常に続いていくのです。
どんなことからでも学んでいけば、自分を高めていくことができます。逃げれば、その問題の種は常に自分の中にあり続けます。それは当たり前の話ですが、自分に囚われていると、言葉は聞こえてもその当たり前のことが理解できないのです。けれども冷静になれば、これは当たり前の道理の話だということがわかるはずです。

こうして伝える場は、ある意味、厳しい場でもあります。なぜなら自分と向き合わなければいけないからです。みんな自分と向き合わないから、問題と出会うのです。それを自業自得と言います。本当ならば、一人ひとりが潔く自分と向き合えばこんな場は必要ないのです。それどころか讃え合って毎日を生きることができるでしょう。
けれども僕は、みんなにこういうことを超えていってもらいたいのです。だから今、この場があります。その先に、僕が何かを企んでいると思いますか?

みんな:
思わない!

いさどん:
企んでますよ!(笑)
何かと言ったら、天意を降ろして新しい時代の見本となる場所を創ることです。

我々は、何かを所有してはいけません。愛は持っても、情は持ってはいけない。情は人間の世界では大切なもののように思われていますが、それが様々な歪みを生んできたのです。
情がないと薄情なように思うかもしれませんが、そうではありません。情を薄くすればするほど、愛が蔓延し、真理がこの世界に広がっていくのです。

70年前に戦争が終わり、日本人は大和魂を失いました。それはある意味いいことでもありました。なぜなら、その大和魂は歪んでいたからです。だから戦争をしたのです。けれども、同時に本当の大和魂も失いました。
そしてもう一つ失ったものがあります。それは父性です。父性とは、カタカムナのトキとトコロで言うトキ軸であり、柱なのです。その物事の軸となるものを失ったのです。軸を失った思考はよこしまになり、西洋にかぶれ、男たちはだらしなくなりました。
男がだらしなければ女がしっかりしなければいけないのですが、女たちも愚かで、表面しか見ずにだらしのない男を褒めそやすので、柱のないまま表面的なことだけを取り繕って評価されようとするせこい男たちができあがりました。

本当の意味で、「地震、雷、火事、おやじ」というのは大切なのです。地震は天の意志。揺るぎない柱を持つことにより、自信につながります。雷はこの世界に豊作をもたらすものです。火事は火ですから、所有しているものをすべて帳消しにして、この世界の始まりであるヒフミヨイの「ヒ」に戻してくれるものです。それは、ダメであったら一からやり直すだけの覚悟の「ヒ」です。日本人は地震も雷も火事も恐れていますが、あっては嫌だと思うものが、実はとても奥が深く大事なものなのです。
そして、おやじはいるとうっとおしいかもしれませんが、それが柱を立てていたから秩序が保たれていたのです。それが本来の大和魂の姿です。

僕の性質上、時にはこうした厳しい言葉を発しますが、それがどれだけ愛情深くてやさしいことであるか、わかりますか。

さて、僕の役割は十分に果たしました。これ以上話すと道理を説いているようで説得することになってしまいますから、今日はこれで終わりましょう。
こういったことがここで語られているということは、宇宙にそれが発生したということであり、世の中にそれが伝わっていくということです。それは、まさしく新しい時代が始まったということなのです。

 

 

 


いさどんの七夜物語 – 第三夜 「探求」

9月26日朝、ファミリーメンバーのゆうくんが、いさどんに以下のメールを送りました。

「今朝起きてすぐに、このままの自分の姿勢では今世の役割を果たすことができないと思いました。僕がここにいる一番の目的は、地球を光の星にしていくという天からいただいた役割を全うして、後世につなげることです。いさどんがテコ入れをしてくれるということで、どこかホッとしている自分がいました。その与えてもらおう、やってもらおうとしている姿勢が、一番の問題だと思います。だから、今日のミーティングではまず自分自身が自己分析を行います。その上で、より深くて濃いものをいさどんが語ることで、全体がより活性化する方向へ行くと思います。」

そしてその夜、ゆうくんは予告通りカルマ読み、地球暦、カタカムナを使って大人ミーティングの冒頭に自己分析を行い、数人のメンバーがコメントした後、いさどんが語り始めました。

 

926 「探求」

いさどん:
今、うちにはカルマ読み、地球暦、カタカムナという3つのツールがあります。道を極めていく人にとっては、とても便利なものです。こんなに重宝なものを与えられたということは、やはりこれからの社会に対してここが果たすべき役割があるのだろうと想像します。
どのツールもとても奥が深く、極めることはなかなか難しいです。一つの法則(一人ひとり人間は独立した精神的法則、カルマを持っている)を読み解くものとしてそのツールがあったとしても、時代は進化し、価値観そのものが変化していきます。大事なことは、そのツールを使って何か固定された結論を出すということではなく、それを常に活かして生きていくということです。それは、変化、変容、変態を繰り返す宇宙の実態と共にある生命の姿です。

生きるということは、常に変化・変容・変態を繰り返すことですから、時と共に読み方や読んだ結果が、求める方向と違ってくるものなのです。今の時代に求められているのは、真実は何なのか、ということです。
昨日、木の花のニューズレターが完成しました。そこには、今、時代がターニングポイントを迎えていることが書かれています。

  木の花ファミリー通信 第83号
木の花ファミリー通信 第83号

ターニングポイントとは、切り替え時ということです。切り替え時とは、今まであったものがピークを迎え切り替わるということであり、今までの価値観が古くなってきたということです。そして、その古くなったものを持っていてもダメですよ、新しい価値観に切り替えなさい、というメッセージがその時代の様々な出来事からも感じ取れるようになるのです。

この宇宙は常に変化・変容・変態をしており、人間以外の生き物は、常にそれと共にあります。時代が変わろうとどうしようと、何の抵抗もなくそれに付き合っていきます。しかし人間は能力が高いですから、常に何かを願望として求め、行動します。その時に、その表現の結果を通して、自らがこの世界に存在する意味を悟ればいいのです。

自分から発した想いを行動に移して毎日を生きると、その行動にふさわしい答えが結果として返ってきます。この世界は、起きたことに相応しい結果が常に連なっている因果応報の世界であり、そこは無駄のない、完璧なフリーエネルギーの世界です。フリーエネルギーとは限りがなく、無駄がないようにできています。無限なる縦糸と横糸が織りなす織物のように、一つのことから全てのものにつながって、最終的には全ての世界が一つの生命体として存在しているのです。

一人の人の性質として、欲が深かったり、汚れや歪みがあると、自分の都合の良い世界を求めます。そして自らの行いの結果を受け取るよりも、都合の良いことを求める心がどんどん膨らみ、その矛盾に相応しい滞りが現れるようになります。ある意味、この世界は鏡ですから、自らの行いが世界の法則から外れていると、その矛盾を忠実に映し出し、私たちに示してくれるのです。

この世界は、宇宙の星と星との関係性や、陰陽のバランス(対抗発生)からくる流れ(法則)によって維持されています。そして、例えば原子のような小さなものから、私たちの肉体や、太陽系や銀河のような大きなものに至るまで、全てが同じ仕組みで成り立つ相似形の構造になっており、そこには、この世界を推し進めていく流れ(正の方向)と、滞らせる流れ(反の方向)があります。私たち生命は、本来正の方向に進むことによって維持され繁栄するものですが、人間の世界では、時に反の方向へ進むことがあります。それは、反へ進むことによって正の方向とは何であるのかを理解するためであり、それだけの特別な能力が人間には与えられているということです。

時代は、正反をサイクルのように繰り返しながら進んでいます。そして人間は、反の方向を表現するために、あえて破壊の行動を取ることもあるのです。正の方向へ向かっている時はそのまま進めばよいのですし、反の方向へ向かっている時は正を理解するためにあるということです。それを大きく観てみれば、結果的に、全ては宇宙の法則のままに、正の方向に進んでいるのです。

現代は、反の流れがしばらく続いていたがために、反を示す現象がピークを迎え、切り替え時に来ています。しかし、長年それに慣らされてきた人間の中には、自らを所有する心があり、時代が切り替わる時が来ても、反の方向に向かう姿勢を切り替えることができない状態にあります。
人は毎日を生きていますが、生きるということは、この世界の循環の中で生かされているということであり、その循環に意識が組み込まれることによって、自らの力によって生きているということは何一つあり得ないことに気付くのです。しかしそんな世界の中で、自らが生きているという意識になると、人は自らを所有するようになります。そうすると、反に向かう自らの姿勢に気付くことができず、反から学び、正の方向へ切り替えることができません。ですから、その姿勢を理解するためのこの世界からの示しとして、人間社会に混乱がもたらされていると受け取ることもできるのです。

そうやって世界が自らに忠実に返してくれたものを、「自分はこの世界に生かされている」「この世界と共にある」という発想があったら、この現象は世界からのどんなメッセージだろうか、と受け取ることができます。しかし、自分がこうしたいという自我の考えを優先していると、自らの矛盾によって与えられた結果をいただくという思考回路は停止してしまうのです。ですから、気付くべき時に気付かない。
いつも話している話ですからみなさんはよくわかっていると思いますが、わかっちゃいるけどやめられないのは自我が優先しているからです。問題が発生して行き詰まっていてもやめないのは、自分というものに囚われているからです。単純にやめればいいだけのことであっても、その不完全な自らを所有してしまうと、その状態が自分らしいと思い、それにすら愛着が湧いて手放せなくなるのです。それが情というものです。情は、自分に対してもそうですが、身近な人間関係やものなどにも湧いて、囚われるようになります。

人間以外の世界には、そのような囚われはありません。宇宙があり、地球の自然生態系があり、たくさんの生命がいてその中に人間社会がありますが、今のところ人間社会にしかそういったものはないのです。動物たちの生態の中には、例えば親が子どもを守るという本能的な行動がありますが、それは情に囚われているということとは違いますね。それは、種を保とうとする機能が働いていることの証です。
人間社会には、おもしろい現象があります。人間には欲の心があるので、自然界では寿命が尽きているものでも、人工的に命をつなげているものがたくさんあるでしょう。逆に、人間が、寿命がまだあるものを殺して命を粗末にしていることもたくさんあります。
病気も、本来この世界からのメッセージとしてあるとしたら、治してはいけないものもあるのです。それを単純に病気はない方がいいという考えから、近代医療を発達させ、病気の根本の意味を受け取ることをせずに治療だけをして、医療を飯の種にしてきたのです。
政治も経済もそうですね。本来の目的から逸脱しているのです。

今こうして話しながら、ふっと、そろそろ本題に入らなければと思いました。
昨日の時間があり、そこから継続して今日があります。地球は自転を一回転しましたが、同じ場所で一回転したわけではなく、らせんを描きながら未知なる先へ進んでいます。そうすると、昨日種を蒔いたことが今日どう発芽するだろうかと思っていました。
僕が最近のこの場から感じているものをデータにすると、あまり明るい感じではありません。とは言っても、同じ場所でぐるぐる回っているわけではなく、新しい今日があるわけですから、どこかに突破口があるのだろうと思いました。そして自分の生きるこの道を信じている限り、どんな障害物もこの道の意味を伝えてくれるものであり、ここへ行きつくために今までのいろいろがあったのだ、という考えのもとに新しい朝を迎えました。
そうしたら、ゆうくんからメールが届いていました。僕が投げかけたことに対して「おお、そういう気持ちになったか」とかすかな希望を持ちました。

僕は、いつも彼の姿勢を観ています。彼だけでなく、みんなの姿勢を観ています。そしていつも、みんなが自ら進んで自分の枠を突破していくことを望んでいます。僕が刺激を与えなくても、それを自分からやり出すのを待っています。
なぜ待っているのかというと、刺激を与えたからやるのではただの条件反射であり、その人の意志ではないからです。それでは本当にその人の実力にはならないのです。刺激を与えられてやるのでは、常にまた刺激を必要とする状態になります。それでは僕の望む方向にはならないし、我々がやろうとしていることの目的からも外れます。宇宙や自然の法則とも違います。だからやっぱり、時間がかかっても、じれったく思っても、こういう生き方をしている限りは必ずどこかに答えがあるのだろうと思って、粘り強く毎日を送っています。
そこからすると、ゆうくんを観ていて、こういうタイプの人に任せておくといつごろになったら自分から目指すのだろう、ずーっと待ち続けてそのまま終わってしまうのかもしれない、だけど下手に芽を出せと言うとプレッシャーを与えかねない、と思っていました。

木の花があるということは、本当に、大いなる善意であるのですよ。世の中は行き詰まっていますが、人々はまだ気付いていません。経済にしても環境にしても、このまま行ってはいけないということはいろんなデータが証明しているのに、世界のリーダーはそれをさらに進行させていく政策を積み重ねています。何か痛いものをもらわないと転換できない状態になっているのです。
我々は時代の切り替えの時に出会い、これから確実にこの生き方が必要になるということをわかった者として、社会の無理解があったとしてもこれをやり続けているのです。それには強い精神がいりました。それこそ、自分を変人だと思わなければやれませんでした。

しかし最近はそうではないですね。明らかに時代が移り変わり、社会的にも、この道への追い風が吹いてきました。まだ大部分は無理解ですが、明らかに追い風が吹き出していることを、我々は肌で感じ取っています。そしてそれがわかればわかるほど、この道を進むことに対してエネルギーが湧いてくる構造になっています。
困難を乗り越えるほど、やっぱりそうだ、と疑いや不安の気持ちが払しょくされて、希望が湧いてくるものですし、そうなればなるほど、世の中がまだ寒い冬であっても、その奥にある春の息吹を感じ取れる人にならなければという衝動が湧いてくるはずなのです。

確かにみんなの中にもその欲求はあり、それが一番なのでしょう。ですが、一番なら一番に優先するべきなのに、どうもみんなの中にそれを一番に優先する心が生まれてこない。それはなぜなのだろうと考えると、最初に話したように、「自分」というものの中の癖の部分に囚われ、情があるからです。自分の不自然なところ、道理から外れた反の方向を生む精神に対してまでも執着し、それをそのままにするのです。ですから、そういった状態で自らをきれいにしようとする道を歩み出すと、窮屈に感じるのです。

世間の多くの人はそうですね。ここに来て「休日は?」「給料は?」「自分の部屋は?」「自分の時間はないの?」ということばかり聞く人がいるでしょう。だけど、そのような人でもこういった生活には憧れるのです。本当に自分と人との壁を超えて共に暮らすって素晴らしいね、自給自足って素晴らしいね、と言うのです。なぜ自給自足が素晴らしいと言うのかと言うと、世間で自給自足でない生活はお金の関わる駆け引きばかりで、それに嫌気がさしているからです。それでこういった暮らしに憧れるのですが、いざ自分がやるとなると、自分への情の方が勝って、やれないのです。

ここでも同じですね。ずーっと大事なことを勉強してきて、さて、いざそれを表現する生活の中で自分と向き合う場面が来た時に、自分の我が優先して、些細なことで滞ったり、衝突したり、人の話が素直に聞けなかったり、ということが起きますね。それらはすべて自分のチェックポイントなのですよ。その必要性がわかっていたら、ひたすら自分にチェックを入れるはずです。でもそこから逃げたいのですよね。
今年はゆうくんがマコモの担当でしたが、マコモは十分に育たず、そこにゆうくんの心が表れていました。マコモだけでなく、僕がずーっと観て回ると、そこら中に滞りが観えるのです。けれども、そんなふうに監視人がいるような場所は豊かではないし、僕の望みでもないですから、実際には監視しているわけではありません。だけどたまたま縁があって行った場所で、滞りが観えるのです。その一つの事例としてマコモがあります。

その場を観ると、どのくらいの心のふりかけがかけてあるのかが観えてきます。ふりかけが少ないほど、そこは貧しい場所になります。我々は、そういった心配りが常にできるように、日常の中で学んでいるのです。
ちなっぴーが養蜂をやりながら、今こんなふうに花が咲いていて、こんなふうに蜂を育てていて、こんなふうにやったらこんなふうに蜜が採れたんですよ、とみんなにシェアするでしょう。蜜巣を分離機に入れて、下の蓋をパッと開けると蜜がとろーっと出てくる。豊かじゃないですか。何か「ありがとう」という感じがあるじゃないですか。

1 (13)-crop

ちなっぴーはなぜそんなことをするのでしょう。みんなでそんな写真を見たって蜂蜜を舐められるわけじゃないし、わざわざそんなシェアをしなくても蜂蜜がどれだけ採れたというデータだけもらって、それがいくらで売れて、我々の生活が安定すればそれでいいじゃないですか。現代的な生きるということをするのであれば、それで十分です。

けれども、そこには人の心の姿勢が織り込まれています。その生命がどのような履歴をたどって現状に至ったかというのは、すべて心が発する波動として残っているのです。だから、化学肥料や添加物を使うような人であれば、そのような心の履歴が波動となって、そこに残ります。
こういった人工に汚染された時代に、それを超えて、その悪影響を無しにできるだけの能力を我々は与えられています。それが、自らが高次元の波動を発する者になるということです。潜象界から発生する正しい響きを発することによって、現場をイヤシロチにし、歪んだ生命を正しく美しくして、それを食べ物として、生活の糧としていただくと、それは我々に健全さをもたらしてくれるのです。

本来、人間が汚さなければ、こんなことはする必要のないことです。医者がなぜいるのかというと、人間が歪んでいて病気をするからいるのです。しかし今現実に、人間は途上の状態にあり、大事なことを悟っていないために汚れや歪みが蔓延していますから、そのような人間修理屋さんが必要なのです。

一方、これだけの道をいただきながら、みんなの現状はどうかというと、まだまだそのメカニズムを学んでいる段階で会得していません。もしくは、会得する気がないのかもしれません。気がないとはどういう状態かというと、自分の我を優先しているということです。

ゆうくんは先ほどカタカムナで、自分の人格を分析していました。地球暦も、切り口が違うだけで同じことを表しています。そこにカルマ読みから観える2文字陰性男子の心の形が反映されて、今の人格が出来上がっています。3つのツールによって、ここまで人を読み解くことができるのです。
しかし、そういうふうに観たところで、それをどう活かすかという考え方がなければ、興味深く捉えるだけのことで終わります。地球暦でも、自分の都合や、相手が喜ぶように読む人もいます。そうすると「わぁすごい」「私も読んで」とミーハーの人たちを集めますが、その後に何が残るかというと、実際の生活の中には何も活かされないのです。

僕はそれをおかしいと思いました。何も活かさずただ表面的に喜んでいる人を作って、次の勉強会にも来てもらってそれを飯の種にできれば、提供している人の目的は達成されるかもしれません。しかしそれはある意味、人を迷わせていることになるのです。
僕はそれを変だと思うから、いろいろ考えて、読み方を進化させました。そしてそれが仕上がって来たなと思った段階で、カタカムナがやって来ました。

ゆうくんは今、自分を読み解きましたね。読んだ後に、ここまでが自分の限界ですと言いましたが、どういった力で読んだかというと、与えられた知識を使って解析するという、知識的な脳でそれをやったわけです。それは、近代文明が発達するのにとても役に立ちました。誰もが本を読めばその知識を得られて、機械でも何でも扱えるようになります。けれども、そうやって誰もが扱えるようになって便利になりましたが、そこでその便利さに慣れると、今度はそれがなくてはならなくなるのです。依存症ですね。そしてそういったものが広がっていく奥にあるのは、「お金になる」という心です。

しかし、インターネットでも何でも、それを有効に使う力があればいいのですよ。お金はその代表的なものです。お金を正しく使う力があれば、それは害にはならず、世の中を善くしていきます。けれどもお金に使われているようでは、お金を使ってこの世界を支配しようとしている者に支配されている状態で、そういう世界を自らが作って、混乱をまき散らしていることになります。

ですから、今ゆうくんはこうやって自分を読みましたが、それをどう日常の中に活かしていくかが大事なのです。ここではそれをやっているのです。
セミナーなどではそういうことはしません。お金を得るために聞こえのいいことだけを言います。宗教でもそうでしょう。信者が悟ってしまったらもう通わなくなってお布施をもらえなくなりますから、悟らせないようにしています。だから教祖や経典が必要なのです。必ず上の立場の人がいて、下にいる者は未熟だから一生すがっていきなさいという関係が出来上がります。
そういったことがとても大切にされてきたのが、これまでの時代でした。しかし、これからは、教祖の言葉からでも経典からでも自らの気付きからでも、真実をつかみ取り、一人ひとりが日常の中にそれを活かし、個性的に生き生きと生きる時代になるのです。

そうしたらゆうくんの自己分析も、どう生きるかということにつなげるのが大事です。例えばマコモの生育を通して自らの性質が観えたとしたら、作付計画から今年の結果までを振り返って、どのような心をそこに反映してきて、結果がどのように現れたかということを観るために、これがあったのです。
マコモの栽培に限らず、どんなところからでも自分の性質は観れるのですよ。ものを壊したり車をぶつけたりするでしょう。そういった出来事を受けて、そこから素直に自分を振り返って客観的に観る心があれば、カルマ読みや地球暦やカタカムナというツールがなくても、日常の中で自らを正確に知ることはできるのです。生きるということ自体が、本当の自分との出会いですから。
しかし、人は主観が強く、それをなかなか観ることができません。そこで、ありがたいことに、こういったツールが与えられたのです。

僕はずっと、あなたにとって一番大切なことは何かを明確にして生きましょう、そして毎日緻密に自らの心の姿勢に向き合い、その動きを一つひとつ観ていきましょう、と伝えてきました。しかしそう伝えても、みんなにはその大事さがなかなか響かないので、ここへ来てこうして一人ずつ分析していこうかと考えました。それでみんなが自覚を持って、気持ちの良い場になったらいいと思っていました。

昨日は「みんなで」ということを語りましたが、さて今日のテーマは何にしよう、ということを考えながら歩いてひまわりまで来ました。今日は、何だと思いますか?

まっちゃん:
3日目?

いさどん:
うん、今日はヒフミヨイの「ミ」ですね。ようこちゃんも「今日は3日目だね」と言っていました。
僕が思ったのは、今日のテーマは無いな、ということです。そうしたら、その無しだというところからテーマが出てきました。今日はゆうすけだな、と。
この人が何を言って、どう始めるかによって、それを受けて僕が解説をする。それはカタカムナの思念で解説をするのではありません。今朝彼からのメールを読んで、僕は少し希望が湧きました。それで今日も行こうと思ってここへ来た時に、彼が行動を起こしたのだから、それをネタにして話をすることが浮かんできました。
彼は日頃から地味に、まじめに、奥の方で何かをやっています。スカッとしている感じはしないけれど、まじめだから本人に託そうか、という感じで僕は観ています。けれども時々何かを壊したり、けっこう大きな現象をもって存在感を示す時があるのです。そんな意志表示は嬉しくないですね。そういった彼が、日ごろは地味で目立たずにいるので、そのバランスが取れたらいいのになぁと思っていました。

もっと意思表示をしたらいいのです。ミスをしでかして注目を集めるのではなく、自ら意思表示をすればいいのです。それが不完全ならば客観的なチェックが入るし、完全ならば評価されます。そうやって日頃から地道にチェックしていれば、大きくずれることはありません。
ところがゆうくんは日頃のチェックなしに時々打ち上げ花火のように現象を起こし、また地味に戻って、しばらくするとまた打ち上げ花火を上げるので、進歩がないのです。やはり、日ごろから積極的に自分を出すことが大切です。
誰かに出せと言われて刺激をもらって出すのではなく、刺激をもらわなくても、常に素の自分を出せることが大切ですよ。現象も何も起きていなくて誰からも見えないけれど、自分の心の中にこういった想いがあります、というようなことをシェアできたら、それは自分をチェックすることを最優先にしている人の姿勢です。

(ここでカタカムナ、地球暦、カルマ読みを使って、いさどんによるゆうくんの読み解きが行われ、ゆうくんの性質が客観的に明快になる。
*カタカムナ、地球暦、カルマ読みについて詳しく知りたい方は、2016年2月~3月に開催される木の花塾「1ヶ月間の真学校」へご参加ください。

いさどん:
「観る」というのは、その人の本質を観るということです。自分の姿が客観的に観えたら、どこをどうすればいいのかがわかるものです。その根本的な性質を掴みとっていない状態にしておくと、それがどのように人生や社会に影響しているのかが理解できません。「観る」ということは、自らの性質を理解し、その扱いをマスターし、自己コントロールすることです。
チェック機能が働くとは、自らに芯があり、ブレない精神があるということです。例えば、ネガティブな思考に振られたり、ポジティブでも行き過ぎると害が起きますから、そのどちらにもブレずに自らの状態を常に安定させ、冷静にチェックする揺るぎない心の芯が通っていることが必要なのです。

みかこ:
ゆうすけの「ユ」は揺らぎの思念を表しているけれど、揺らぐのは別に悪いことではなく、星だってすべて揺らいでいるんだよね。ただ、そこに芯が通っている。振幅があって、どこに位置するかということ。

いさどん:
揺らぐということは、この世界ができる時に絶対に不可欠なとても重要なものです。揺らぐからこそ、この世界の多様性ができているのですから。

みかこ:
それをカルマとして表現すると、芯がない状態になる。

まっちゃん:
ゆうすけの「ケ」の思念は、気配は感じるが目には見えないもの。曖昧な状態だということ。

いさどん:
そうですね。今は何だかよくわからない状態で反応しています。しかし逆に言うと、気配をパッと感じるということをしたら、曖昧どころか、形の奥にある目では見えないものが明快に観えるようになるということです。
気配を自分のクセのままに恐怖に感じていたら、暗闇の中では、猫がいるだけなのに、お化けがいると思い込むこともあるのです。ですから、自分がどういった性質をもって物事にあたっているかをチェックする安定した判断力を持つ必要があります。それが芯が通っているということ、柱が立っているということです。
情報を捉える時の出発点が善意に立っているのか、悪意に立っているのか、自分自身で自分の心の立ち位置をチェックするのです。

僕が日頃ゆうくんを観ていて感じていたことと、先ほどカタカムナで読み解いたことがぴったりと一致していました。感性が豊かであれば、カタカムナなどのツールがなくても人を正確に捉えることができます。これらのツールは明快に体系化されていて、理解しやすいものです。しかし気を付けなければいけないのは、学んだことに囚われて知識的に覚えるようになると、本当の判断力は身に付かないのです。
人は学ぶとついつい利口になり、わかった気になります。そうすると、もう新しいものは入ってきません。探求のためには、常に自らをからっぽにしておかないといけないのです。
カタカムナは立体ですが、それを図にして二次元で表した途端に人はもうその二次元思考に囚われています。そうではなく、立体的に捉えるのです。それは単に図形を立体的にイメージするということではなく、思考を立体的にし、私たちの三次元世界に反映させ、活かすことです。

ゆうくんは知識としては自己分析をしましたが、ではそれを自分自身にどう活かしていくのか。例えばマコモのことで言ったら、僕だったらもう来年の作付を考えます。今の対策はするし、どうしてそうなったのかも振り返りますが、すでに来年の対策を考えていきます。そしてある程度勉強するとその段階を卒業します。同じことをやり続けるのではなく、次の段階へ行くために。それをやらないと、同じようなことをやって、同じような答えを毎回もらうということを繰り返すことになるからです。

カタカムナの思念は正確にその人の性質を示しています。人はそれを聞いて「本当だ」と思いますが、それで終わってはいけません。
人には、この世界に生まれる段階でのカルマ形成や思念の成り立ちがあり、それがスタートラインとなって、人生の中で物理性を表現していきます。それをノーチェックで生きると、その性質のままに生きることになります。セミナーや宗教で学んでも、自らの性質を超えている人はほとんどいません。それは、目的が自らの性質を進化、成長させることではなく、その人の願望を叶えることにあるからです。

では、自らの自己分析をマスターしてどうするのかと言うと、自身を理解することによって、自らを有効利用するということです。ですから、カルマがなくなるわけでもなければ、個性がなくなるわけでもありません。自分は自分のままで、それを有効利用するのです。利用せずに感情を野放しにして生きれば、いろいろな意味で、大小様々な害をもたらすことになるのです。

ひとみ:
今のゆうくんの様子を見るとあまり反応がなくぽかんとしている感じで、何を思ってるのかわからない。

ゆうくん:
いや、その通りだなと思ってました。

いさどん:
今、あなたの心の中ではその通りだなと思っていたということですね。だけどひとみちゃんからはぽかんとして見えるというのは、あなたが発している空気を感じてそう言っているのですよ。つまりあなたの奥の方で揺らいでいるものを、明快に外に向けて出していないということです。それでも、あなたの姿勢からはこの道を極めていこうという意志は感じられるので尊重しますが、どことなく心もとない感じはあります。
今までのゆうくんは、時々大きな失敗をして注目を集めてきましたね。そうしたら、今の「ぽかんとしてる」というコメントは客観的にあなたの状態を伝えてもらったということなのだから、いや僕はその通りだと思ってましたと返すのではなくて、なるほど、外からはそう見えるんだと受け取って、初めて自分が変わっていくことにつなげられるのですよ。自分はそうは思わなかったけれど人からはそう見えた、ではそのギャップは何なのだろうと探求していって初めて自分を知ることになるのです。
今のあなたの姿勢は、やわらかくやり取りしているように見えるけれど、人からの視点を受け取らない姿勢です。

ゆうくん:
今はまだ捉えきれていませんが、心の奥で100%理解しきれてないんだなということがわかりました。

いさどん:
その今の言葉はどういう心の性質から出ているかというと、学習したらすべて覚えて100点を取りたい、そういう自分でありたいという心が働いています。そんなことがいきなりできるわけはないのだから、気付いたところからクセを取っていく道を歩めばいいのです。いさぎよければ、そのクセは瞬間に取れます。けれども往生際が悪いところがあって揺らいでいるのだから、それを知って、これからそういう自分が出てきたら揺らぎを少なくしようとか、揺らいでいることを理解して自分の幅にしようというように切り替えて、有効に使っていけばいいのです。
正解をやれる自分でありたいという願望の方が強いけれど、長年クセのままに生きてきていきなりそんなことができるわけがありません。そういう問題点があるんだ、と自分の心の性質をマスターした時に、それを受け取る姿勢ができたということです。自分はまだ未熟なのだということを知り、常にいただいて学んでいくことが大事なんだという姿勢になって初めて、一つずつ身に付けていく作業が始まり、それが現実化していくのです。

まり姉:
ゆうくんはやろうという気持ちはあるけれど、とりあえずそれを形で示しているようで、いったい何のためにそれをやっているのか。

いさどん:
それは評論家の言うことです。彼は自分の思ったことを表現したわけです。僕は今朝、彼のメールを見て救われましたよ。彼は新しい行動を取ったのです。自分が何を求めてその結果どうなるということが始めからわかっていたら、今のような立場にはそもそもいないでしょう。
今のまり姉のコメントは人のことを考えて言っているのではなく、自分のものの見方を発表しているだけです。それではここに何ももたらしませんよ。

昨日、「みんなで」という話をしましたね。その「みんな」の中には自分もいるわけでしょう。一人ひとり、自分が主役です。その自分が、今どういう心をしているかを観察してごらんなさい。「これはいい心をしているな、惚れ惚れするな」という心をしているでしょうか。そしてその心を、全体に対してどのように表現してみんなに貢献しているでしょうか。

自分が日頃からどういった感情を動かしているか。周りに対してどのくらいの「ほがらか度」を発しているか。「らくらく度」とか「楽しい度」「幸せ度」と言ってもいいですね。逆に、「つまらない度」とか、同じことを繰り返す「またまた度」はどうか。どんなものを自分がもたらしているのかを、一人ひとりがチェックするのです。
みんなは人には求めるのに、自分に対しては無責任で、自分の実態を把握することを避けています。そこを本当に緻密にチェックしていくと、そのうちにノーチェックで「ほがらか度」や「幸せ度」を周りにもたらすようになります。

それを思った時にやはり、あなたは何のためにこの生き方を選んだのですかと問いたいのです。就職試験とは違いますよ。試験は何もありませんが、ここは生涯を共に暮らし、共有し、調和し、あなたは私、私はあなたという世界を創る場です。そんな世にも稀な場所で、一人ひとりに問いたいのです。

時は動いています。時代は変わりました。それは目には見えないものです。けれども安倍さんの言っていることを聞いても、社会が行き詰っていることがわかります。中国の習近平国家主席とオバマ大統領が対談しましたが、いがみ合いながら手を結んでいました。あんなにおかしなことはないでしょう。

今日ゆうくんは、自分の都合で心のシェアをしました。では勉強したのは彼だけかと言ったら、僕にはそれを読み解いて伝える訓練の場を与えてくれました。そしてそれを聞いているみんなも、こういうふうにクセが出ているのをこういうふうに見過ごさずに分析するんだ、と学ぶことができました。「ユウスケ」と同じ単音の思念を持っている人はたくさんいますから、どれだけの人がそこから学べたことか。
そうしたら、彼は自分を立て直そうとしてシェアしたことによって、みんなに学びを与えているのです。いいことだらけですよ。

ことが成らないと、人は滅入って次に向かおうとするエネルギーがなかなか湧かないものです。それを突破する心の姿勢を持つにはどうしたらいいかというと、何のために人生を歩んでいるのかということを明快にすることです。

ものごとが滞るのは何のためかというと、探求の場を与えられているということです。今これが与えられたということは、これから先に同じことが与えられなくてもいいように、与えられた意味を理解するチャンスを与えられているということです。それを探求する情熱があれば、人はいつでも希望を持って未来に向かっていくことができます。そして変化・変容・変態するこの世界では、その姿勢(宇宙法則の進む方向・正の方向)を保っていけば、自ずと滞りを突破できるのです。

みんなは、なぜこの道を歩んでいるのですか?
これは、世のため人のためという話でもないのですよ。何かと言うと、生きる目的を完遂する、ということです。

これは一番大事なことです。生を受けたということは、死ぬまで生きなさいということでしょう。つまり生きることには目的があるのだから、それを完遂しなさい、最後までやり遂げなさい、ということです。
その途中にいろいろなことがあるのは、それを超えて行きなさいということ。つまり、探求しなさいということです。問題ごとに向きあって探究すれば、必ず超えられます。それが生きることであり、生きることへの答えをもらうということです。それがありさえすれば、いつどんなことに出会っても超えられるのです。

生きていると大事なことに出会います。ではその大事とはどこにあるのかというと、その人が向いている方向にあります。下を向いていれば下にあるものが大事になるし、上を向いていれば上にあるものが大事になります。毎日お酒を飲んで生きるのも、お金儲けだけを考えて生きるのも、その人が向いている方向によってそれが大事になるからです。
だから、どこを向いているのかが大切なのです。それを狭い視野で見ると、自分から湧き出すものを叶えることが幸せで、それを大事だと思ってそこだけを見てイノシシのように進んでいくことになります。視野が狭いので、世の中が変わっても気付かずにまだ同じ方向に進むのです。

しかし視野を広げたら、自分は今どこを向いているのか、世の中はどうなっているのか、時代はどこへ向かっているのかということを考えて、自分をコントロールすることができます。そうすると、あなたは、今という時代を生きる目的の、一番大事なことを選んでいくことができるのです。

 

 

 


いさどんの七夜物語 – 第二夜 「みんなで」

第二夜は、大人ミーティングの冒頭にあきちゃんが、心が通じ合わない畑隊の現状をみんなにシェアしたことから始まりました。本当に心を一つにするためには、一人ひとりに明快な意志がないと現実にはならない、というあきちゃんの投げかけに対し、みんなで話し合っているところへ、いさどんがやって来て、語り始めました。

 

9月25日 「みんなで」

いさどん:
今、みんながここで何を話し合っていたのかを聞いていたわけではありませんが、まったく理解していないわけではありません。僕は昨日久しぶりにミーティングに出て、明日も来るからねと言ったから、今日も来ました。僕は嘘はつかないから。
ただ、昨日そう言った時には希望がありましたが、生きるということをするといろいろなことに出会います。今日もいろいろなことがありました。それをただぼんやりと生きているだけでは、昨日の話に出てきたピーーーッと一直線の状態です。何も変化がなく、刺激がなければ死んでいるのと同じです。
生きていく中で刺激をもらう。その刺激を受けてさらに上へ上がっていく。または、思わぬことに出会って落ち込む。落ち込んでも、その理由がわかればそれをひっくり返してバネにすることもできます。生きるとは変化・変容・変態を繰り返すことであり、それは希望を生み出す種のようなものです。生命は進化するものです。進化せずに環境に適応できないものは、淘汰されます。進めば進むほど、いろんな環境に適応したDNAが伝承されて、優れたものが残っていくようになっています。

人間は今の時点で、地球上の生命の最高傑作です。かつ、過去の30数億年の生命の歴史からしたら、不完全なものを修理しては残り、修理しては残ってきた結果の産物ですから、現在もその途上を歩むものです。今地球上にいる生命の中では人間は最高傑作ですが、同時に他の生命も同じように選りすぐられてきたものですから、最高のものですよね。みんな、変化・変容・変態を繰り返しながら進化してきたのです。
そうすると、進化するということは、図に表すとだんだん上がっていくということですよね。ところが、人間の中には昨日も今日も明日もピーーーッと一直線のままの人がいます。中には物事に執着して、何かの出来事に出会うとそこから落ちていく人もいます。霊的には、そういった魂というのは地獄というところへいきますが、地獄にもランキングがあり、地獄から地上に復活することもあれば、再生処理ということでマグマの中に処理されていくものもいます。

僕は、夏至から秋分までの約3ヶ月間ミーティングに出ませんでした。1年の4分の3を過ぎて、第4コーナーに差し掛かりました。今年の仕上げです。

今年はどういう年だったかというと、木の花も社会も激動の年でしたね。安倍さんは相変わらず経済最優先の政策をとっています。視点のベースがそこにあるので、良いことと言ったらそれしか考えられないのでしょう。もっといろんな視点から捉えたら、その経済効果をもたらすためにこれまで努力してきたことが人間の欲を膨らませ、それを叶えることが自由であり豊かさなのだと思ってやって来たことが地球温暖化を招き競争社会を生んできたことがわかるはずです。そして、コンピューターを操作するだけでお金儲けができるような人々が蔓延する、おかしな世の中を作り出したのです。お金を持っている人ほどお金が儲かるなんて、こんなおかしなことはないでしょう。
このシステムを作ったのがアメリカです。日本はそのアメリカのポチになって、何かあったら助けてもらおうと安保法が成立しました。これは自然界からいったら非常に矛盾した法律ですが、人間の考えの中でしかものが考えられない人にはわからないのです。わからない人にわかっている人が伝えても、わかっている人が間違っていることになります。それは、まだそういったことを理解するトキが来ていないからです。
けれど、時代の扉は開きました。我々はそのことを知っています。宇宙的にもトキが来ましたが、地球の現状を見ればトキが来ていることがわかります。

こういった話を聞くとみんなはうんうんと頷きますね。でも僕は、そのトキを自分自身にもたらしたらどうですかという話をしているのに、みんなはそれを人に頼り、いい話を聞いたなぁと言って自分に何も変化をもたらさずに終わっていくのです。
昨日、僕がここに来ていい場が出来上がりましたね。ただぼんやりと一直線で進んではいけませんよ、上がっても下がってもそれはエネルギーですから、学べばどちらでも進化、変化をするために使えるのですよ、だから毎日が新鮮なのですよ、という話をしましたね。そして、今日の学びを明日につなげていきましょう、と言いました。
その学びの延長に今日があったら、今日は昨日とは違うはずですし、昨日よりも今日の方が成長していれば、それだけ希望が生まれますから、今のこの場のような重たい空気にはなりません。
ところで、昨日の話を受けて、昨日の自分と今日の自分は違っていた、という人はどのくらいいますか?今日一日それを意識して過ごし、その結果昨日までとは違う一日を送ったな、という人。
(8人が手を上げる。)
ここに、確か54人のメンバーと長期滞在者やゲストを合わせて60人強の人がいますね。そのうちの8人ということは、ええと・・・六六、五十六?

みちよ:

八七、五十六。

いさどん:
え?七七、五十六?(みんな:笑)

みちよ:
八×七です!

いさどん:
こうやってね、ちょっとしょうもない時間を作って、みちよちゃんは「この人何言ってるんだろう」という顔をしていますが、こうやってわざとはずして、話について来られていない人にも付き合いながら、みんなの足並みがそろうのを待ってるんですよ。
まあ、八七、五十六だそうですから、ここの約7人に1人が昨日の話を意識して今日を過ごしたということになります。逆に言うと、7人中6人の人は意識していなかったということです。7人に1人ということは、全体の約14%ですね。僕は計算が早いでしょう。なぜだか知っていますか?

さちよ:
頭がいいから?

いさどん:
頭がいい?(笑)それはそうですが、頭がいいというのは、そういうことを積み重ねてきた結果そうなったということです。それは僕の性分なのです。何かと言うと、欲が深いのです。
僕は欲が深いから、すぐ計算をします。なぜ欲が深いかというと、どんなことでも無駄にしたくないからです。何でももったいないから、自分のかけたエネルギーはちゃんと回収します。回収どころか、プラスαで返ってくるようにします。逆に、マイナスは起こしたくないのです。一生懸命やったことだから、大事にしたいのです。

どんなことでもそうですよ。人間関係でも、仕事でも、畑で作物を作ることでも。
だけど、計算通りにはならないですね。計算通りにはならないからこそ、どうしたらそうなるんだろうということを考えるのです。それで、いつも計算をしています。だから計算力が身に付いたのです。これは学校で学んだのではなく、性質がもたらしたものです。頭がいいと言えばいいし、欲が深いと言えば欲が深いですが、もったいないから大事にしよう、生きていることを一つひとつ大事にしよう、という心がそこにあります。

昨日ここで学んだら、その延長線上に、リニューアルした今日があるはずです。そうしなければもったいないでしょう。何でも活かさなければいけない。だからおじいちゃんでもおばあちゃんでもどんな出会いでも活かしてきたのです。
この場を見てごらんなさい。ポンコツだらけでしょう。(みんな:笑)こんなガラクタを集めていったい何をしようというのでしょう。だけど、僕には夢があるのです。ある時に気が付いたのです。これが僕の人生だ、と。

それまでの人生は、いろんなことに出会って、次はこれ、次はこれ、と、年代と共に変化してきました。人生とはそういうものです。今でもそうですよ。今まではこうだったけど、これからはこう、と、いろいろなものに出会って変わっていくのです。
以前は、自分の性分からくる性質のままの生き様でした。出会いのままに、想いのままに、流されていたということです。今でも、何かに出会うと、この場合は相手を尊重してこうしよう、今回は相手を尊重しながらこちらの意志も尊重してこう伝えよう、というように、その都度流れを観ながら進んでいます。そこで昔と違うのは、方針が変わったということです。
その方針とは、世の中に幸せをもたらすこと。自分の存在が世の中に善きものとして反映していくようになること。

僕には、安倍首相ももう少しものごとを深く考えられたらいいのに、という想いもあります。けれども「晋三」という名前を読み解くと、怖がりで、もともとものごとを深くとらえるような人ではない彼の性質が観えてきますね。そこで、今の時代のトップとしては、晋三さんが相応しいのでしょう。しかしこれからの時代のトップは、晋三さんではダメですね。
人はみんなそれぞれに自分の心で夢を描いて、自分の心の思う幸せを願い、自分の心の思う豊かさを求めて生きています。みんなそうですよ。
安倍さんは政権誕生から1000日間の区切りを迎え、安保法も成立して、一大事を成し遂げたという感じで語っていました。僕は彼の言っていたことで、ひとつだけ共鳴したことがあるのです。それは、インターネットなどで安保法を「戦争法案」などと書いている人がいるけれど、それは間違っている、ということです。
もしもこれが戦争法案であったら、世界中の国が非難するでしょう。しかし明らかにこの法案ができることによって多くの国から賛同をもらい、支持されていると安倍さんは言います。そして、私はその立場に立ってやっています、その立場に立った平和を目指しているのです、と。
そうすると、彼自身は気づいていませんが、こうも言っているわけです。違う立場の人から見るとそれは戦争法案になるんですね、と。

彼は、戦争法案などと言われるのは言われなき誹謗中傷であり、ネットを使った暴力であるというようなことをバシッと言っていました。その通りです。安倍さんは戦争をしたくてこの法を作ったわけではありません。自民党の誰一人として、そんなことを考えている人はいないでしょう。しかし浅い人から見ると、軍備を備えたら戦争に行くという話になるのです。
僕はそれを聞きながら思いました。今、多くの人が安保法に反対していますが、選挙の時には国民はアベノミクスという目の前のアメにつられ、みんなこぞって自民党と公明党に投票し、記録的な議席数を与えたわけです。そして、それをベースにして安保法が成立したのです。

安倍さんは、多くの憲法学者がこれは違憲であると言っていますが私はそうは思わない、だからこのねじれを取らなければいけない、と言っています。そのために何をすると言ったか知っていますか?

なかのん:

憲法改正。

いさどん:

違憲を違憲じゃないようにするには、憲法を変えればいいわけです。国の正義なんて、憲法次第でどうにでもなります。そういうことなのです。
だけど、僕が言いたいのは不動のものです。今「戦争法案だ」と言って反対している人たちの根拠は「戦争に行きたくない」「平和な世の中で安心して豊かに暮らしたい」ということでしょう。安倍さんも戦争をしたくないからこそ、軍備を整えて外国と手を組むことによって、敵対する国が現れたとしても攻撃されることを防げるという専守防衛の観点を少し超えて、場合によっては、攻撃を受ける危険があれば自国を守るために先制攻撃も辞さない、ということを言い始めたわけです。それは戦争がしたいからではなく、したくないから言っているのです。

けれども、この世界は一つで、地球も一つで、自分も地球なのです。空気は自分です。水も自分です。土も自分です。みんながそれを共有して暮らしているのです。この世界は自分であり、万人が自分なのです。意識が広がれば、そういうことなのです。

意識が狭いから、自分と考えの違うものを非難します。地球談話を安倍さんにも送りましたが、見ていないのでしょうか。昨日もあわちゃんが、安倍さんに送る大人サミットへの招待状の原稿を持ってやって来ました。安倍さんのもとにはたくさん陳情が届くでしょうから、昔の僕ならこんなことをしても無駄だと思ったかもしれません。だけど、何もせずにいてはいけないですね。もしかすると何万通と届く中から・・・いやひょっとしたらみんなそう考えて誰も出さなくて意外と穴場だったりしてね(笑)。どうなるかはわからないのだから。何万通も届いていても、もしかすると、秘書が片付けようとした時にふっと目に留まって、安倍さんに渡さないとも限らないでしょう。だから、決めつけちゃいけないのです。
あわちゃんは、「安倍総理大臣」とは書かずに「安倍晋三様」と書いて、一市民として参加するように誘っていました。それがいいですね。

ネット上で「戦争法案だ」と批判している人たちには、つける薬がありません。自分たちの毎日の生活は、安倍政権が進めている政策の恩恵を受けているのに、そのことを忘れて批判しています。実際に、日本の安全保障はアメリカの恩恵を受けているでしょう。その事実を無視して、自分が戦争に行きたくないからと批判をしているのです。
僕は、戦争を肯定しているのではありません。そういった構造をわかることが大事だと言っているのです。そうやって批判をしあっている土俵から離れるということです。

今日もあきちゃんが、本当にエネルギッシュにみんなに「このままではダメでしょう」と伝えていました。わからない人からしたら「うるさいなぁ」とも思うでしょう。だけどそれがこの人の役割であり、こういう人が一生懸命言っていることを大事にして、それを言わせなくても済むような場を創らなければいけません。
あきちゃんからみんなの話を聞いていたら、僕はミーティングに行きたくなくなりました。だけど昨日、みんなに「明日も来ます」と約束しました。僕が行きたくないと思ったからと言って行くのをやめたら、それは自分の心に翻弄されている状態です。僕は自己コントロールをして、天の意志で生きている人です。ここに3ヶ月間来なかったのも天の意志。昨日来たのも天の意志。明日も来ますと言ったのも天の意志。そうしたら、そこに僕の感情は介入する必要はありません。だから今日も来ました。
ただし、昨日想っていたことの延長線上の話はできません。なぜなら、昨日僕が伝えた話をほとんどの人は反映させないで今日を生きたからです。情けないですがそれが現状です。それでも、やっぱりこんな大切な学びを毎日している人たちは大切な存在です。世の中はそんなことに気付きもしないで毎日を生きている人がほとんどですから。

それで、僕も振り返りました。僕の中にある揺るぎない意志は、何がしたいのだろうか。僕という個人のカルマが何を想ってこの生き方をやり続けているのだろうか、と探ってみました。
それは「みんなで」ということです。
みんなで喜ぶ。みんなで分かち合う。そしてそこに豊かさが表れて、それをみんなで味わう。幸せとは、分かち合うところにあるものなのですよ。表現しようと思えば、いろいろな表現がありますが、そういうことです。

そこには、争いはありません。平和なんて考えなくていい。自分のことも考えなくていいのです。「みんなで」というのは、人と自分の区別がないということです。
そういう所を創ってどうするのかと言ったら、その先はわかりません。ただ、時代がそれを求めていることを感じるのです。だから、まずそういう場所を創りたい。いつもは「たい」を「ます」にしよう「(「~したい」ではなく「~します」にする)と言いますが、今僕はあえて「たい」と言います。どうやっても「創ります」と言うことは不可能です。なぜなら、それは僕一人ではできないから。「みんなで」と言った時点で、それを成就するためには、人に託さなければいけないのです。
その時に、相手が必要です。自分が大事だからその願いを叶えようとします。それには相手が必要だということで、相手と自分が一緒になるのです。
それをベースにしてものごとにあたったら、いつも人の存在を意識するでしょう。そしてそこに輪ができたら、いつも全体のことを考えるでしょう。

その時に、一人ひとりに個性があります。人間というものは、長年生まれ変わりを繰り返す中で、いいことも身に付ければ汚れ(個性のひとつ)も身に付けていくものです。ただし、本当に目覚めるということが進んだ人には、汚れはないですね。けれどもまだこれからという人には、汚れがたくさんあります。それが今の世の中で、すべての人が悟っている世の中になったら、きっと味気ないでしょうね。
そうやっていろんな人がいて、生きている意味をわかって、みんなでその目的に向かっていくことが大切です。その時に、幸せが感じられるのでしょう。ある意味、この真実が観えない混沌とした時代を生きるということは、みんなでこぞって道を踏み外す時もあるということです。今の日本も、リーダーを始め国民がこぞって真実がわかっていません。

これはすごく生意気なことを言っているように聞こえるかもしれません。けれども僕はその人たちを蔑んで言っているわけではなく、今の時代が示している本当のことが観える視点の位置にいるだけなのです。だからみんなでそれをわかろうよと伝え続けているのです。
それでもわからない人たちにとっては、これも間違いであったり攻撃の対象になったりします。だからこそ、その立場に立つものは、信念を持っていかなければいけないのです。

みんなの中にあれが問題だのこれが問題だの心が伝わらないだのといろいろな感情が湧いてきているのを眺めていると、自身と向き合っていないことから、自分の心に翻弄されているのがわかります。そこで本気で自分と向き合い、本当にその通りだということがわかったら、自分自身を変えることに最初に取り組むはずです。だけどみんなは、形ばかりの結果を出して、どこかそれを避けていますね。
それでは、大事な道を歩んだつもりでも、次の時代へバトンタッチしようとした時に、誰も待っていませんよ。大事な道というのは、次の人が「土台を創ってくれてありがとう」と言ってバトンをつないでいくものです。

僕はみんなに説教をしているわけではありません。ものの道理の話をしています。自分の中に天に通ずる柱を立て、それを常に一番にして生きていく。そうするとその柱は、自分の心のクセを個性に変えてくれます。すると、自分が自分の心を表現した時に周りの人を困らせません。ひんしゅくを買うこともありません。問題ごとも起きません。自分が生きた結果、みんなが喜ぶ世界がそこに生まれていきます。
ところが、自分が生きた結果、周りからクレームが来る、問題ごとが起きる、ということがあります。周りからクレームが来るのは、人間界のみんなの意識が近いからです。あなたのことを自分のことだと思うから伝えますよ、ということです。どう生きても周りから何もクレームが来なくなったら、それは独居老人と同じで天涯孤独でしょう。

出来事に出会うということは、天の意志(この世界の法則)です。これは困った、こんなことは嫌だと思うかもしれませんが、それは天が「宇宙はフリーエネルギーで、少ないエネルギーが有効に働いてとても効率がいいのに、おまえのやっていることは無駄だらけだ」ということを教えてくれているのです。「忙しい」という字は、心を亡くすと書きます。忙しい忙しいと言って、人は天の心(存在)を忘れているのです。
逆に、天の心を忘れていなければ暇はありません。ちゃんと必要な分量だけ、自分がパズルのピースとして活かされるようにピタッとはまる役割を与えられるのです。そして充実した毎日を送れるはずなのです。

我々は、そういった人になるための修業を毎日しています。昨日そんな話をしましたが、今日は少し違った話をしようと考えていました。それは何かと言うと、自分は何を考えて生きているのか。その不動の柱について話したい。
それが、「みんなで」ということです。みんなで喜ぶ。みんなで喜ぶということは、人と分かち合うということです。調和も豊かさも幸せも、みんなそこから生まれてきます。
だけどね、「みんなでいがみ合う」というのはどうですか。

さちよ:
いやだね。

いさどん:
そうですか?今までそれをやってきたのではないですか。いやだと言いますが、「みんなでいがみ合う」というのは、とても変な世界ですね。いがみ合うというのは、人と自分を区別して対立することでしょう。それを「みんなで」ということ自体がおかしいですよね。
みんなで豊かになろうね、みんなで力を合わせて幸せになろうね、という表現は自然です。しかし、いがみ合うのはもともと「みんなで」という意識がないということですから、その表現自体が不自然なのです。
だけど今は、飾り言葉のように不自然な表現をしていることがたくさんありますね。言葉の意味を意識せずに生きている人がたくさんいますから。

自分から湧き出てきた心をよく観てください。それはどこから湧いてきたのか。湧いてきたことを観ると、自分の心にある歪みや汚れがよく観えてきます。それをチェックすることです。
自分をチェックしていないと、自分に問題があるとは思わず、相手のせいにします。自分は悪気がないのになぜ悪意が返ってくるんだろう、なぜうまくいかないんだろう、と言っている人がいます。そして世の中が悪いんだと言い出します。
しかし、明らかにそれを受けたのは自分なのですから、そういった現象を引き起こす自分自身を観るチャンスなのです。自分をしっかり観て、歪みも汚れもないことが確認できて初めて、相手の問題点を客観的に捉えることができます。それを相手に伝えて相手が受け取らなかったとしても、こちらにはそれは返ってきません。何かと言ったら、その人は今度は別のところにベクトルを向けるのです。そしてそこでまた災いが生まれます。この世界の混乱は、そういった仕組みから生まれています。だから、どんなことでも細かくチェックしなければいけません。

昨日の話の続きですが、それぞれがそれぞれの役割を担当し、田んぼは田んぼ、畑は畑、キッチンはキッチン、子育ては子育てというように、ここは社会を形成しているでしょう。

488e4c76-0023-4419-9c75-54d3867eb5e1

それは一般社会も同じです。ただし、ここが違うのは「みんなで」を実践していくところだということです。

出来事に滞りが起きたら、みんなでそれを観て、解決します。一人の人が自分だけで生きていると、自分の心のクセのままにものごとを見てしまいます。けれどもそれをみんなで、人のことも自分のこととして観合い、お互いに観えることを伝えあって「ありがとう」と受け取る心が整えば、滞りはたちどころに消えていくのです。そのうちに滞りも起きなくなって、ものごとがスムーズに進むようになります。それが、「みんなで」の定義です。
「みんなで」というのはこの宇宙の実相であり、それが表現されたのが地球生態系であり、我々生命の構造なのです。

かずこ:

さっきいさどんが来る前に、畑隊の話をしてました。今はなかなか心が通じ合わなくて、畑の作物もうまくできなこともあったけど、やっぱりもっと、みんなで収穫を味わって、喜び合いたい。

いさどん:
種を蒔いたり、苗を入れたりする時にはいつでも希望があります。僕も百姓を始めたばかりの頃は欲がありました。けれど作物を育てるうちに、種には種の、苗には苗の都合があることがわかったのです。その種や苗の都合を聴いて、心配りをしていく。ダメな時はその原因を探って、ダメになる元を消していきます。次もダメならまたそのダメの元を消していく。そうすれば、どこかに当たりがあるのです。
その時に消すのは、「これでいいだろう」という自分の心です。つまり、我を取るということです。
今の農業は、ダメでも農薬をかけて、ダメでも肥料をやって、環境を無理やり曲げて収穫をしています。生命力を曲げて生業にしている、人の欲を満たすのが「農業」です。
けれども、百姓は違います。作物の生命力を感じ取り、それがご機嫌で育つように、お手伝いをするでもなく、サポートするでもなく、仕向けるわけでもない。何かと言ったら、調和するのです。寄り添うのです。そして向こうが実らせてくれたものを、こちらの命としていただいていくのです。

では心ができたら全てとんとん拍子に行くかというと、そうでもありません。人間の想いと自然の仕組みは深すぎますから、ダメな時もありがとうございますといただいていくのです。そしてその体験を次に活かす。そのためには、ダメだった自分ととことん向き合います。そうすると、生きることをもって学び、成長することを与えられます。そういったことをしていない人は、滞りを生み、無駄な時間を使います。
天は、我々が道理に合わないことをすると問題ごとを起こして気付きを促します。問題ごとが起きるのは、すべて天のはからい(法則)なのです。

今日は、8人の人が昨日と違った意識で過ごしたと言っていました。明日はもっと増えるでしょうか。8人ということは全体の約7分の1ですから・・・ちょうど1週間で全員が変わることになりますね!(みんな:拍手)
ここで僕はみんなに言いたい。7日で全員が切り替わるんだということがわかったら、1日で切り替えればいいのです!
カルマ読みも地球暦もカタカムナも、自分の実態を正確に伝えてくれています。実体がわかったら喜ぶべきことなのに、それがよくなかったからと言ってがっかりする人がいます。しかしそれがあなただということを受け止めるのです。それを逃げずに受け止めて、そこから一歩ずつ上がっていくべきなのに、がっかりして動かないのでは本末転倒です。
悟れば、切り替わります。「悟る」とは「差を取る」ことです。人との差を取れば、人のことが自分のことと思えます。別の意識になるのです。それは、時間をかけてやることではないのです。七日七夜と言いましたが、1日に7分の1ずつ切り替わるなんてことをしなくても、1日で全員が切り替われば7倍勉強できるのですよ。

あなたが発している波動は、どんなものをこの場所に、この世界にもたらしていますか?その結果、それはあなたの価値としてどんなふうに積み上げられていきますか?
一人ひとりが真剣にそういうテーマに向き合っていたら、人が増えれば増えるほど自ずと豊かになっていきます。
そこが出来ていないと、人が増えれば増えるほど、難しい世界になります。現代社会のように、人間が他人のことを考えずに自分のことばかり考えていたら、人が集まれば集まるほど難しい世界になるのです。

調和の心を作らなければ、コミュニティの暮らしは出来ません。それで多くのコミュニティが崩壊し、或いは、中途半端に存在し続けています。そして、やっぱり人間には難しいと曖昧に結論付けて、表面的な対策で終わっているのです。
けれども、この世界は元々、コミュニティとして創られています。しかし、アダムとイブが禁断の果実を食し、イザナギとイザナミが喧嘩した時から、人間にはコミュニティから外れる道も与えられてきました。そしてそのピークを迎えた今、人間がつながらないと生きていけない時代が来ています。木の花ファミリーの暮らしはその先がけとしてあるのです。

豊かさとは、宇宙の構造と同じです。一人ひとりの単独の動きが集まれば集まるほど、より複雑で緻密になり、それがひとつのハーモニーとなってとても豊かな世界が生まれます。それは一人では成し得ないものだからこそ、喜びが何倍にもなるのです。

人がたくさんいることで問題が起きるのではなく、人がたくさんいるからこそさらに豊かになる世界を表現したい。

みんなで喜ぶ。みんなで楽しむ。みんなで豊かさを味わう。そういう場所を創りたいのです。「みんなで」という気持ちで暮らし、それを人々に見てもらいたいのです。

なぜなら、こんなに素晴らしい世界がいっぱいに広がって欲しいから。

僕の願いは、たったそれだけです。